ショルダーストロークがパッティングストロークでは大事な動きであることはずっと言ってきました。それはどんなアドレスでも、どんな軌道でも肩を中心に腕を動かし、結果ヘッドが動くことが重要です。

そこに手首の動きや肘の動きが入ってしまうと、その動きを距離の違うストロークで再現することが難しくなります。

ヘッドの加速の仕方は人それぞれですので、ヘッドの加速がないストロークでも、しっかりインパクトがあるストロークでもショルダーストロークをすることは可能です。

ハンドファーストが無いアドレスであれば、アドレスをしたときに「Y」の形がアドレスで出来上がり、その「Y」がストローク中にずっと同じ形がきーうで来ていればそれはショルダーストロークができていることになります。

Y字を崩さないイメージでストロークしてみてください。それができればほぼショルダーストロークができていることにかなり近づいています。

  • コメント: 6

関連記事

  1. 下半身を動かさない

    2019.08.23

    下半身を動かさない

    ストローク軌道を再現性高くする際に意識したいのが下半身を動かさない意識です。簡単そうに思い…

    下半身を動かさない
  2. アドレスの手の位置とパターのすわり

    2018.10.9

    アドレスの手の位置とパターのすわり

    パッティングにおけるヘッドを置く位置と、手の位置の関係は本当に人それぞれになります。例えばハ…

    アドレスの手の位置とパターのすわり
  3. いざという時に信じられるストローク

    2020.03.17

    いざという時に信じられるストローク

    普段と違うグリーンの状態でやった時に、先日のラウンドのようにすっかり入らなくなっていてはスコアに…

    いざという時に信じられるストローク
  4. STABILITY Shaft 実験2

    2019.06.14

    STABILITY Shaft 実験2

    今エースで使用している HILLCREST TRUECoG CUPRUM は良い感じで使えているの…

    STABILITY Shaft 実験2
  5. パターの長さと身長

    2019.04.11

    パターの長さと身長

    パターの長さを身長で決めている方が多いです。身長が180cmだから35インチとか、身長が1…

    パターの長さと身長
  6. 重いパターヘッドのメリット

    2019.06.4

    重いパターヘッドのメリット

    最近のパターは350gオーバーの物がほとんどで、340gというとずいぶん軽く感じる重さになりました…

    重いパターヘッドのメリット
  7. Scotty Cameron T22 NEWPORT 2 CIRCLE-T

    2019.12.4

    Scotty Cameron T22 NEWPORT 2 CIRCLE…

    今日はちょっとお客さんに見せてもらった Scotty Cameron のツアーパターをお見せします…

    Scotty Cameron T22 NEWPORT 2 CIRCLE-T
  8. STABILITY Shaft 実験3

    2019.06.20

    STABILITY Shaft 実験3

    先日作った TRUECoG CUPRUM が少しヘッドがききすぎてしまった印象があったので、ヘッド…

    STABILITY Shaft 実験3
  9. 自分のスタイルを変えたくない

    2020.05.20

    自分のスタイルを変えたくない

    パッティングに関する相談を受けたときに、ほとんどの方は今の打ち方を変えても良いと言っていらっしゃい…

    自分のスタイルを変えたくない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP