パッティングストロークの分析をしていて出てくるデータに打ち出し方向(角度)があります。

以前もお話ししたようにボールの打ち出し方向はストローク軌道と、フェースの向きで決まります。細かく言うと当たった時のスピードも関係あります。

ストローク分析は3mの距離を打っていただくのですが、出てくるデータとしてすべてが右カップから入る人がいたりします。

1球も逆に飛び出す球は無く、以前から言っている重要なパラメータの 「CONSISTENCY(再現性)」は90%以上だったりすることがあります。例えばそういう場合のイージーな考え方としてこんなやり方もあります。

真っ直ぐ狙って右カップ内側に飛んでいくので、3mの真っ直ぐのパットは左カップ内側を狙うと真ん中から入るということになります。

もっと言うとスライスランは厚めに読んで、フックラインは浅めに読むと入りやすくなるということが言えます。

真っ直ぐ狙って真っ直ぐに打てるのが気持ちが良いですが、こんな考え方ができれば意外と簡単にカップインの確率を増やすことができます。

気をつけなければならないのは、距離が変わったらその外す度合いも変わることは覚えておくと良いです。

  • コメント: 2

関連記事

  1. 不安定な動きには原因がある

    2019.03.7

    不安定な動きには原因がある

    パッティングストロークにおいて不安定になっている要素にはそれぞれ原因があります。例えばイン…

    不安定な動きには原因がある
  2. 一般的なANSER型の重心位置

    2019.02.7

    一般的なANSER型の重心位置

    少し前の Scotty Cameron NEWPORT ですがシャフトを外して重心位置を調べてみま…

    一般的なANSER型の重心位置
  3. Other Brand Putters

    2018.05.3

    Other Brand Putters

    ここではその他のブランドのカスタマイズしたパターの作品集を紹介します。カスタマイズオーダー時の参考に…

    Other Brand Putters
  4. 柔らかいグリップに注意すべき人

    2019.05.23

    柔らかいグリップに注意すべき人

    最近では ODYSSEY が純正グリップに Super Stroke を採用したり、Scotty …

    柔らかいグリップに注意すべき人
  5. 過去のストロークを引きずったストローク

    2018.12.20

    過去のストロークを引きずったストローク

    ショットでも同じなのですが、直前のミスの記憶が次のショットやパットに影響を与えることがあります。…

    過去のストロークを引きずったストローク
  6. 届かないは入らないをどうするか?

    2019.04.12

    届かないは入らないをどうするか?

    私も経験がありますが、自分では一生懸命届かせようと思って打っているのに、カップまで届かずアマサイド…

    届かないは入らないをどうするか?
  7. パターのシャフトを重くする効果

    2018.07.12

    パターのシャフトを重くする効果

    パター用のシャフトに色々種類があるのはご存知でしょうか?ウッドやアイアンはシャフト交換という…

    パターのシャフトを重くする効果
  8. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 2 「長さとシャフト」

    2018.09.7

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 2 「長さ…

    少し前までは自分のパターの長さは33インチと決めていたのですが、最近のパターは33.75インチにして…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 2 「長さとシャフト」
  9. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果4

    2019.05.21

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果4

    一日空いてしまいましたが、今日も実験の考察です。今回はフェースローテーションに注目してみま…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP