ストローク中に手首を使わないためにどうしたらいいか?そんなことを結構聞かれることがあります。

まずグリッププレッシャーはゆるゆるは絶対にダメです。間違いなくフェースの向きが変わってしまいます。

それとこれもよく言うことなのですが、手首の角度が必要だと思っています。手首の角度というのは2方向の角度があって、一つはアドレスしてボールを打ち出す方向の真後ろから見た時のシャフトの角度と腕の角度です。

つって構えている人はこのシャフトの角度と腕の角度が直線になってしまっている方が結構います。これは手首に力が入っていない(力が入らない)状態ですので、シャフトと腕の間に角度が欲しいです。

それともう一つの方向はアドレスした体の正面から見た時の右手とシャフトの角度です。手首は背屈した状態の方が力が入ります。要は手首がのびないようにしたいということです。

しっかり握れてヘッドの動きをコントロールできる手首の角度を意識して握るとストロークも安定してきます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. クロウグリップのメリットは?

    2018.07.26

    クロウグリップのメリットは?

    先日の全英オープンは久しぶりに面白かったですね。タイガー・ウッズが上位にいたので、いつもなら途中で寝…

    クロウグリップのメリットは?
  2. パッティング練習グッズ 「Pro Putt」

    2018.10.15

    パッティング練習グッズ 「Pro Putt」

    「Pro Putt」 という練習グッズをご存知でしょうか?これ簡単な練習グッズですが、かなり効果がす…

    パッティング練習グッズ 「Pro Putt」
  3. ボールをフェースに乗せて運ぶ その2

    2019.01.8

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その2

    理想は少しハンドファーストでアッパー軌道で当たるのが動き的には良い動きになります。そして左右…

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その2
  4. パターのすわりを考える

    2019.03.4

    パターのすわりを考える

    パターにはすわりというものがあります。このすわりによってアドレスに結構影響が出ます。すわりが良い状…

    パターのすわりを考える
  5. フェースローテーションはするものではありません 2/2

    2018.07.18

    フェースローテーションはするものではありません 2/2

    先日はフェースバランスだからローテーションが少なくなって、L字タイプだからローテーションが多くなるの…

    フェースローテーションはするものではありません 2/2
  6. 体重のかかり方、ボールからの距離の確認

    2018.11.5

    体重のかかり方、ボールからの距離の確認

    自宅にパッティングミラーがあればいいのですが、なかなかそれを持っている人は少ないと思います。…

    体重のかかり方、ボールからの距離の確認
  7. パターのシャフトを重くする効果

    2018.07.12

    パターのシャフトを重くする効果

    パター用のシャフトに色々種類があるのはご存知でしょうか?ウッドやアイアンはシャフト交換という…

    パターのシャフトを重くする効果
  8. ロフト調整で変わるインパクト音

    2019.01.31

    ロフト調整で変わるインパクト音

    パッティングストローク分析をして最適なロフトに調整する方が30%くらいの確率でいらっしゃいます。…

    ロフト調整で変わるインパクト音
  9. インパクトはアドレスの再現

    2018.12.17

    インパクトはアドレスの再現

    ショットではアドレスの位置に戻ってくるよりは若干ハンドファースト気味になるので、厳密にはインパクトが…

    インパクトはアドレスの再現

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP