今日の話は結構ある話です。身に覚えのある方もいると思います。こうなってしまう状況の調整はほぼライ角の調整の時に限られています。

ロフト調整の場合パターのすわりが良くなるので、0.5度変わっただけでもかなり違いを感じられるので、 SAM PuttLab の結果を考慮して一回もしくは二回の調整で満足いただけます。

ですがライ角の場合は、フラットにしたのにフラットになると自分の手がそれに合わせて最初よりも下に行ってしまう…。それはアップライトにすることでも起こります。

なぜそういうことが起きるかを考えてみると、自分が構えているときのヘッドの見え方には慣れがあって、知らず知らずのうちにトウ側を浮かせて構える癖があったり、ヒールが上がっているのを言われるまで気が付かないという人も結構います。

そうするといつもの見え方になるまで手の位置を調整してしまいます。そうすると調整したはずなのに見え方が変わらないように手の位置を変えてしまうので、何度も何度も調整してきりがないということに陥ります。

ということで Putting Labo でストローク分析をしてその分析に基づいて調整をする場合、アドレスをしていただき、どのくらいトウやヒールが浮いているかをパターだけを固定してみてもらうようにしています。

  • コメント: 2

関連記事

  1. アッパー軌道の間違った認識

    2019.04.15

    アッパー軌道の間違った認識

    パッティングストローク分析に来ていただいた方に質問することがあります。それは自分が考える理…

    アッパー軌道の間違った認識
  2. パンチは本当にダメなのか?

    2018.11.7

    パンチは本当にダメなのか?

    結構「パンチが入っちゃうんだよね」という人がいらっしゃいます。パンチが入ってダメなのは、ある…

    パンチは本当にダメなのか?
  3. ミーリングが深いパターが少なくなった

    2019.07.3

    ミーリングが深いパターが少なくなった

    最近ミーリングが深いパターを見かけなくなりました。これには理由があると考えています。どんな…

    ミーリングが深いパターが少なくなった
  4. 万人向けの練習グッズはありませんが…

    2018.07.13

    万人向けの練習グッズはありませんが…

    世の中にはたくさんの練習グッズがあり、それぞれ開発者の意図する使い方があります。ですがそれをきちんと…

    万人向けの練習グッズはありませんが…
  5. 不安定な動きには原因がある

    2019.03.7

    不安定な動きには原因がある

    パッティングストロークにおいて不安定になっている要素にはそれぞれ原因があります。例えばイン…

    不安定な動きには原因がある
  6. フェースが真っ直ぐに向く感覚

    2018.10.25

    フェースが真っ直ぐに向く感覚

    アドレス時のフェースの向きは絶対に真っ直ぐに向いていなければならないというとそうでもないのですが、や…

    フェースが真っ直ぐに向く感覚
  7. STABILITY Shaft 実験3

    2019.06.20

    STABILITY Shaft 実験3

    先日作った TRUECoG CUPRUM が少しヘッドがききすぎてしまった印象があったので、ヘッド…

    STABILITY Shaft 実験3
  8. 変わったパターを使う時の注意

    2018.06.28

    変わったパターを使う時の注意

    世の中には色々なコンセプトのパターが存在します。Edel トルクバランスパター、ODYSSE…

    変わったパターを使う時の注意
  9. ほとんどの人が動いている右膝

    2018.11.28

    ほとんどの人が動いている右膝

    パッティングストロークの分析をしていると、ほとんどの方が下半身(膝)が動いてしまっています。…

    ほとんどの人が動いている右膝

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP