先日久しぶりに高麗グリーンでプレーしてきました。

高麗グリーンはベントグリーンと違いパッティングで色々なことを意識しなければなりません。それについて少しお話しします。

まず冬の高麗グリーンはめっぽう速いということ。上りはそれほどではありませんが、下りのラインはすごく速くなります。また前に行く力が無くなってからの曲がり方が強烈です。

上りで止まりかけると急ブレーキがかかります。パターだけではなくアプローチも色々普段と違うことがありますよね。

高麗グリーンのパッティングは、上りは強くに強く、下りは慎重に距離感を合わせて2パットでいけるようにするのが良さそうです。

また、曲がるショートパットは上りなら薄めに強く、下りも加速がついてあまり曲がらないので、少しオーバー目に打つなら薄めに、ジャストタッチで打つなら少し厚めに読むのが良いと思います。

  • コメント: 1

関連記事

  1. ボールの赤道より上はダメ

    2019.10.4

    ボールの赤道より上はダメ

    だれかが「ボールの赤道より上をリーディングエッジで打つ」なんて言う表現をするから、本当にそう打って…

    ボールの赤道より上はダメ
  2. どうして体が浮くのか?

    2019.12.10

    どうして体が浮くのか?

    昨日お話しした体が浮く問題についてもう少し考えてみました。どうして体が浮くんですかね?精神…

    どうして体が浮くのか?
  3. ほとんどの人が動いている右膝

    2018.11.28

    ほとんどの人が動いている右膝

    パッティングストロークの分析をしていると、ほとんどの方が下半身(膝)が動いてしまっています。…

    ほとんどの人が動いている右膝
  4. 課題を持って練習するときの注意

    2020.03.25

    課題を持って練習するときの注意

    ANSERFREAK と内容が似てしまいますが、家で練習をするときに気をつけてもらいたいことを書…

    課題を持って練習するときの注意
  5. STABILITY Shaft 実験5

    2019.06.26

    STABILITY Shaft 実験5

    STABILITY Shaft 装着のパターと、通常のシャフトを装着したパターの比較を SAM P…

    STABILITY Shaft 実験5
  6. ラウンド中に打ち方を変える

    2019.01.9

    ラウンド中に打ち方を変える

    パッティングが調子悪くて普段やらないことを急にやるのは難しいです。ですが普段から練習していてその打ち…

    ラウンド中に打ち方を変える
  7. 「無意識のパッティング」 その1

    2020.04.13

    「無意識のパッティング」 その1

    緊急事態宣言にともない、営業を自粛しているので時間がたくさんできました。その間に読んでみたい本や…

    「無意識のパッティング」 その1
  8. 一般的なANSER型の重心位置

    2019.02.7

    一般的なANSER型の重心位置

    少し前の Scotty Cameron NEWPORT ですがシャフトを外して重心位置を調べてみま…

    一般的なANSER型の重心位置
  9. ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

    2018.07.27

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

    ショルダーストロークを正しく理解できている人がどれだけいるでしょうか?もちろん自分もつい最近まで理解…

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP