Too much(やりすぎ) はゴルフには禁物です。

ゴルフでのやりすぎにはいろいろなものがあるのですが、悪い癖を直そうと思ってその反対をやるようにする。そうするといつの間にかその反対が通常になってしまう…。

自分で撮ったスイングやストロークのビデオだったりする場合が多いのですが、ちょうどいいところを通り過ぎてしまうことは本当に不幸です。

パッティングストロークの分析を受けていただいた方には、良いところのイメージを付けてもらうのですが、その良いイメージを持つために自分がどこまで意識したらいいかを体感してもらいます。

そうすると自分が思っていたよりも意識しなければならないとなると、そのイメージはその方の中ではほぼ反対のイメージになります。それがずっとやっているうちに本当に反対になってしまうわけです。

ですのでパッティングストロークにおいては必ずやりすぎになっていないか確認できる方法も持ち帰っていただくようにしています。

  • コメント: 5

関連記事

  1. ショルダーストロークの確認方法

    2019.06.12

    ショルダーストロークの確認方法

    ショルダーストロークができているかどうかの確認は色々なやり方がありますが、今回は比較的簡単にできる…

    ショルダーストロークの確認方法
  2. ショートパットで何を気をつける?

    2019.08.16

    ショートパットで何を気をつける?

    以前は1mくらいのパットを外すことがたまにありました。プッシュしたりひっかけたり...です…

    ショートパットで何を気をつける?
  3. グリップエンドの動きに注目

    2018.08.22

    グリップエンドの動きに注目

    パッティングのストローク中のグリップエンドに注目してみてください。上の動画のようにシ…

    グリップエンドの動きに注目
  4. ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    2018.10.16

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    私の場合ストローク軌道が悪い状態になるとインに引きすぎてしまいます。インに引いて主に起こるのはプッシ…

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法
  5. パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    2018.09.14

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    今日は パッティングストローク分析を受けてくれた方のデータを紹介します(数年前のデータですが...)…

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency
  6. ラウンド前のパター練習

    2018.11.14

    ラウンド前のパター練習

    みなさんラウンド前にショットの練習はしなくてもパットの練習はしている方が多いと思います。今日は私がど…

    ラウンド前のパター練習
  7. フェースの下で当てる練習

    2018.12.3

    フェースの下で当てる練習

    今日はフェースの下で当てる練習の仕方を紹介します。用意するものは割りばしと両面テープ…

    フェースの下で当てる練習
  8. 高麗グリーンで気をつけていること

    2019.08.13

    高麗グリーンで気をつけていること

    最近はあまり見かけなくなりましたが、古いコースだと高麗グリーンがメイングリーンと言うところも結構あ…

    高麗グリーンで気をつけていること
  9. ミーリングが深いパターが少なくなった

    2019.07.3

    ミーリングが深いパターが少なくなった

    最近ミーリングが深いパターを見かけなくなりました。これには理由があると考えています。どんな…

    ミーリングが深いパターが少なくなった

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP