アドレス時のフェースの向きは絶対に真っ直ぐに向いていなければならないというとそうでもないのですが、やはり真っ直ぐに向いていないことが原因でインパクトでも真っ直ぐに向けられていない方が結構いらっしゃいます。

パッティングストローク分析では、フェースの向きが真っすぐに向けられていないことが原因で真っ直ぐに打ち出せていない方に限ってフェースの向きのチェックをしていただいています。


↑たまにチェックに来ていただいているOさんにモデルになっていただきました↑

一番簡単なのはこの SAM PuttLab についているバーを出してそれにピタッと合わせてもらいます。このバーは打つ方向に完全に直交するようになっているので、この面は必ず打つ方向に真っすぐに向くようになっています。

この面につけてもらいバーを外してみると、自分の感覚の真っ直ぐとどのくらい変わるのかが体感していただけます。

これで何度か真っ直ぐのイメージをつけていただいた後は単独でやってみていただいて画面でもチェックしてもらいながらやってみていただきます。

そうすると自分では少し右に向いていると思うところが本当の真っ直ぐなんだとか、その逆だったりとかが意識できるようになりますので、それに違和感がなくなるまで反復するだけです。

しばらくやったら気をつけたいのがやり過ぎになっていないかのチェックをしてください。

  • コメント: 6

関連記事

  1. パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    2018.07.31

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    最近パター用のカーボンシャフトが増えてきましたね。大手シャフトメーカーはもちろん、パターを作っている…

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?
  2. 芝目を意識する

    2019.05.13

    芝目を意識する

    芝目があるゴルフ場で常にやっている方はそれほど違和感がなくなっているのだと思いますが、普段普通のグ…

    芝目を意識する
  3. 重いヘッドが本当にいいのか?

    2019.07.4

    重いヘッドが本当にいいのか?

    最近はヘッド重量が360gオーバーというパターが増えてきました。最初はマレットタイプだけだ…

    重いヘッドが本当にいいのか?
  4. フェースローテーションはするものではありません 1/2

    2018.07.17

    フェースローテーションはするものではありません 1/2

    パッティングストロークの分析をしに来ていたいた時に皆さんに聞くことがあります。最初にフリーで…

    フェースローテーションはするものではありません 1/2
  5. インパクト後の余計な動き

    2018.11.8

    インパクト後の余計な動き

    結構このインパクト後の余計な動きをされる方が多いです。この余計な動きが自分が行きたくない方向…

    インパクト後の余計な動き
  6. 私に合うパターはどんな形ですか?

    2019.01.21

    私に合うパターはどんな形ですか?

    パッティングストロークの分析にいらして、自分にどんなパターが合うかを知りたいという方が結構いらっしゃ…

    私に合うパターはどんな形ですか?
  7. どっちに曲がるかわからない

    2018.11.15

    どっちに曲がるかわからない

    パッティングのラインを読むときに見る方向でラインが変わることって結構ありますよね。私の場合グ…

    どっちに曲がるかわからない
  8. 普通のパットとショートパットの打ち方

    2019.01.10

    普通のパットとショートパットの打ち方

    私の場合ですが、普通のパットの打ち方と、絶対に入れたいパットの打ち方は違う打ち方です。打つ時の意識だ…

    普通のパットとショートパットの打ち方
  9. ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ2

    2018.07.30

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ2

    先日は究極の練習グッズを紹介しましたが、今回は同じ効果を望める練習グッズを紹介します。今回紹…

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP