パッティングストロークをするときに、下半身を絶対に動かさない意識で打とうと思うと、自然にショルダーストロークになる人が多いです。

これは先日紹介した「Pro Putt」という練習グッズでやった時に感じたのですが、皆さん良い感じになります。これってもしかしたら下半身を固定するイメージでやれば良いストロークができるのではないか?と思ってやってみたんです。

これが意外と効果抜群で、結構いいストロークができる確率が増えます。

もちろん練習グッズを使っての練習もいいのですが、それはイメージを植え付けるための物。ある程度イメージができたらそれ無しでやってみてください。

そこでできたら本物です!とにかく反復練習で筋肉におぼえこませる、これが練習です。間違った動きをおぼえこませないように気を付けてください。

  • コメント: 4

関連記事

  1. パッティングで大事なのは打ち出し方向

    2018.06.5

    パッティングで大事なのは打ち出し方向

    パッティングストローク分析をしていて重要なのは綺麗に打つことではなく、打ちたい方向に真っ直ぐに打ち出…

    パッティングで大事なのは打ち出し方向
  2. グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    2018.08.3

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    グリーン上で気をつけていることは結構あります。ちょっと挙げてみると...ピッチマークの補修…

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修
  3. 万人向けの練習グッズはありませんが…

    2018.07.13

    万人向けの練習グッズはありませんが…

    世の中にはたくさんの練習グッズがあり、それぞれ開発者の意図する使い方があります。ですがそれをきちんと…

    万人向けの練習グッズはありませんが…
  4. アウトサイドからはダウンブロー

    2019.06.10

    アウトサイドからはダウンブロー

    ちょっとストローク軌道の話をします。ストロークやスイングの軌道には縦方向と横方向の軌道があります。…

    アウトサイドからはダウンブロー
  5. 利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    2018.09.3

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    フェースを真っ直ぐに向けるイメージは人によって作り方が異なります。自分の場合は間違いなく利き…

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?
  6. 練習グリーンでの練習

    2019.04.23

    練習グリーンでの練習

    練習グリーンでの練習はどんな感じでしていますか?私の場合最初はグリーンのスピードを知りたい…

    練習グリーンでの練習
  7. バランスが重いパターで打てない

    2019.06.17

    バランスが重いパターで打てない

    ここのところ何名かの方で同じような症状が見受けられたのでちょっと書いておきます。ヘッド重量…

    バランスが重いパターで打てない
  8. 自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    2018.06.8

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    前回は長いこと、短いことによるデメリットについてお話ししました。ではそうならないために自分に合った長…

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2
  9. フェースの下に当てるだけではない

    2019.02.22

    フェースの下に当てるだけではない

    転がりの良いパッティングをするためには、いろいろな条件があります。フェースの下で当てることはある…

    フェースの下に当てるだけではない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP