Anserタイプのパターの重心位置をご存知でしょうか?

私も Anserタイプのパターを使っていますが、これまで使ってきた通常のAnserタイプのヘッドの重心はサイトラインよりも内側にあることがほとんどです。

重心で打つことがなぜ大事かというと、そこで当たるとフェースの向きが当たった時に左右に向きにくくなります。

重心の位置は当たった場所を境に先も手前も重量が同じポイントです。ここで打つと当たった時の違和感は全く感じられないはずです。

それなのに市販のパターはヘッドの真ん中にラインを入れているので、そこは重心ではないのです。

左の画像は釣り合っている位置がサイトラインよりヒール側になっています。

今使っている TRUECoGシリーズのパターはヘッドの真ん中でありさらに重心にもなっています(上の画像の右の通りです)。ですのでラインのところで当たれば重心で打っていることになるので、とても感触が良く転がりも良くなります。

Anser タイプをお使いの方は少しラインよりもヒール寄りで打ってみてください。きっと良い感触で打てます。もちろん TRUECoGシリーズを買っていただくともれなく良い転がりがついてきます(笑)。

TRUECoG シリーズに関する詳しい情報は…
https://www.puttinglabo.com/?product_category=hc

  • コメント: 4

関連記事

  1. 太いグリップが合う人

    2018.08.30

    太いグリップが合う人

    パター用のグリップは本当にたくさんの種類があります。色々な素材、色々な色、そして色々な形状.…

    太いグリップが合う人
  2. パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2

    2018.06.12

    パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2

    パターヘッドの重量は色々なものがあります。通常の34インチ前後の長さのパターにおいて軽い物は320g…

    パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2
  3. フェースローテーションはするものではありません 2/2

    2018.07.18

    フェースローテーションはするものではありません 2/2

    先日はフェースバランスだからローテーションが少なくなって、L字タイプだからローテーションが多くなるの…

    フェースローテーションはするものではありません 2/2
  4. 誰が言ってるんだろう?

    2019.02.12

    誰が言ってるんだろう?

    パッティングストローク分析にいらっしゃる方で、結構同じようなストロークをされる方がいます。…

    誰が言ってるんだろう?
  5. パッティングが上手そうに見える人

    2019.02.28

    パッティングが上手そうに見える人

    パッティングストローク分析をしていてこの人は上手そうだなと思うことが結構あります。フリーで…

    パッティングが上手そうに見える人
  6. パッティングでのグリップの持ち方を考える

    2018.08.14

    パッティングでのグリップの持ち方を考える

    パッティングでのグリップの持ち方は人それぞれで正解はありません。ですが、自分のやろうとしていることや…

    パッティングでのグリップの持ち方を考える
  7. グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    2018.08.3

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    グリーン上で気をつけていることは結構あります。ちょっと挙げてみると...ピッチマークの補修…

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修
  8. パターの長さと身長

    2019.04.11

    パターの長さと身長

    パターの長さを身長で決めている方が多いです。身長が180cmだから35インチとか、身長が1…

    パターの長さと身長
  9. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面処理/打刻/色入れ」

    2018.09.13

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面…

    今回の Rocker Sole Remake はバックフェースの彫刻がある SUS303 素材のモデ…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面処理/打刻/色入れ」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP