Anserタイプのパターの重心位置をご存知でしょうか?

私も Anserタイプのパターを使っていますが、これまで使ってきた通常のAnserタイプのヘッドの重心はサイトラインよりも内側にあることがほとんどです。

重心で打つことがなぜ大事かというと、そこで当たるとフェースの向きが当たった時に左右に向きにくくなります。

重心の位置は当たった場所を境に先も手前も重量が同じポイントです。ここで打つと当たった時の違和感は全く感じられないはずです。

それなのに市販のパターはヘッドの真ん中にラインを入れているので、そこは重心ではないのです。

左の画像は釣り合っている位置がサイトラインよりヒール側になっています。

今使っている TRUECoGシリーズのパターはヘッドの真ん中でありさらに重心にもなっています(上の画像の右の通りです)。ですのでラインのところで当たれば重心で打っていることになるので、とても感触が良く転がりも良くなります。

Anser タイプをお使いの方は少しラインよりもヒール寄りで打ってみてください。きっと良い感触で打てます。もちろん TRUECoGシリーズを買っていただくともれなく良い転がりがついてきます(笑)。

TRUECoG シリーズに関する詳しい情報は…
https://www.puttinglabo.com/?product_category=hc

  • コメント: 5

関連記事

  1. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 1 「ヘッド選択」

    2018.09.6

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 1 「ヘッ…

    自分用に SUS303 素材の Rocker Sole Remake を作ってみようと思います。これ…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 1 「ヘッド選択」
  2. 引きたい方向に引きにくくしてないか?

    2019.03.12

    引きたい方向に引きにくくしてないか?

    テークバックをしていきたい方向にどうもうまくあがらないという人が結構いらっしゃいます。それ…

    引きたい方向に引きにくくしてないか?
  3. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果2

    2019.05.16

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果2

    今日は細かいデータではなく、結果どっち打ち出せたかのデータを見てみました。このデータが一番…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果2
  4. ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    2018.07.2

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    今日は今回の実験の方法を説明します。狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップ…

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編
  5. バーディパットが入る人、入らない人

    2018.12.5

    バーディパットが入る人、入らない人

    色々な人とラウンドしていて感じる事なのですが、バーディチャンスをモノにできる人と、そうではない人に差…

    バーディパットが入る人、入らない人
  6. パターのライ角を合わせることの重要性

    2018.06.26

    パターのライ角を合わせることの重要性

    パッティングストロークの分析をしていてライ角が合っていない人の数は全体の2/5くらいいるような気がし…

    パターのライ角を合わせることの重要性
  7. 曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    2018.07.23

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    このブログを見てらっしゃる方はほとんどの方がわかっていることだとは思いますが、念のため書いておきます…

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる
  8. 利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    2018.09.3

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    フェースを真っ直ぐに向けるイメージは人によって作り方が異なります。自分の場合は間違いなく利き…

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?
  9. 自宅での効果的な練習 その2

    2019.01.18

    自宅での効果的な練習 その2

    自宅でできる効果的なパッティング練習の2回目です。今回は打ち出し方向を合わせる練習です。これ…

    自宅での効果的な練習 その2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP