パターのシャフトを重くしてみたいと思っている人は多いかと思います。

みなさんが期待しているのは短くしてもシャフトを重くすればバランスが出てくれるのではないか?ということの場合が多いです。

ですが、シャフトを短くした分をカバーできるほどシャフト重量アップはバランスに影響を与えません。多少の減りを軽減することはできますが、やはり短くなればバランスは軽くなります。

一方重くなって良いこともあります。それは全体重量が上がって重い物を動かす感覚が、ヘッドがきいている感覚と似た感覚になることがあります。

実際はバランスは出ていないけど、バランスが出ている感覚になるというのは結構良いと思います。

そしてシャフトを重くすると変わることがもう一つあります。それはまた次回…。

  • コメント: 6

関連記事

  1. 計測機器は使い方次第では逆効果も

    2019.09.9

    計測機器は使い方次第では逆効果も

    計測機器は使い方次第で問題を複雑にしてしまうこともあります。理想のストロークをさせるためだ…

    計測機器は使い方次第では逆効果も
  2. ソールに鉛は注意が必要

    2019.02.1

    ソールに鉛は注意が必要

    ヘッド重量をアップするのに手っ取り早いのはソール面に鉛を張ることです。ですがそれが原因です…

    ソールに鉛は注意が必要
  3. Spider X をなぜ上手く使えなかったのか?

    2020.03.18

    Spider X をなぜ上手く使えなかったのか?

    先日投入してみた Spider X がなぜうまく使いこなせなかったのかを考えてみました。…

    Spider X をなぜ上手く使えなかったのか?
  4. 自分を知ることでミスを防ぐ

    2020.01.9

    自分を知ることでミスを防ぐ

    ラウンド中に出るミスの多くは一定の法則があったりすることが多いです。それを知っていることで回避で…

    自分を知ることでミスを防ぐ
  5. ショットの縮図のパッティング

    2019.03.20

    ショットの縮図のパッティング

    パッティングストロークの分析での最初の打ちながらのヒアリングで、ショットについてのことを聞くことが…

    ショットの縮図のパッティング
  6. 距離感が変わる原因

    2019.12.20

    距離感が変わる原因

    先日ストローク分析をした方で距離感がなかなか合わないという方がいらっしゃいました。何が悪く…

    距離感が変わる原因
  7. 距離感が合わない原因

    2018.11.9

    距離感が合わない原因

    パッティングストロークには大きく分けて2種類のタイプがあると思っています。一つはストローク中…

    距離感が合わない原因
  8. マレット型とピン型の違い

    2020.07.30

    マレット型とピン型の違い

    普段ピン型を使っている私ですが、ANSERFREAK の方でレポートした通り、エースのピン型に悪い…

    マレット型とピン型の違い
  9. フェース素材とロフトの関係

    2019.07.5

    フェース素材とロフトの関係

    フェースの素材は打感に大きく影響を与えます。打感が柔らかい物は硬く感じるものに比べてボールがフェー…

    フェース素材とロフトの関係

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP