先日のホームコースでのラウンドはパット数が15-13の28パット。

こんなに良いパット数はなかなかないのですが、自分はどんな感じでスタート前の練習をしていたかちょっと思い出してみました。

ショットの練習を終えてパッティンググリーンに持ってきたボールは1個だけ。よく3つくらい持ってきて打っている人が多いですが、自分はいつの頃からか1球だけで練習しています。

同じところから前のボールの転がりを見てそれを参考にしたら次はかなりの確率で上手くいきます。ですので、一発目から集中するために1球だけでやり直しがきかない状況を作っています。

入念にやるのは少し曲がりそうなラインのショートパット。自分の見た目と実際の曲がりがどのくらい差があるのか?打った後に読めなかったラインを色々な方向から見てみます。

そうすると「なるほど、こういうラインはこんな曲がり方をするんだ…」というのがわかってきます。で、最後は少し長めのパットを何発か打って、ある程度近くに距離感良く打てたら練習終了です。

この日はなんとなく入れたいパットが入れられる気がした一日でした。やはり30パットを切るとスコアも良くなります。あとは使い慣れた転がりの良い HILLCREST CUPRUM のおかげですね。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パッティングストローク分析をしていて感じること

    2018.05.27

    パッティングストローク分析をしていて感じること

    これまでたくさんのアマチュアゴルファー、プロゴルファーのパッティングストローク分析をしてきました。…

    パッティングストローク分析をしていて感じること
  2. フェースローテーションはするものではありません 2/2

    2018.07.18

    フェースローテーションはするものではありません 2/2

    先日はフェースバランスだからローテーションが少なくなって、L字タイプだからローテーションが多くなるの…

    フェースローテーションはするものではありません 2/2
  3. 良いストロークをしようと思いすぎると…

    2018.11.2

    良いストロークをしようと思いすぎると…

    パッティングで自分の思う理想のストロークをしようと思うと、いくつも気をつけなくてはならない場合があり…

    良いストロークをしようと思いすぎると…
  4. 腹圧を上げてパッティングする

    2018.06.27

    腹圧を上げてパッティングする

    「腹圧を上げる」って言われてもパッティングに関係があるのか?と思う方が多いかもしれません。し…

    腹圧を上げてパッティングする
  5. ほんの少しのオープン/クローズで

    2018.09.26

    ほんの少しのオープン/クローズで

    パッティングストローク分析をしていてアウトサイドインになっている人は結構いらっしゃいます。それとは逆…

    ほんの少しのオープン/クローズで
  6. 太いグリップが合う人

    2018.08.30

    太いグリップが合う人

    パター用のグリップは本当にたくさんの種類があります。色々な素材、色々な色、そして色々な形状.…

    太いグリップが合う人
  7. どっちに曲がるかわからない

    2018.11.15

    どっちに曲がるかわからない

    パッティングのラインを読むときに見る方向でラインが変わることって結構ありますよね。私の場合グ…

    どっちに曲がるかわからない
  8. ボールが左目の下にあることが絶対か?

    2018.07.11

    ボールが左目の下にあることが絶対か?

    よく左目の下にボールを置くと良いと言われていますが、これに関しては特に根拠はありません。真っ…

    ボールが左目の下にあることが絶対か?
  9. 期待しすぎないパッティング

    2018.11.20

    期待しすぎないパッティング

    私自身も含めてパッティングの結果を期待し過ぎている方が多いと思います。期待が大きければ大きい…

    期待しすぎないパッティング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP