パッティングで自分の思う理想のストロークをしようと思うと、いくつも気をつけなくてはならない場合があります。

そんな時の多くは良いストロークどころか、自分がしたくないストロークになってしまう場合が結構あります。

テークバックをどうしようとか、フォローをどっちに出そうとか、アッパーに打とうとか、手打ちにならないようにしようとか…..。こんなことを考えていると体も動きにくくなります。

普段の練習はこういった動きが無意識に動けるようになるための練習です。癖になるほど練習が上手くいっていれば、やりたいように動けるようになっているはずですし、あまり強く毎回意識する必要もありません。

上手くできないときはそうさせる状況があった時です。それは例えばフックラインだったりスライスラインだったり、あるいは上りだったり下りだったり…。何でもないときにはできて、そういう状況の時に上手くできないのであればその傾向を早くつかむことですね。

それが解決できればもうパッティングの完成は近いです。とにかく家の練習ではいろいろ気をつけて反復練習です。そしてそれが無意識にできることを目標にしてください。

  • コメント: 6

関連記事

  1. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1

    2019.05.15

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1

    ずいぶん間が空いてしまいましたが、先日作ってみた ODYSSEY Stroke Lab 風のパター…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1
  2. 徐々に思った通りのパッティングができてきました

    2020.12.18

    徐々に思った通りのパッティングができてきました

    先日のラウンドで少し光が見えてきました。特にすごく調子が悪いということではなかったのですが…

    徐々に思った通りのパッティングができてきました
  3. 傾斜を足で感じるために真っ直ぐ立つ

    2019.06.19

    傾斜を足で感じるために真っ直ぐ立つ

    パッティングをする際につま先側に傾きを感じたり、かかと側に傾きを感じたりすることが結構あります。…

    傾斜を足で感じるために真っ直ぐ立つ
  4. 腹圧を上げて右膝をロック

    2020.04.6

    腹圧を上げて右膝をロック

    手打ちにならないために意識するところを色々考えているのですが、表題のイメージが意外とわかりやすい…

    腹圧を上げて右膝をロック
  5. 考えすぎないために

    2020.10.12

    考えすぎないために

    パッティングではアドレスしたら何か一つに集中して打てることが理想です。いくつも考えながらや…

    考えすぎないために
  6. 小学5年生のストロークは…

    2020.02.17

    小学5年生のストロークは…

    先日小学校5年生の男の子がパッティングストロークの分析に来てくれました。そこで大人とは違うな~と…

    小学5年生のストロークは…
  7. パッティングは引きずらないこと

    2019.04.2

    パッティングは引きずらないこと

    パターがうまくいかない人の多くは一度のミスを次のパットに引きずってしまっています。普段通り…

    パッティングは引きずらないこと
  8. 「無意識のパッティング」 その4

    2020.04.16

    「無意識のパッティング」 その4

    今日で最後の「無意識のパッティング」の話です。今日は自分自身も少し考え方に影響を受けた重要な話で…

    「無意識のパッティング」 その4
  9. CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド

    2019.09.25

    CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft を入れてラウンドしてきま…

    CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP