パターのグリップは本当に慎重に変えた方が良いパーツです。

重さ、太さ、素材、形状など色々な要素があり、それらそれぞれがストロークに密接にかかわっています。

重さに関しては一般的に太い物にすれば手元が重くなりヘッドがきかなくなります。ただ SuperStroke などは太くても結構軽かったりすることも結構あります。

太くなったのに軽くて太くなって、バランスはそれほど変わっていないはずなのにヘッドを感じなくなるというようなことは結構あります。

形状も同じことが言えて、昔からのスタンダードのピストル型もそれをすごく強調した形状の物もあったりします。それを使って自分がやりたくないことを抑制できる場合もありますし、逆に助長してしまうこともあります。

Cameron のピストレーロは結構変わったグリップで、これも使用には結構気をつけた方が良いグリップです。ですのでできたらグリップを入れる前にどんな感触になるか試せるところでグリップ交換ができることをお勧めします。

パッティングストローク分析を受けていただいたときにお試しいただけるように何種類かのグリップを用意していますので、やってみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    2018.07.31

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    最近パター用のカーボンシャフトが増えてきましたね。大手シャフトメーカーはもちろん、パターを作っている…

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?
  2. パッティングでのグリップの持ち方を考える

    2018.08.14

    パッティングでのグリップの持ち方を考える

    パッティングでのグリップの持ち方は人それぞれで正解はありません。ですが、自分のやろうとしていることや…

    パッティングでのグリップの持ち方を考える
  3. ボールのラインを合わせることのメリット

    2018.08.24

    ボールのラインを合わせることのメリット

    ボールのプリントに直線部分があったりすると、そこをターゲットに向けてボールを置いたり、自分で太いライ…

    ボールのラインを合わせることのメリット
  4. ボールを置く位置が左過ぎないか?

    2018.10.12

    ボールを置く位置が左過ぎないか?

    みなさんボールを置く位置はある程度一定になっている方が多いです。ですが、そこに置いているからいつも同…

    ボールを置く位置が左過ぎないか?
  5. HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」

    2018.06.11

    HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」

    これから何回かにわたって自分がデザインしたエースパターの HILLCREST TRUECoG につい…

    HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」
  6. グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    2018.08.8

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    旗竿をどこに置くか?結構考えることがあります。キャディさんがいれば持ってくれるので考える必要はありま…

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所
  7. パターのスペック確認をしましょう

    2018.08.20

    パターのスペック確認をしましょう

    以前お話ししましたが、市販パターは同じモデルでも構えやすいもの、構えにくいものがあります。その構えに…

    パターのスペック確認をしましょう
  8. 近くのスパットか?打っていく方向か?

    2018.08.29

    近くのスパットか?打っていく方向か?

    人によってターゲット方向のイメージの仕方は異なります。表題のように近くのスパットに対してフェ…

    近くのスパットか?打っていく方向か?
  9. インパクトで大事なこと

    2018.11.13

    インパクトで大事なこと

    インパクトで思った方向に打ち出すために必要な条件は、フェース向きとクラブ軌道の条件があった時です。…

    インパクトで大事なこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP