自宅にパッティングミラーがあればいいのですが、なかなかそれを持っている人は少ないと思います。

今日はそんな人のために自宅でできる簡単なボールからの距離のチェックの方法、それに加えて体重のかかり方のチェックをする方法を書きます。

まずは壁に向かって前傾姿勢をとって頭が壁につく体制になります。その状態でパター持っていれば、パターのトウを壁につけるとほぼ眼の下にボールが来るような位置になります。今回は柱でやってみました。下の画像は良い感じの距離感と体重のかかり方です。

その体制になった時に頭に圧を感じていたら、体重が前過ぎ。それが下の画像の感じです。大げさにやりましたがかなり前に体重がいっているのがわかります。

逆になかなか頭が壁につかない人は体重が後ろ過ぎということになります。それが下の画像です。

普通に足全体で立っている感覚で頭がついているのが理想です。簡単なチェックなのでやってみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要

    2018.07.25

    パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要

    色々な人のパッティングストロークを見ていて「これはダメだな...」と思うことが一つだけあります。多少…

    パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要
  2. パッティングストローク分析をしていて感じること

    2018.05.27

    パッティングストローク分析をしていて感じること

    これまでたくさんのアマチュアゴルファー、プロゴルファーのパッティングストローク分析をしてきました。…

    パッティングストローク分析をしていて感じること
  3. パッティングでグリップを握る強さは?

    2018.06.15

    パッティングでグリップを握る強さは?

    よくグリップを握る強さについて聞かれることがあります。この質問に対しては即答で「しっかり握ってくださ…

    パッティングでグリップを握る強さは?
  4. パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    2018.07.31

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    最近パター用のカーボンシャフトが増えてきましたね。大手シャフトメーカーはもちろん、パターを作っている…

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?
  5. ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ2

    2018.07.30

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ2

    先日は究極の練習グッズを紹介しましたが、今回は同じ効果を望める練習グッズを紹介します。今回紹…

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ2
  6. グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    2018.08.3

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    グリーン上で気をつけていることは結構あります。ちょっと挙げてみると...ピッチマークの補修…

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修
  7. 左足(前足)の開き具合をどうするか?

    2018.08.16

    左足(前足)の開き具合をどうするか?

    これまでたくさんの人のアドレスを見てきました。今回のお話の足の置き方は人それぞれかなり違います。これ…

    左足(前足)の開き具合をどうするか?
  8. パター用シャフト色々

    2018.07.19

    パター用シャフト色々

    今把握している比較的簡単に手に入るパター用のシャフトを特長を交えて紹介します。●島田…

    パター用シャフト色々
  9. 腹圧を上げてパッティングする

    2018.06.27

    腹圧を上げてパッティングする

    「腹圧を上げる」って言われてもパッティングに関係があるのか?と思う方が多いかもしれません。し…

    腹圧を上げてパッティングする

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP