パッティングストロークをするときに、下半身を絶対に動かさない意識で打とうと思うと、自然にショルダーストロークになる人が多いです。

これは先日紹介した「Pro Putt」という練習グッズでやった時に感じたのですが、皆さん良い感じになります。これってもしかしたら下半身を固定するイメージでやれば良いストロークができるのではないか?と思ってやってみたんです。

これが意外と効果抜群で、結構いいストロークができる確率が増えます。

もちろん練習グッズを使っての練習もいいのですが、それはイメージを植え付けるための物。ある程度イメージができたらそれ無しでやってみてください。

そこでできたら本物です!とにかく反復練習で筋肉におぼえこませる、これが練習です。間違った動きをおぼえこませないように気を付けてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 面白い練習グッズ “EYELINE GOLF Sweet Spot 360”

    2018.09.5

    面白い練習グッズ “EYELINE GOLF Sweet …

    今日は面白い練習グッズの紹介です。パターの芯になかなかあたらない人に最適の練習グッズです。…

    面白い練習グッズ “EYELINE GOLF Sweet Spot 360”
  2. シャフトを重くすると… その2

    2018.11.1

    シャフトを重くすると… その2

    重いシャフトは軽いシャフトよりも硬くなる場合がほとんどです。硬くなるとヘッドの硬さの感じ方も変わって…

    シャフトを重くすると… その2
  3. “パッティングラボ限定” TRUECoG SUS303 Special Black Version

    2018.07.20

    “パッティングラボ限定” TRUECoG SU…

    Putting Labo. では TRUECoG SUS303 のカスタムバージョンとして、ブラック…

    “パッティングラボ限定” TRUECoG SUS303 Special Black Version
  4. 2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け

    2018.07.5

    2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け…

    TRUECoG シリーズには3種類のヘッド素材があってそのそれぞれが全て同じ設計になっています。ヘッ…

    2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け
  5. 何故突然パンチが入るのか?

    2018.10.10

    何故突然パンチが入るのか?

    ショートパットでソフトに打てないという方が結構いらっしゃいます。ショートパットですのでテーク…

    何故突然パンチが入るのか?
  6. 過去のストロークを引きずったストローク

    2018.12.20

    過去のストロークを引きずったストローク

    ショットでも同じなのですが、直前のミスの記憶が次のショットやパットに影響を与えることがあります。…

    過去のストロークを引きずったストローク
  7. パッティングストローク分析をしていて感じること

    2018.05.27

    パッティングストローク分析をしていて感じること

    これまでたくさんのアマチュアゴルファー、プロゴルファーのパッティングストローク分析をしてきました。…

    パッティングストローク分析をしていて感じること
  8. フェース向きのコントロールの練習 2

    2018.08.7

    フェース向きのコントロールの練習 2

    今日はスクエアインパクトを練習する簡単な方法を紹介します。使うのはこれです。名刺が入…

    フェース向きのコントロールの練習 2
  9. Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

    2018.06.14

    Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

    この話も直接 Scotty Cameron 氏からお聞きした話です。Tiger Woods …

    Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP