最近ボールの転がりをよくするとかで、「赤道より上をフェースの下(リーディングエッジ)で打つ」なんて言うことが言われることがあります。

ですがこれはイメージの話だと思っています。

赤道のより上を打てるのはよほどのダウンブローでない限り、フェース面では打てません。また転がりをよくするためにダウンブローはあり得ない動きですので、アッパー軌道で赤道の上をリーディングエッジで打つことは本当に難しいことです。

球面に対してアッパーに動くわけですから赤道より上に当たる確率はかなり低いです。これができると思っている人のほとんどはきっとダウンブローに当たっているかもしくは赤道より上には当たっていないんだと思います。

それとそれをやろうとしたときに間違った動きになる代表例としては、アドレスでパターヘッドを浮かしてしまうことです。

浮かせば確かに赤道より上に当てやすくなりますが、赤道より上に当てる目的は達成できてもストロークの安定にはつながりません。

というわけで、私がストローク分析をしに来ていただいた方に言うのは、「ボールの赤道より上をリーディングエッジで打つような感覚で」と言っています。

私が思っている正しい表現は、「ボールの赤道をアッパー軌道でフェース面の真ん中より下目で打つ」です。

  • コメント: 5

関連記事

  1. なぜショルダーストロークか?

    2018.12.14

    なぜショルダーストロークか?

    ショルダーストロークがパッティングストロークでは大事な動きであることはずっと言ってきました。それはど…

    なぜショルダーストロークか?
  2. ストロークを安定させるには

    2019.03.29

    ストロークを安定させるには

    パッティングストロークの分析をしていると、ストロークの安定感に問題がある人が結構います。安…

    ストロークを安定させるには
  3. ライ角/ロフト角調整時の注意 その2

    2020.03.10

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その2

    昨日に続きライ角/ロフト角調整時の注意点についてお話しします。今日も実際によくある話から…

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その2
  4. スタート前のパッティング練習

    2019.03.26

    スタート前のパッティング練習

    練習グリーンでの朝の練習はそのコースのグリーンのスピードの感覚を得るための大事な時間です。…

    スタート前のパッティング練習
  5. セットアップ時のライ角

    2019.03.6

    セットアップ時のライ角

    何度か話題にしたことがありますが、アドレス時にライ角が適正かどうかは、フェースの向きを合わせる動き…

    セットアップ時のライ角
  6. シャフトを重くすると… その2

    2018.11.1

    シャフトを重くすると… その2

    重いシャフトは軽いシャフトよりも硬くなる場合がほとんどです。硬くなるとヘッドの硬さの感じ方も変わって…

    シャフトを重くすると… その2
  7. パターのシャフトはまだまだ研究不足

    2019.01.23

    パターのシャフトはまだまだ研究不足

    最近色々なメーカーがパターに採用しているシャフトを見ると、かなり研究されているなという印象を持つもの…

    パターのシャフトはまだまだ研究不足
  8. 重いヘッドが本当にいいのか?

    2019.07.4

    重いヘッドが本当にいいのか?

    最近はヘッド重量が360gオーバーというパターが増えてきました。最初はマレットタイプだけだ…

    重いヘッドが本当にいいのか?
  9. 見事なストレート軌道、でもこれは…

    2019.11.18

    見事なストレート軌道、でもこれは…

    先日パッティングストローク分析に来られた方の軌道をチェックしたら、見事なストレート軌道。た…

    見事なストレート軌道、でもこれは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP