重いシャフトは軽いシャフトよりも硬くなる場合がほとんどです。硬くなるとヘッドの硬さの感じ方も変わってきます。

本来当たった時にシャフトのしなりで吸収するはずの振動が、シャフトでは吸収をほとんどしなくなるため、フェース面が吸収するは素材であればより柔らかく感じるようになるということになるのだと思います。

これは感覚の話なので、私の場合の話ですがその逆に感じる人もいるかもしれません。

意外と今お持ちのパターのシャフトのしなりを感じてみようと思いながら打ってみると、しなっているなというのがわかるかもしれません。

このしなりが邪魔になる人もいるかもしれませんが、これがあるから上手く打てる人もいます。ですので、重い(硬い)シャフトを使ってみるとパッティングが変わるかもしれません。

  • コメント: 1

関連記事

  1. ショートパットを確実に入れるために その3

    2019.11.7

    ショートパットを確実に入れるために その3

    ショートパットを確実に入れるための方法の3回目です。今回はパッティングはリズムが重要という…

    ショートパットを確実に入れるために その3
  2. ミドルパットで考えること

    2019.01.16

    ミドルパットで考えること

    前回はロングパットの話でした。今回はミドルパットの話です。ミドルパットというとあわよくば入れ…

    ミドルパットで考えること
  3. DAVE PELZ’s O-BALL

    2020.07.28

    DAVE PELZ’s O-BALL

    色々調べてみたくなって表題のボールを購入してみました。購入したのはデイブ・ペルツの O-B…

    DAVE PELZ’s O-BALL
  4. なぜショルダーストロークか?

    2018.12.14

    なぜショルダーストロークか?

    ショルダーストロークがパッティングストロークでは大事な動きであることはずっと言ってきました。それはど…

    なぜショルダーストロークか?
  5. 左目の下にボール

    2018.12.21

    左目の下にボール

    パッティングストロークの分析にいらしてくださった方からどんなことを気をつけてストロークしていますか?…

    左目の下にボール
  6. パッティングで大事なのは打ち出し方向

    2018.06.5

    パッティングで大事なのは打ち出し方向

    パッティングストローク分析をしていて重要なのは綺麗に打つことではなく、打ちたい方向に真っ直ぐに打ち出…

    パッティングで大事なのは打ち出し方向
  7. アッパー軌道の間違った認識

    2019.04.15

    アッパー軌道の間違った認識

    パッティングストローク分析に来ていただいた方に質問することがあります。それは自分が考える理…

    アッパー軌道の間違った認識
  8. 近過ぎるボールとの距離

    2019.03.11

    近過ぎるボールとの距離

    ストローク分析をする際に最初にフリーで打っていただいて色々観察させていただくのですが、ボールとの距…

    近過ぎるボールとの距離
  9. グリップの向きがおかしいと

    2019.01.30

    グリップの向きがおかしいと

    グリップ交換を自分でされる方がたまにいらっしゃいます。そう言う方は普通のクラブであればバックライン…

    グリップの向きがおかしいと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP