アドレス時のフェースの向きは絶対に真っ直ぐに向いていなければならないというとそうでもないのですが、やはり真っ直ぐに向いていないことが原因でインパクトでも真っ直ぐに向けられていない方が結構いらっしゃいます。

パッティングストローク分析では、フェースの向きが真っすぐに向けられていないことが原因で真っ直ぐに打ち出せていない方に限ってフェースの向きのチェックをしていただいています。


↑たまにチェックに来ていただいているOさんにモデルになっていただきました↑

一番簡単なのはこの SAM PuttLab についているバーを出してそれにピタッと合わせてもらいます。このバーは打つ方向に完全に直交するようになっているので、この面は必ず打つ方向に真っすぐに向くようになっています。

この面につけてもらいバーを外してみると、自分の感覚の真っ直ぐとどのくらい変わるのかが体感していただけます。

これで何度か真っ直ぐのイメージをつけていただいた後は単独でやってみていただいて画面でもチェックしてもらいながらやってみていただきます。

そうすると自分では少し右に向いていると思うところが本当の真っ直ぐなんだとか、その逆だったりとかが意識できるようになりますので、それに違和感がなくなるまで反復するだけです。

しばらくやったら気をつけたいのがやり過ぎになっていないかのチェックをしてください。

  • コメント: 1

関連記事

  1. 右サイドを動かさない意識

    2018.08.23

    右サイドを動かさない意識

    パッティングに限らず右サイドを動かさない意識を常に持っています。特にパッティングでは右サイド…

    右サイドを動かさない意識
  2. ロフト調整で変わるインパクト音

    2019.01.31

    ロフト調整で変わるインパクト音

    パッティングストローク分析をして最適なロフトに調整する方が30%くらいの確率でいらっしゃいます。…

    ロフト調整で変わるインパクト音
  3. 近過ぎるボールとの距離

    2019.03.11

    近過ぎるボールとの距離

    ストローク分析をする際に最初にフリーで打っていただいて色々観察させていただくのですが、ボールとの距…

    近過ぎるボールとの距離
  4. 旗を抜かずにプレーして

    2019.04.24

    旗を抜かずにプレーして

    みなさんは旗をさしたままプレーしてみましたか?それほど強い感じではなく旗竿に触れれば、確か…

    旗を抜かずにプレーして
  5. パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2

    2018.06.12

    パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2

    パターヘッドの重量は色々なものがあります。通常の34インチ前後の長さのパターにおいて軽い物は320g…

    パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2
  6. 体重のかかり方、ボールからの距離の確認

    2018.11.5

    体重のかかり方、ボールからの距離の確認

    自宅にパッティングミラーがあればいいのですが、なかなかそれを持っている人は少ないと思います。…

    体重のかかり方、ボールからの距離の確認
  7. duckbill golf Putters

    2018.05.3

    duckbill golf Putters

    ここでは duckbill golf のオリジナルパターの作品集を紹介します。duckbill go…

    duckbill golf Putters
  8. 初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018.05.22

    初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018年5月22日、新しいサイト「The Putting Laboratory(パッティングラボ)…

    初めまして、パッティングラボの遠藤です
  9. 今年も一年ありがとうございました

    2018.12.28

    今年も一年ありがとうございました

    2018年の更新は今日で最後となります。今日はご挨拶のみとなります。パターやパッティングに関…

    今年も一年ありがとうございました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP