最近ボールの転がりをよくするとかで、「赤道より上をフェースの下(リーディングエッジ)で打つ」なんて言うことが言われることがあります。

ですがこれはイメージの話だと思っています。

赤道のより上を打てるのはよほどのダウンブローでない限り、フェース面では打てません。また転がりをよくするためにダウンブローはあり得ない動きですので、アッパー軌道で赤道の上をリーディングエッジで打つことは本当に難しいことです。

球面に対してアッパーに動くわけですから赤道より上に当たる確率はかなり低いです。これができると思っている人のほとんどはきっとダウンブローに当たっているかもしくは赤道より上には当たっていないんだと思います。

それとそれをやろうとしたときに間違った動きになる代表例としては、アドレスでパターヘッドを浮かしてしまうことです。

浮かせば確かに赤道より上に当てやすくなりますが、赤道より上に当てる目的は達成できてもストロークの安定にはつながりません。

というわけで、私がストローク分析をしに来ていただいた方に言うのは、「ボールの赤道より上をリーディングエッジで打つような感覚で」と言っています。

私が思っている正しい表現は、「ボールの赤道をアッパー軌道でフェース面の真ん中より下目で打つ」です。

  • コメント: 5

関連記事

  1. 過去のストロークを引きずったストローク

    2018.12.20

    過去のストロークを引きずったストローク

    ショットでも同じなのですが、直前のミスの記憶が次のショットやパットに影響を与えることがあります。…

    過去のストロークを引きずったストローク
  2. 速いグリーンでショートする

    2019.06.18

    速いグリーンでショートする

    普段やらないスピードのグリーンでプレーすると、距離感が崩されますよね。最初のパッティングの…

    速いグリーンでショートする
  3. パット数を数えていますか?

    2018.12.7

    パット数を数えていますか?

    パット数といってもいろいろな数え方があります。グリーン上で打ったパット数だけを数える方法と、…

    パット数を数えていますか?
  4. 外れてガッカリしないために

    2020.01.20

    外れてガッカリしないために

    先日の話の続きみたいになってしまいますが、今日はカップインしなくてもがっかりしないための方法を書…

    外れてガッカリしないために
  5. 重いヘッドの方が安定しやすい

    2019.04.18

    重いヘッドの方が安定しやすい

    ここ10年くらいでパターのヘッド重量は20g以上重くなっています。320g程度のヘッド重量…

    重いヘッドの方が安定しやすい
  6. ラウンド中に打ち方を変える

    2019.01.9

    ラウンド中に打ち方を変える

    パッティングが調子悪くて普段やらないことを急にやるのは難しいです。ですが普段から練習していてその打ち…

    ラウンド中に打ち方を変える
  7. フォローでの左肘

    2019.03.18

    フォローでの左肘

    フォローで左の肘を抜いてしまう人が結構います。肘を抜くというのは、肘が体から離れていってし…

    フォローでの左肘
  8. 距離感が合わない原因

    2018.11.9

    距離感が合わない原因

    パッティングストロークには大きく分けて2種類のタイプがあると思っています。一つはストローク中…

    距離感が合わない原因
  9. パターの形状とローテーション

    2019.11.29

    パターの形状とローテーション

    パターの形状とローテーションの度合いを絡めて話されることが多いですが、これは正しいショルダーストロ…

    パターの形状とローテーション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP