パッティングで自分の思う理想のストロークをしようと思うと、いくつも気をつけなくてはならない場合があります。

そんな時の多くは良いストロークどころか、自分がしたくないストロークになってしまう場合が結構あります。

テークバックをどうしようとか、フォローをどっちに出そうとか、アッパーに打とうとか、手打ちにならないようにしようとか…..。こんなことを考えていると体も動きにくくなります。

普段の練習はこういった動きが無意識に動けるようになるための練習です。癖になるほど練習が上手くいっていれば、やりたいように動けるようになっているはずですし、あまり強く毎回意識する必要もありません。

上手くできないときはそうさせる状況があった時です。それは例えばフックラインだったりスライスラインだったり、あるいは上りだったり下りだったり…。何でもないときにはできて、そういう状況の時に上手くできないのであればその傾向を早くつかむことですね。

それが解決できればもうパッティングの完成は近いです。とにかく家の練習ではいろいろ気をつけて反復練習です。そしてそれが無意識にできることを目標にしてください。

  • コメント: 6

関連記事

  1. パッティングでのグリップの持ち方を考える

    2018.08.14

    パッティングでのグリップの持ち方を考える

    パッティングでのグリップの持ち方は人それぞれで正解はありません。ですが、自分のやろうとしていることや…

    パッティングでのグリップの持ち方を考える
  2. 左脇がゆるいのはダメ

    2020.01.7

    左脇がゆるいのはダメ

    ストローク分析に来られる方によくみられる悪い動きに、左脇のゆるみがあります。ボールをイン…

    左脇がゆるいのはダメ
  3. ほとんどの人が動いている右膝

    2018.11.28

    ほとんどの人が動いている右膝

    パッティングストロークの分析をしていると、ほとんどの方が下半身(膝)が動いてしまっています。…

    ほとんどの人が動いている右膝
  4. 調子のいい時の状態を知っておく

    2019.04.16

    調子のいい時の状態を知っておく

    パッティングが調子が悪いというときにストローク分析に来られる方が多いのですが、調子の良い時のデータ…

    調子のいい時の状態を知っておく
  5. 久しぶりの即買い!NEWPORT BEACH

    2020.06.12

    久しぶりの即買い!NEWPORT BEACH

    久しぶりに迷わずパターを買いました(使う予定もないのに...)。今回購入したのは …

    久しぶりの即買い!NEWPORT BEACH
  6. 距離感を狂わす要因

    2019.05.29

    距離感を狂わす要因

    パッティングで距離感が合わなくなる要因はかなりたくさんあります。一番多いのは前に打った人が…

    距離感を狂わす要因
  7. ボールにラインを十字に入れる

    2018.11.16

    ボールにラインを十字に入れる

    以前も話題にしたことがあるかもしれませんが、ボールにラインを入れる話です。今回は真っ直ぐのラ…

    ボールにラインを十字に入れる
  8. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道
  9. グリップエンドの向き

    2020.06.8

    グリップエンドの向き

    パターのグリップを自分でいれる方が結構いらっしゃいますが、グリップを真っ直ぐ入れるってかなり神経を…

    グリップエンドの向き

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP