Anserタイプのパターの重心位置をご存知でしょうか?

私も Anserタイプのパターを使っていますが、これまで使ってきた通常のAnserタイプのヘッドの重心はサイトラインよりも内側にあることがほとんどです。

重心で打つことがなぜ大事かというと、そこで当たるとフェースの向きが当たった時に左右に向きにくくなります。

重心の位置は当たった場所を境に先も手前も重量が同じポイントです。ここで打つと当たった時の違和感は全く感じられないはずです。

それなのに市販のパターはヘッドの真ん中にラインを入れているので、そこは重心ではないのです。

左の画像は釣り合っている位置がサイトラインよりヒール側になっています。

今使っている TRUECoGシリーズのパターはヘッドの真ん中でありさらに重心にもなっています(上の画像の右の通りです)。ですのでラインのところで当たれば重心で打っていることになるので、とても感触が良く転がりも良くなります。

Anser タイプをお使いの方は少しラインよりもヒール寄りで打ってみてください。きっと良い感触で打てます。もちろん TRUECoGシリーズを買っていただくともれなく良い転がりがついてきます(笑)。

TRUECoG シリーズに関する詳しい情報は…
https://www.puttinglabo.com/?product_category=hc

  • コメント: 4

関連記事

  1. CAPTO でデータチェック

    2020.04.20

    CAPTO でデータチェック

    自粛で時間がある間に CAPTO で色々な打ち方のデータを取ってみる予定です。今考えている…

    CAPTO でデータチェック
  2. 自信を無くすことが一番ダメ

    2020.02.6

    自信を無くすことが一番ダメ

    人それぞれ性格があるので、ダメって言われてもしょうがない部分はあると思いますが、血液型「O型」の…

    自信を無くすことが一番ダメ
  3. スタンスの幅が極端だと…

    2020.03.12

    スタンスの幅が極端だと…

    ストローク分析の時にチェックする項目としてスタンスがあります。それは向きだったり、体重のかかり方…

    スタンスの幅が極端だと…
  4. バランスを合わせる?

    2019.12.13

    バランスを合わせる?

    パターのバランスをどうしたらいいか?という質問をよく聞きます。パターに数値的なバランスの概…

    バランスを合わせる?
  5. パターを吊ってアドレスする人は

    2019.11.15

    パターを吊ってアドレスする人は

    先日パターをつって構える人の話になった時の話です。なんでつるのか?まず一つは前傾が浅くなる…

    パターを吊ってアドレスする人は
  6. シャフトを重くすると… その1

    2018.10.31

    シャフトを重くすると… その1

    パターのシャフトを重くしてみたいと思っている人は多いかと思います。みなさんが期待しているのは…

    シャフトを重くすると… その1
  7. カップを見ながら打ってみる

    2019.01.11

    カップを見ながら打ってみる

    距離感が合わないという話をよく聞きますが、距離感を練習で養うのはなかなか難しいです。そんな人…

    カップを見ながら打ってみる
  8. 下半身を動かさない意識

    2019.04.19

    下半身を動かさない意識

    パッティングストローク分析をしていると、下半身(特に後ろ足の膝)が動く人がかなりいます。膝…

    下半身を動かさない意識
  9. 「打つ」のではなく「運ぶ」意識

    2020.05.13

    「打つ」のではなく「運ぶ」意識

    少し前にも書いたかもしれませんが、改めてこの言葉がわかりやすかったので書いておきます。パッ…

    「打つ」のではなく「運ぶ」意識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP