先日スタジオに来たプロのパッティングストロークの分析をしながら色々なことがわかりました。

まず今どんな状況になっていて、それを自身でどう分析していて、どうしようと思っているのか?このヒアリングをしてだいたいどんなことが起きているか?がわかり、更にフリーでボールを打ってもらい問題点が明確になりました。

プロなので運動能力が高く、自分がやろうとしていることはしっかりできています。ですが、その能力が逆に問題だったというのが今回の状況でした。

ヘッドの大きな真っ直ぐの情報がたくさんあるヘッドで、アウトに上がるのを気にしていました。元々軽くアウトに上がってフェースを開いてアウトサイドインでボールを真っ直ぐに打ち出す状態でした。

それを意識しすぎてインサイドに入り過ぎてしまい、フェースはオープンのままだったのでボールが右に飛ぶという状況でした。これを SAM PuttLab の結果を見せながら説明して、安定しているところ(ストロークを意識しても変わらないところ)をそのままにしてインにひかないようにすとろーくしてもらいました。

そうするとあっという間に解決。たまにチェックに来ないとダメですね。ということで今回は終わりました。

これでバンバンパットが入ってくれると良いのですが…

  • コメント: 0

関連記事

  1. 身体を動かさないとできないショルダーストローク

    2018.10.23

    身体を動かさないとできないショルダーストローク

    ショルダーストロークのイメージを伝えるのは結構大変なので、いつもは練習グッズを使って体感してもらって…

    身体を動かさないとできないショルダーストローク
  2. “パッティングラボ限定” TRUECoG SUS303 Special Black Version

    2018.07.20

    “パッティングラボ限定” TRUECoG SU…

    Putting Labo. では TRUECoG SUS303 のカスタムバージョンとして、ブラック…

    “パッティングラボ限定” TRUECoG SUS303 Special Black Version
  3. 何故突然パンチが入るのか?

    2018.10.10

    何故突然パンチが入るのか?

    ショートパットでソフトに打てないという方が結構いらっしゃいます。ショートパットですのでテーク…

    何故突然パンチが入るのか?
  4. アドレス時のフェース向き

    2018.11.12

    アドレス時のフェース向き

    パッティングストローク分析をしていただくと、一番最初に出てくるのがアドレス時のフェースの向きです。…

    アドレス時のフェース向き
  5. フェースの下目で打つイメージを作る練習

    2018.06.25

    フェースの下目で打つイメージを作る練習

    パッティングストローク分析をしていると、ヘッドの縦方向の動きがわかります。ダウンブローに当たっている…

    フェースの下目で打つイメージを作る練習
  6. パッティングストローク分析をしていて感じること

    2018.05.27

    パッティングストローク分析をしていて感じること

    これまでたくさんのアマチュアゴルファー、プロゴルファーのパッティングストローク分析をしてきました。…

    パッティングストローク分析をしていて感じること
  7. 初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018.05.22

    初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018年5月22日、新しいサイト「The Putting Laboratory(パッティングラボ)…

    初めまして、パッティングラボの遠藤です
  8. グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    2018.08.3

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    グリーン上で気をつけていることは結構あります。ちょっと挙げてみると...ピッチマークの補修…

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修
  9. 体重のかかり方、ボールからの距離の確認

    2018.11.5

    体重のかかり方、ボールからの距離の確認

    自宅にパッティングミラーがあればいいのですが、なかなかそれを持っている人は少ないと思います。…

    体重のかかり方、ボールからの距離の確認

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP