パッティングで自分の思う理想のストロークをしようと思うと、いくつも気をつけなくてはならない場合があります。

そんな時の多くは良いストロークどころか、自分がしたくないストロークになってしまう場合が結構あります。

テークバックをどうしようとか、フォローをどっちに出そうとか、アッパーに打とうとか、手打ちにならないようにしようとか…..。こんなことを考えていると体も動きにくくなります。

普段の練習はこういった動きが無意識に動けるようになるための練習です。癖になるほど練習が上手くいっていれば、やりたいように動けるようになっているはずですし、あまり強く毎回意識する必要もありません。

上手くできないときはそうさせる状況があった時です。それは例えばフックラインだったりスライスラインだったり、あるいは上りだったり下りだったり…。何でもないときにはできて、そういう状況の時に上手くできないのであればその傾向を早くつかむことですね。

それが解決できればもうパッティングの完成は近いです。とにかく家の練習ではいろいろ気をつけて反復練習です。そしてそれが無意識にできることを目標にしてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    2019.01.28

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    ここ何回かのストローク分析で、表題の通りパターがすわる位置に合わせて手首の角度や手首の形を決めてしま…

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ
  2. 転がりの良いボールを打つには

    2019.04.10

    転がりの良いボールを打つには

    ボールの転がりの評価は、クラブの縦の軌道と当たるときのインパクトロフトです。その組み合わせ…

    転がりの良いボールを打つには
  3. ラウンド中に打ち方を変える

    2019.01.9

    ラウンド中に打ち方を変える

    パッティングが調子悪くて普段やらないことを急にやるのは難しいです。ですが普段から練習していてその打ち…

    ラウンド中に打ち方を変える
  4. ミドルパットで考えること

    2019.01.16

    ミドルパットで考えること

    前回はロングパットの話でした。今回はミドルパットの話です。ミドルパットというとあわよくば入れ…

    ミドルパットで考えること
  5. ソールに鉛は注意が必要

    2019.02.1

    ソールに鉛は注意が必要

    ヘッド重量をアップするのに手っ取り早いのはソール面に鉛を張ることです。ですがそれが原因です…

    ソールに鉛は注意が必要
  6. 肘は伸ばすのか曲げるのか?

    2018.12.18

    肘は伸ばすのか曲げるのか?

    パッティングのアドレスで肘を伸ばした方がいいのか、曲げた方がいいのかをよく聞かれます。私の答…

    肘は伸ばすのか曲げるのか?
  7. ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    2018.07.3

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    まずは簡単に違いがわかるところから見ていきましょう。1カップ左、および右の角度は先日のタンジ…

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編
  8. 軽量シャフトの実験(予告)

    2019.03.27

    軽量シャフトの実験(予告)

    前から興味があった ODYSSEY の STROKE LAB のようなパター。シャフトを軽…

    軽量シャフトの実験(予告)
  9. 左目の下にボール

    2018.12.21

    左目の下にボール

    パッティングストロークの分析にいらしてくださった方からどんなことを気をつけてストロークしていますか?…

    左目の下にボール

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP