最近ボールの転がりをよくするとかで、「赤道より上をフェースの下(リーディングエッジ)で打つ」なんて言うことが言われることがあります。

ですがこれはイメージの話だと思っています。

赤道のより上を打てるのはよほどのダウンブローでない限り、フェース面では打てません。また転がりをよくするためにダウンブローはあり得ない動きですので、アッパー軌道で赤道の上をリーディングエッジで打つことは本当に難しいことです。

球面に対してアッパーに動くわけですから赤道より上に当たる確率はかなり低いです。これができると思っている人のほとんどはきっとダウンブローに当たっているかもしくは赤道より上には当たっていないんだと思います。

それとそれをやろうとしたときに間違った動きになる代表例としては、アドレスでパターヘッドを浮かしてしまうことです。

浮かせば確かに赤道より上に当てやすくなりますが、赤道より上に当てる目的は達成できてもストロークの安定にはつながりません。

というわけで、私がストローク分析をしに来ていただいた方に言うのは、「ボールの赤道より上をリーディングエッジで打つような感覚で」と言っています。

私が思っている正しい表現は、「ボールの赤道をアッパー軌道でフェース面の真ん中より下目で打つ」です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Too much(やりすぎ) はダメ

    2018.10.4

    Too much(やりすぎ) はダメ

    Too much(やりすぎ) はゴルフには禁物です。ゴルフでのやりすぎにはいろいろなものがあ…

    Too much(やりすぎ) はダメ
  2. 距離感が合わない原因

    2018.11.9

    距離感が合わない原因

    パッティングストロークには大きく分けて2種類のタイプがあると思っています。一つはストローク中…

    距離感が合わない原因
  3. 高麗グリーンで気をつけること

    2018.12.10

    高麗グリーンで気をつけること

    先日久しぶりに高麗グリーンでプレーしてきました。高麗グリーンはベントグリーンと違いパッティン…

    高麗グリーンで気をつけること
  4. パンチは本当にダメなのか?

    2018.11.7

    パンチは本当にダメなのか?

    結構「パンチが入っちゃうんだよね」という人がいらっしゃいます。パンチが入ってダメなのは、ある…

    パンチは本当にダメなのか?
  5. フェースの下で当てる練習

    2018.12.3

    フェースの下で当てる練習

    今日はフェースの下で当てる練習の仕方を紹介します。用意するものは割りばしと両面テープ…

    フェースの下で当てる練習
  6. アドレスの手の位置とパターのすわり

    2018.10.9

    アドレスの手の位置とパターのすわり

    パッティングにおけるヘッドを置く位置と、手の位置の関係は本当に人それぞれになります。例えばハ…

    アドレスの手の位置とパターのすわり
  7. マレット型は本当に易しいのか?

    2018.12.12

    マレット型は本当に易しいのか?

    パターがあまり得意ではないという理由でマレット型のパターを選んでいる方が結構いらっしゃいます。…

    マレット型は本当に易しいのか?
  8. アドレス時の前後の体重のかけ方

    2018.08.15

    アドレス時の前後の体重のかけ方

    アドレスしている時の重心がどこにあるか意識したことはありますか?これはつま先よりになり過ぎてもだめで…

    アドレス時の前後の体重のかけ方
  9. 近くのスパットか?打っていく方向か?

    2018.08.29

    近くのスパットか?打っていく方向か?

    人によってターゲット方向のイメージの仕方は異なります。表題のように近くのスパットに対してフェ…

    近くのスパットか?打っていく方向か?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP