今日はフェースの下で当てる練習の仕方を紹介します。

用意するものは割りばしと両面テープだけ。割りばしを5cm位の長さにカットして、両面テープを貼ります。

そしてフェース面の真ん中にボールが当たった時の状態の上側のぎりぎりのところにこれを貼り付けます。ぎりぎりのところよりも少し上に貼れば難易度は下がります。

使ってみた感じはこんな感じです。

簡単に転がりの良い球を打つ練習ができる方法です。是非やってみてください。

  • コメント: 6

関連記事

  1. パターのシャフトはまだまだ研究不足

    2019.01.23

    パターのシャフトはまだまだ研究不足

    最近色々なメーカーがパターに採用しているシャフトを見ると、かなり研究されているなという印象を持つもの…

    パターのシャフトはまだまだ研究不足
  2. バーディパットが入る人、入らない人

    2018.12.5

    バーディパットが入る人、入らない人

    色々な人とラウンドしていて感じる事なのですが、バーディチャンスをモノにできる人と、そうではない人に差…

    バーディパットが入る人、入らない人
  3. PING型はカッコイイんだけど…

    2018.11.21

    PING型はカッコイイんだけど…

    パッティングストロークの分析にいらっしゃる方で結構多い話が、PING型はカッコイイんだけど...って…

    PING型はカッコイイんだけど…
  4. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3

    2019.05.17

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3

    今日も実験結果の検証をしてみました。 今回は上から見たときのストローク軌道を見てみました。…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3
  5. 風が強い日のパッティング

    2019.03.25

    風が強い日のパッティング

    先日のラウンドはかなり強い風が吹いていました。ショットで言うとアゲインストの時は2番手でも…

    風が強い日のパッティング
  6. 打感とボールの硬さ/柔らかさ

    2019.03.15

    打感とボールの硬さ/柔らかさ

    パッティングで打感という話が結構出てきます。少し前までは柔らかい打感が良くて硬い打感はダメ…

    打感とボールの硬さ/柔らかさ
  7. 下半身を動かさない意識

    2018.10.17

    下半身を動かさない意識

    パッティングストロークをするときに、下半身を絶対に動かさない意識で打とうと思うと、自然にショルダース…

    下半身を動かさない意識
  8. パッティングで大事なのは打ち出し方向

    2018.06.5

    パッティングで大事なのは打ち出し方向

    パッティングストローク分析をしていて重要なのは綺麗に打つことではなく、打ちたい方向に真っ直ぐに打ち出…

    パッティングで大事なのは打ち出し方向
  9. ボールのラインを合わせることのメリット

    2018.08.24

    ボールのラインを合わせることのメリット

    ボールのプリントに直線部分があったりすると、そこをターゲットに向けてボールを置いたり、自分で太いライ…

    ボールのラインを合わせることのメリット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP