パッティングストロークの分析をしていると、ほとんどの方が下半身(膝)が動いてしまっています。

ショットでもそうですが、膝が動くと連動して腰も前に出て、最後には肩も前に出てきます。

そうなるとカット軌道になるのでフェースを開いて当てなければ真っ直ぐに飛ばせなくなります。実際には真っ直ぐに打ち出すことができても、転がりの悪い球になってしまっています。

カット軌道の転がりの悪い球はスライスラインは曲がりが大きく、フックラインはそれほど曲がらない感じになることを頭に入れておかなければなりません。

そこで右膝を止める意識をすることで腰や肩も前に出てこなくなります。右膝を動かさない(前に出さない)意識はストロークの安定のためにもかなり重要です。

誰かに膝が動かないように押さえてもらってストロークしてみると以下に腹筋や背筋を使って打たなければならないかがよくわかると思います。お勧めの練習方法です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ボールにラインを入れる

    2018.09.18

    ボールにラインを入れる

    ボールにラインを入れている方は結構います。そういう方のほとんどはパッティングやティショットでの方向を…

    ボールにラインを入れる
  2. ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

    2018.07.27

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

    ショルダーストロークを正しく理解できている人がどれだけいるでしょうか?もちろん自分もつい最近まで理解…

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1
  3. パターのシャフトを重くする効果

    2018.07.12

    パターのシャフトを重くする効果

    パター用のシャフトに色々種類があるのはご存知でしょうか?ウッドやアイアンはシャフト交換という…

    パターのシャフトを重くする効果
  4. 面白い練習グッズ “EYELINE GOLF Sweet Spot 360”

    2018.09.5

    面白い練習グッズ “EYELINE GOLF Sweet …

    今日は面白い練習グッズの紹介です。パターの芯になかなかあたらない人に最適の練習グッズです。…

    面白い練習グッズ “EYELINE GOLF Sweet Spot 360”
  5. 一般的なANSER型の重心位置

    2019.02.7

    一般的なANSER型の重心位置

    少し前の Scotty Cameron NEWPORT ですがシャフトを外して重心位置を調べてみま…

    一般的なANSER型の重心位置
  6. 左目の下にボール

    2018.12.21

    左目の下にボール

    パッティングストロークの分析にいらしてくださった方からどんなことを気をつけてストロークしていますか?…

    左目の下にボール
  7. 良いストロークをするには?

    2018.10.3

    良いストロークをするには?

    良いストロークをするためには色々重要なことがあります。もちろん良いストロークをすることも必要なのです…

    良いストロークをするには?
  8. 障害物を置いて練習

    2019.01.25

    障害物を置いて練習

    自分がどんな軌道でストロークをしているのか?パッティングストローク分析をするとそれが手に取る…

    障害物を置いて練習
  9. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2018.08.1

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よくそんな事を言う人がいますが、この表現は危険です。正しくストロークすると真っ直ぐには引けま…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP