Too much(やりすぎ) はゴルフには禁物です。

ゴルフでのやりすぎにはいろいろなものがあるのですが、悪い癖を直そうと思ってその反対をやるようにする。そうするといつの間にかその反対が通常になってしまう…。

自分で撮ったスイングやストロークのビデオだったりする場合が多いのですが、ちょうどいいところを通り過ぎてしまうことは本当に不幸です。

パッティングストロークの分析を受けていただいた方には、良いところのイメージを付けてもらうのですが、その良いイメージを持つために自分がどこまで意識したらいいかを体感してもらいます。

そうすると自分が思っていたよりも意識しなければならないとなると、そのイメージはその方の中ではほぼ反対のイメージになります。それがずっとやっているうちに本当に反対になってしまうわけです。

ですのでパッティングストロークにおいては必ずやりすぎになっていないか確認できる方法も持ち帰っていただくようにしています。

  • コメント: 2

関連記事

  1. シャフトを重くすると… その1

    2018.10.31

    シャフトを重くすると… その1

    パターのシャフトを重くしてみたいと思っている人は多いかと思います。みなさんが期待しているのは…

    シャフトを重くすると… その1
  2. ストロークを安定させるには

    2019.03.29

    ストロークを安定させるには

    パッティングストロークの分析をしていると、ストロークの安定感に問題がある人が結構います。安…

    ストロークを安定させるには
  3. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果2

    2019.05.16

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果2

    今日は細かいデータではなく、結果どっち打ち出せたかのデータを見てみました。このデータが一番…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果2
  4. パターのスペック確認をしましょう

    2018.08.20

    パターのスペック確認をしましょう

    以前お話ししましたが、市販パターは同じモデルでも構えやすいもの、構えにくいものがあります。その構えに…

    パターのスペック確認をしましょう
  5. 柔らかいグリップに注意すべき人

    2019.05.23

    柔らかいグリップに注意すべき人

    最近では ODYSSEY が純正グリップに Super Stroke を採用したり、Scotty …

    柔らかいグリップに注意すべき人
  6. 何故突然パンチが入るのか?

    2018.10.10

    何故突然パンチが入るのか?

    ショートパットでソフトに打てないという方が結構いらっしゃいます。ショートパットですのでテーク…

    何故突然パンチが入るのか?
  7. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道
  8. 届かないは入らないをどうするか?

    2019.04.12

    届かないは入らないをどうするか?

    私も経験がありますが、自分では一生懸命届かせようと思って打っているのに、カップまで届かずアマサイド…

    届かないは入らないをどうするか?
  9. パッティングストローク分析を受けてみませんか?

    2019.05.22

    パッティングストローク分析を受けてみませんか?

    いつもお勧めしているパッティングストローク分析ですが、5月いっぱいに限ってパッティングラボを見たと…

    パッティングストローク分析を受けてみませんか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP