パッティングストロークの分析をしていて出てくるデータに打ち出し方向(角度)があります。

以前もお話ししたようにボールの打ち出し方向はストローク軌道と、フェースの向きで決まります。細かく言うと当たった時のスピードも関係あります。

ストローク分析は3mの距離を打っていただくのですが、出てくるデータとしてすべてが右カップから入る人がいたりします。

1球も逆に飛び出す球は無く、以前から言っている重要なパラメータの 「CONSISTENCY(再現性)」は90%以上だったりすることがあります。例えばそういう場合のイージーな考え方としてこんなやり方もあります。

真っ直ぐ狙って右カップ内側に飛んでいくので、3mの真っ直ぐのパットは左カップ内側を狙うと真ん中から入るということになります。

もっと言うとスライスランは厚めに読んで、フックラインは浅めに読むと入りやすくなるということが言えます。

真っ直ぐ狙って真っ直ぐに打てるのが気持ちが良いですが、こんな考え方ができれば意外と簡単にカップインの確率を増やすことができます。

気をつけなければならないのは、距離が変わったらその外す度合いも変わることは覚えておくと良いです。

  • コメント: 2

関連記事

  1. アドレス時のフェース向き

    2018.11.12

    アドレス時のフェース向き

    パッティングストローク分析をしていただくと、一番最初に出てくるのがアドレス時のフェースの向きです。…

    アドレス時のフェース向き
  2. STRAIGHT TRAX で練習

    2019.01.24

    STRAIGHT TRAX で練習

    先日購入してみたレッドベターの練習グッズの「STRAIGHT TRAX」で練習してみました。…

    STRAIGHT TRAX で練習
  3. コースで打つ方が打感が良い

    2019.06.25

    コースで打つ方が打感が良い

    自宅のパッティングマットで打っている時と、グリーン上で打っている時の感覚が違うということが結構あり…

    コースで打つ方が打感が良い
  4. パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    2018.09.14

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    今日は パッティングストローク分析を受けてくれた方のデータを紹介します(数年前のデータですが...)…

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency
  5. アッパー軌道の間違った認識

    2019.04.15

    アッパー軌道の間違った認識

    パッティングストローク分析に来ていただいた方に質問することがあります。それは自分が考える理…

    アッパー軌道の間違った認識
  6. 「決めたら打つ」って良い言葉

    2019.08.7

    「決めたら打つ」って良い言葉

    全英女子オープンを制した渋野プロのインタビューで印象的な言葉がこの「決めたら打つ」です。良…

    「決めたら打つ」って良い言葉
  7. 転がりの良いボールを打つには

    2019.04.10

    転がりの良いボールを打つには

    ボールの転がりの評価は、クラブの縦の軌道と当たるときのインパクトロフトです。その組み合わせ…

    転がりの良いボールを打つには
  8. ヘッド軌道で好きなラインは決まる

    2019.07.24

    ヘッド軌道で好きなラインは決まる

    色々な人のストローク軌道を見ていると、好きな曲がる方向がわかります。全体のストローク軌道で…

    ヘッド軌道で好きなラインは決まる
  9. オープン/クローズになってみる

    2019.02.27

    オープン/クローズになってみる

    テークバックの方向がうまくイメージできない人がたまにいらっしゃいます。そんな時に試していた…

    オープン/クローズになってみる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP