先日久しぶりにエースパターではないパターを使ってみたのですが、距離感が合わず苦労しました。

ヘッド形状は同じでヘッドの素材だけが違ったのですが、最後まで距離感が合いませんでした。

いつものエースパターは銅素材、そして今回使ったのは軟鉄素材でした。銅素材の TRUECoG CUPRUMは銅独特の柔らかさがあるパターです。ですが、それ以上に軟鉄素材は柔らかい感触でした。

柔らかいから飛ばないと思ってしっかり打つと飛んでしまう、結構打つと飛んでしまうと思って柔らかく打つとそれほどいかない…。距離感が合わないと最後のパットの距離もいつもよりも微妙に長くなります。

そうするとそれが30cm、50cm変わってくるとこれは入る確率にかなり影響を与えます。これは困りますね。

同じ金属素材でもこんなに違う…。更には同じ素材でもミーリングの深さや、フェース面の厚みでも変わってきます。ただ同じ素材であれば大体同じ弾き感になると思うのでそれほど影響があるとは思いませんが、素材が変わるとこんなにも変わるかというのを改めて実感しました。

みなさんもこのあたりには注意してください。特に今まで金属だったのに樹脂系のインサートに変えたとか、または転がりが良いという O-WORKS のようなパターに変えたときは要注意です。

でも使い続ければ大丈夫ですので変わってすぐの頃は用心が必要です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ゴルフ用サングラスは本当に芝目が見えやすいのか?

    2018.07.24

    ゴルフ用サングラスは本当に芝目が見えやすいのか?

    ANSERFREAK をご覧いただいている方にはレポートしましたが、最近新しいサングラスを買いました…

    ゴルフ用サングラスは本当に芝目が見えやすいのか?
  2. パター用シャフト色々

    2018.07.19

    パター用シャフト色々

    今把握している比較的簡単に手に入るパター用のシャフトを特長を交えて紹介します。●島田…

    パター用シャフト色々
  3. 体重のかかり方、ボールからの距離の確認

    2018.11.5

    体重のかかり方、ボールからの距離の確認

    自宅にパッティングミラーがあればいいのですが、なかなかそれを持っている人は少ないと思います。…

    体重のかかり方、ボールからの距離の確認
  4. カップを見ながら打ってみる

    2019.01.11

    カップを見ながら打ってみる

    距離感が合わないという話をよく聞きますが、距離感を練習で養うのはなかなか難しいです。そんな人…

    カップを見ながら打ってみる
  5. Too much(やりすぎ) はダメ

    2018.10.4

    Too much(やりすぎ) はダメ

    Too much(やりすぎ) はゴルフには禁物です。ゴルフでのやりすぎにはいろいろなものがあ…

    Too much(やりすぎ) はダメ
  6. フォワードプレスの勧め

    2018.08.21

    フォワードプレスの勧め

    フォワードプレスという言葉を聞いた事がある方は結構いると思います。自分も微妙にですがこれをしてい…

    フォワードプレスの勧め
  7. パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    2018.06.13

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    昨日予告した実験をしました。下の表が結果の生データです。表の中の10の位が1はBバラ…

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2
  8. パターのシャフトを重くする効果

    2018.07.12

    パターのシャフトを重くする効果

    パター用のシャフトに色々種類があるのはご存知でしょうか?ウッドやアイアンはシャフト交換という…

    パターのシャフトを重くする効果
  9. Scotty Cameron のパターをお色直し

    2018.09.12

    Scotty Cameron のパターをお色直し

    今日は Rocker Sole Remake のお話しは一回お休み...。先日少し開いてグリップが入…

    Scotty Cameron のパターをお色直し

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP