ショットではアドレスの位置に戻ってくるよりは若干ハンドファースト気味になるので、厳密にはインパクトがアドレスの再現になっているとは思いません。

それは身体のあらゆる場所が動いていて、腰がキレていたりテークバックで体がクローズになったりという動きがあるのでそうなります。

一方パッティングでは下半身を動かさないイメージで動くことが必要なので、動いているのは上半身だけ。それも回転運動ではなくどちらかというと肩が上下するような動きになります。

ですのでパッティングではアドレスの再現をすることが真っ直ぐに打ち出すことにつながります。

アドレスの再現をするための条件は、ショットの時のように手首の角度を変えないことが条件になります。アドレスの時よりもハンドファーストになってしまえばフェースが右に向いてしまいますし、ヘッドファーストになってしまえばフェースは左に向いてしまいます。

手首を使うということがフェースの向きを変えてしまう一番の要因ですので、そこを動かさない意識はインパクト時のフェースの向きの再現性を上げるにはとても重要です。

  • コメント: 6

関連記事

  1. Rocker Sole Remake スペシャルバージョンが入荷!

    2018.06.4

    Rocker Sole Remake スペシャルバージョンが入荷!

    元々サイトラインが無いのが OLD ANSER らしいところなのですが、やはりサイトラインやサイトド…

    Rocker Sole Remake スペシャルバージョンが入荷!
  2. ストローク分析@AFTER GOLF(栃木/佐野)

    2019.11.28

    ストローク分析@AFTER GOLF(栃木/佐野)

    ちょっと今日は告知です。四谷にあるトータルゴルフフィットネスさんではずっと出張ストローク分析をさせ…

    ストローク分析@AFTER GOLF(栃木/佐野)
  3. カップを見ながら打ってみる

    2019.01.11

    カップを見ながら打ってみる

    距離感が合わないという話をよく聞きますが、距離感を練習で養うのはなかなか難しいです。そんな人…

    カップを見ながら打ってみる
  4. 打ち方と打点で転がる距離が変わる

    2019.08.9

    打ち方と打点で転がる距離が変わる

    先日のラウンドの時にすごく打っている感じなのになかなかカップに届かない人がいました。使って…

    打ち方と打点で転がる距離が変わる
  5. ストローク軌道が作るフェースの向き

    2019.10.17

    ストローク軌道が作るフェースの向き

    昨日のパターンとは逆でストローク軌道が先に決まってそれに合わせてフェースの向きができている人もいま…

    ストローク軌道が作るフェースの向き
  6. エースをエースとして使うために

    2020.07.29

    エースをエースとして使うために

    最近遅いグリーンでゴルフをして、「どうも届かない」という状況に陥ってしまいました。どんなに…

    エースをエースとして使うために
  7. STABILITY Shaft 実験1

    2019.06.13

    STABILITY Shaft 実験1

    先日 ANSERFREAK で紹介したパター用のシャフト「STABILITY Shaft」の色々な…

    STABILITY Shaft 実験1
  8. 一般的なピン型の重心位置

    2019.10.23

    一般的なピン型の重心位置

    PING の Anser の形状のパターを使っている人に知っておいてもらいたいことがあります。…

    一般的なピン型の重心位置
  9. デシャンボーのストロークを見て

    2020.06.22

    デシャンボーのストロークを見て

    デシャンボーが変身していてびっくりしましたね。肉体改造して人ってあんなにも変われるんだと思いました…

    デシャンボーのストロークを見て

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP