パット数といってもいろいろな数え方があります。

グリーン上で打ったパット数だけを数える方法と、カラーなどから打った数も含めてカウントする場合があります。

そうして出たパット数をどう評価するかが問題なのですが、色々な評価方法があります。例えば13パットといういい数字でもどんな内容だったかで、評価は変わります。同じ1パットでも色々なパターンがあります。

カラーから打って次を入れて1パット、アプローチを寄せて1パット、バーディをとった1パット、なんとかダブルボギーを回避してなんとかボギーにおさえた1パット等々…。

嬉しい順で言うと
1パットのバーディ
アプローチを寄せて1パット
なんとかダブルボギーにならずボギーにした1パット
カラーから寄せて1パット

の順でしょうか。もちろんその日の流れでしのいでしのいでスコアを作っていれば、厳しいパットを沈めた1パットが一番嬉しく感じることも多々あります。

というわけで、パット数を単なる数としてとらえず、その内容まで考慮するとその日のパットがどうだったのかがよく見えてきます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 下半身を動かさない意識

    2018.10.17

    下半身を動かさない意識

    パッティングストロークをするときに、下半身を絶対に動かさない意識で打とうと思うと、自然にショルダース…

    下半身を動かさない意識
  2. Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

    2018.06.14

    Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

    この話も直接 Scotty Cameron 氏からお聞きした話です。Tiger Woods …

    Tiger Woods のパターがサイトドットの理由
  3. グリップを変えるときの注意

    2018.10.30

    グリップを変えるときの注意

    パターのグリップは本当に慎重に変えた方が良いパーツです。重さ、太さ、素材、形状など色々な要素…

    グリップを変えるときの注意
  4. なぜショルダーストロークか?

    2018.12.14

    なぜショルダーストロークか?

    ショルダーストロークがパッティングストロークでは大事な動きであることはずっと言ってきました。それはど…

    なぜショルダーストロークか?
  5. 身体を動かさないとできないショルダーストローク

    2018.10.23

    身体を動かさないとできないショルダーストローク

    ショルダーストロークのイメージを伝えるのは結構大変なので、いつもは練習グッズを使って体感してもらって…

    身体を動かさないとできないショルダーストローク
  6. パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    2019.01.28

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    ここ何回かのストローク分析で、表題の通りパターがすわる位置に合わせて手首の角度や手首の形を決めてしま…

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ
  7. ロフトチェックは大事

    2019.01.29

    ロフトチェックは大事

    パッティングストロークの分析前に必ずお持ちいただいたパターのスペックを計測するのですが、カタログ値…

    ロフトチェックは大事
  8. 自分がやろうとしていることとやっていること

    2018.08.9

    自分がやろうとしていることとやっていること

    私のフィッティングやストローク分析ではよく言っているのですが、データを見てもらうことの意味は「自分が…

    自分がやろうとしていることとやっていること
  9. ウェイトの交換で重心は動くのか?

    2019.02.5

    ウェイトの交換で重心は動くのか?

    Scotty Cameron のパターに使えるウェイトを以前購入してあったのでちょっと面白い実験を…

    ウェイトの交換で重心は動くのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP