先日スタジオに来たプロのパッティングストロークの分析をしながら色々なことがわかりました。

まず今どんな状況になっていて、それを自身でどう分析していて、どうしようと思っているのか?このヒアリングをしてだいたいどんなことが起きているか?がわかり、更にフリーでボールを打ってもらい問題点が明確になりました。

プロなので運動能力が高く、自分がやろうとしていることはしっかりできています。ですが、その能力が逆に問題だったというのが今回の状況でした。

ヘッドの大きな真っ直ぐの情報がたくさんあるヘッドで、アウトに上がるのを気にしていました。元々軽くアウトに上がってフェースを開いてアウトサイドインでボールを真っ直ぐに打ち出す状態でした。

それを意識しすぎてインサイドに入り過ぎてしまい、フェースはオープンのままだったのでボールが右に飛ぶという状況でした。これを SAM PuttLab の結果を見せながら説明して、安定しているところ(ストロークを意識しても変わらないところ)をそのままにしてインにひかないようにすとろーくしてもらいました。

そうするとあっという間に解決。たまにチェックに来ないとダメですね。ということで今回は終わりました。

これでバンバンパットが入ってくれると良いのですが…

  • コメント: 5

関連記事

  1. 見事なストレート軌道、でもこれは…

    2019.11.18

    見事なストレート軌道、でもこれは…

    先日パッティングストローク分析に来られた方の軌道をチェックしたら、見事なストレート軌道。た…

    見事なストレート軌道、でもこれは…
  2. たまに性質の違うパターを使ってみる

    2020.05.27

    たまに性質の違うパターを使ってみる

    ここのところ ANSER型 ばかり使っていますが、たまにマレット型を使ってみたりするとボコボコ入っ…

    たまに性質の違うパターを使ってみる
  3. 久しぶりの手詰りな状況

    2020.02.25

    久しぶりの手詰りな状況

    先日のラウンドでは予期せぬことがたくさん起こりました。3パットをすることはあまりないので…

    久しぶりの手詰りな状況
  4. 練習で気をつけること

    2020.01.31

    練習で気をつけること

    一生懸命練習するのはすごく良いのですが、一生懸命練習する人ほど気をつけなければならないことがあり…

    練習で気をつけること
  5. 爪先でも踵でもない

    2019.08.1

    爪先でも踵でもない

    アドレス時の体重がかかる位置は爪先でもないですし踵でもありません。パッティングストローク分…

    爪先でも踵でもない
  6. UST Mamiya Frequency Filtered Putter

    2019.09.20

    UST Mamiya Frequency Filtered Putte…

    最近 STABILITY Shaft がずいぶん売れているようですが、似たような構造のシャフトが以…

    UST Mamiya Frequency Filtered Putter
  7. フェースの上の方で打たない意識

    2019.07.2

    フェースの上の方で打たない意識

    パッティングストローク分析に来ていただき、フェース面のどのあたりで打っているかを見ていただくと色々…

    フェースの上の方で打たない意識
  8. Super Stroke Traxion Claw Grip

    2020.09.8

    Super Stroke Traxion Claw Grip

    先日の Wrist Lock グリップに引き続き、今日はクローグリップ用のグリップの紹介です。…

    Super Stroke Traxion Claw Grip
  9. 重いヘッドの方が安定しやすい

    2019.04.18

    重いヘッドの方が安定しやすい

    ここ10年くらいでパターのヘッド重量は20g以上重くなっています。320g程度のヘッド重量…

    重いヘッドの方が安定しやすい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP