先日久しぶりにエースパターではないパターを使ってみたのですが、距離感が合わず苦労しました。

ヘッド形状は同じでヘッドの素材だけが違ったのですが、最後まで距離感が合いませんでした。

いつものエースパターは銅素材、そして今回使ったのは軟鉄素材でした。銅素材の TRUECoG CUPRUMは銅独特の柔らかさがあるパターです。ですが、それ以上に軟鉄素材は柔らかい感触でした。

柔らかいから飛ばないと思ってしっかり打つと飛んでしまう、結構打つと飛んでしまうと思って柔らかく打つとそれほどいかない…。距離感が合わないと最後のパットの距離もいつもよりも微妙に長くなります。

そうするとそれが30cm、50cm変わってくるとこれは入る確率にかなり影響を与えます。これは困りますね。

同じ金属素材でもこんなに違う…。更には同じ素材でもミーリングの深さや、フェース面の厚みでも変わってきます。ただ同じ素材であれば大体同じ弾き感になると思うのでそれほど影響があるとは思いませんが、素材が変わるとこんなにも変わるかというのを改めて実感しました。

みなさんもこのあたりには注意してください。特に今まで金属だったのに樹脂系のインサートに変えたとか、または転がりが良いという O-WORKS のようなパターに変えたときは要注意です。

でも使い続ければ大丈夫ですので変わってすぐの頃は用心が必要です。

  • コメント: 2

関連記事

  1. ミドルパットで考えること

    2019.01.16

    ミドルパットで考えること

    前回はロングパットの話でした。今回はミドルパットの話です。ミドルパットというとあわよくば入れ…

    ミドルパットで考えること
  2. ソール面にも角度があります

    2019.10.10

    ソール面にも角度があります

    パターの種類やそのパターのコンセプトによって違いますが、パターのソール面には角度があります。…

    ソール面にも角度があります
  3. パッティングで大事なことは…

    2019.09.30

    パッティングで大事なことは…

    最近ラウンドしていてパッティングに大事なことは「決めること」だなとつくづく思っています。決…

    パッティングで大事なことは…
  4. 悪い流れを断つ

    2019.12.27

    悪い流れを断つ

    ラウンド中にどうしても一筋外れてしまうとか、右に外した後は左に外してしまうという状況に陥ったりして…

    悪い流れを断つ
  5. ライ角/ロフト角調整時の注意 その2

    2020.03.10

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その2

    昨日に続きライ角/ロフト角調整時の注意点についてお話しします。今日も実際によくある話から…

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その2
  6. フェース向きのコントロールの練習 3

    2018.08.10

    フェース向きのコントロールの練習 3

    ちょっと間が空いてしまいましたが、フェース向きのコントロールの練習の難しいバージョンを紹介します。…

    フェース向きのコントロールの練習 3
  7. フォローの動きの意識

    2019.07.16

    フォローの動きの意識

    昨日はテークバックで左脇が縮む意識すると良いという話をしました。今日はフォロースルーでの動…

    フォローの動きの意識
  8. ショルダーストローク=インサイドイン

    2019.09.11

    ショルダーストローク=インサイドイン

    私が理想のストロークと思っているのはショルダーストロークです。ですがいつも言っているように…

    ショルダーストローク=インサイドイン
  9. ロングパットで引っ掛けが出る

    2019.08.27

    ロングパットで引っ掛けが出る

    先日友人から聞いた話です。ミドルパット、ショートパットの確率は良く入っているのに、ロングパットにな…

    ロングパットで引っ掛けが出る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP