Too much(やりすぎ) はゴルフには禁物です。

ゴルフでのやりすぎにはいろいろなものがあるのですが、悪い癖を直そうと思ってその反対をやるようにする。そうするといつの間にかその反対が通常になってしまう…。

自分で撮ったスイングやストロークのビデオだったりする場合が多いのですが、ちょうどいいところを通り過ぎてしまうことは本当に不幸です。

パッティングストロークの分析を受けていただいた方には、良いところのイメージを付けてもらうのですが、その良いイメージを持つために自分がどこまで意識したらいいかを体感してもらいます。

そうすると自分が思っていたよりも意識しなければならないとなると、そのイメージはその方の中ではほぼ反対のイメージになります。それがずっとやっているうちに本当に反対になってしまうわけです。

ですのでパッティングストロークにおいては必ずやりすぎになっていないか確認できる方法も持ち帰っていただくようにしています。

  • コメント: 5

関連記事

  1. ボールのラインを合わせることのメリット

    2018.08.24

    ボールのラインを合わせることのメリット

    ボールのプリントに直線部分があったりすると、そこをターゲットに向けてボールを置いたり、自分で太いライ…

    ボールのラインを合わせることのメリット
  2. カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 2/2

    2018.06.20

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 2/2

    今日は実際のデータをお見せします。その前にまずは前回の3パターンを図にして、カップの中心からのずれが…

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 2/2
  3. 利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    2018.09.3

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    フェースを真っ直ぐに向けるイメージは人によって作り方が異なります。自分の場合は間違いなく利き…

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?
  4. 意識しすぎてやりすぎは注意

    2019.02.15

    意識しすぎてやりすぎは注意

    以前も書いたことがあるかもしれませんが、何度も注意したい内容なのでまたと思うかもしれませんが書いて…

    意識しすぎてやりすぎは注意
  5. スタンスを決めるときに意識すること

    2018.10.19

    スタンスを決めるときに意識すること

    何気なくとっているスタンスですが、ショットの時同様体重のかかり方が結構重要です。パッティング…

    スタンスを決めるときに意識すること
  6. Customized Scotty Cameron Putters

    2018.05.3

    Customized Scotty Cameron Putters

    ここではパッティングラボでカスタマイズした Scotty Cameron のパターを紹介します。…

    Customized Scotty Cameron Putters
  7. ショットの縮図のパッティング

    2019.03.20

    ショットの縮図のパッティング

    パッティングストロークの分析での最初の打ちながらのヒアリングで、ショットについてのことを聞くことが…

    ショットの縮図のパッティング
  8. 爪先でも踵でもない

    2019.08.1

    爪先でも踵でもない

    アドレス時の体重がかかる位置は爪先でもないですし踵でもありません。パッティングストローク分…

    爪先でも踵でもない
  9. 腹圧を上げてパッティングする

    2018.06.27

    腹圧を上げてパッティングする

    「腹圧を上げる」って言われてもパッティングに関係があるのか?と思う方が多いかもしれません。し…

    腹圧を上げてパッティングする

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP