アドレス時のフェースの向きは絶対に真っ直ぐに向いていなければならないというとそうでもないのですが、やはり真っ直ぐに向いていないことが原因でインパクトでも真っ直ぐに向けられていない方が結構いらっしゃいます。

パッティングストローク分析では、フェースの向きが真っすぐに向けられていないことが原因で真っ直ぐに打ち出せていない方に限ってフェースの向きのチェックをしていただいています。


↑たまにチェックに来ていただいているOさんにモデルになっていただきました↑

一番簡単なのはこの SAM PuttLab についているバーを出してそれにピタッと合わせてもらいます。このバーは打つ方向に完全に直交するようになっているので、この面は必ず打つ方向に真っすぐに向くようになっています。

この面につけてもらいバーを外してみると、自分の感覚の真っ直ぐとどのくらい変わるのかが体感していただけます。

これで何度か真っ直ぐのイメージをつけていただいた後は単独でやってみていただいて画面でもチェックしてもらいながらやってみていただきます。

そうすると自分では少し右に向いていると思うところが本当の真っ直ぐなんだとか、その逆だったりとかが意識できるようになりますので、それに違和感がなくなるまで反復するだけです。

しばらくやったら気をつけたいのがやり過ぎになっていないかのチェックをしてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    2019.01.7

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    パッティングで良い当たりをした時の感触をこんな風に表現することがあります。適正なロフトで適正…

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1
  2. 自分がどう動かそうとしているかの確認

    2018.10.24

    自分がどう動かそうとしているかの確認

    パッティングストロークの分析を受けに来ていただいた方には、必ず最初に打っていただきながらどんなイメー…

    自分がどう動かそうとしているかの確認
  3. 距離感が合わない原因

    2018.11.9

    距離感が合わない原因

    パッティングストロークには大きく分けて2種類のタイプがあると思っています。一つはストローク中…

    距離感が合わない原因
  4. グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    2018.08.8

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    旗竿をどこに置くか?結構考えることがあります。キャディさんがいれば持ってくれるので考える必要はありま…

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所
  5. パター用シャフト色々

    2018.07.19

    パター用シャフト色々

    今把握している比較的簡単に手に入るパター用のシャフトを特長を交えて紹介します。●島田…

    パター用シャフト色々
  6. 手首を使わないために

    2018.12.19

    手首を使わないために

    ストローク中に手首を使わないためにどうしたらいいか?そんなことを結構聞かれることがあります。…

    手首を使わないために
  7. 期待しすぎないパッティング

    2018.11.20

    期待しすぎないパッティング

    私自身も含めてパッティングの結果を期待し過ぎている方が多いと思います。期待が大きければ大きい…

    期待しすぎないパッティング
  8. SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    2018.12.26

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    今回は一番簡単な打点についてチェックしてみました。SAM PuttLab(SPL) …

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」
  9. カップを見ながら打ってみる

    2019.01.11

    カップを見ながら打ってみる

    距離感が合わないという話をよく聞きますが、距離感を練習で養うのはなかなか難しいです。そんな人…

    カップを見ながら打ってみる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP