Anserタイプのパターの重心位置をご存知でしょうか?

私も Anserタイプのパターを使っていますが、これまで使ってきた通常のAnserタイプのヘッドの重心はサイトラインよりも内側にあることがほとんどです。

重心で打つことがなぜ大事かというと、そこで当たるとフェースの向きが当たった時に左右に向きにくくなります。

重心の位置は当たった場所を境に先も手前も重量が同じポイントです。ここで打つと当たった時の違和感は全く感じられないはずです。

それなのに市販のパターはヘッドの真ん中にラインを入れているので、そこは重心ではないのです。

左の画像は釣り合っている位置がサイトラインよりヒール側になっています。

今使っている TRUECoGシリーズのパターはヘッドの真ん中でありさらに重心にもなっています(上の画像の右の通りです)。ですのでラインのところで当たれば重心で打っていることになるので、とても感触が良く転がりも良くなります。

Anser タイプをお使いの方は少しラインよりもヒール寄りで打ってみてください。きっと良い感触で打てます。もちろん TRUECoGシリーズを買っていただくともれなく良い転がりがついてきます(笑)。

TRUECoG シリーズに関する詳しい情報は…
https://www.puttinglabo.com/?product_category=hc

  • コメント: 4

関連記事

  1. 下半身を動かさない

    2019.08.23

    下半身を動かさない

    ストローク軌道を再現性高くする際に意識したいのが下半身を動かさない意識です。簡単そうに思い…

    下半身を動かさない
  2. スタート前のパッティング練習

    2019.03.26

    スタート前のパッティング練習

    練習グリーンでの朝の練習はそのコースのグリーンのスピードの感覚を得るための大事な時間です。…

    スタート前のパッティング練習
  3. BORON BLACK に BLACK の色入れ

    2018.08.28

    BORON BLACK に BLACK の色入れ

    先日パターヘッドのカスタムの依頼を受けました。パターは2本。どちらもツヤ無しのボロンブラック…

    BORON BLACK に BLACK の色入れ
  4. duckbill golf Putters

    2018.05.3

    duckbill golf Putters

    ここでは duckbill golf のオリジナルパターの作品集を紹介します。duckbill go…

    duckbill golf Putters
  5. アウトサイドからはダウンブロー

    2019.06.10

    アウトサイドからはダウンブロー

    ちょっとストローク軌道の話をします。ストロークやスイングの軌道には縦方向と横方向の軌道があります。…

    アウトサイドからはダウンブロー
  6. 柔らかいグリップに注意すべき人

    2019.05.23

    柔らかいグリップに注意すべき人

    最近では ODYSSEY が純正グリップに Super Stroke を採用したり、Scotty …

    柔らかいグリップに注意すべき人
  7. スタンスを決めるときに意識すること

    2018.10.19

    スタンスを決めるときに意識すること

    何気なくとっているスタンスですが、ショットの時同様体重のかかり方が結構重要です。パッティング…

    スタンスを決めるときに意識すること
  8. ライ角調整と打ち出し方向

    2019.05.28

    ライ角調整と打ち出し方向

    パッティングストローク分析にいらした方に最適なライ角についてお話しすると、ほとんどの方が納得してい…

    ライ角調整と打ち出し方向
  9. 松山プロの練習グッズを効果的に使う

    2018.09.19

    松山プロの練習グッズを効果的に使う

    松山プロが使っているということで話題になった練習グッズがあります。これの何が良いのか?どんな使い方を…

    松山プロの練習グッズを効果的に使う

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP