パッティングでボールがつかまらないで右に行ってしまうとか、逆に引っかけてしまうということが結構あるのですが、それをライ角と絡めて考えてしまう人が少なくありません。

アイアンは地面にソール面が接するのでその抵抗でフェース面の向きが変わってしまうことがあります。

ですがパターは地面に接することはないので、ライ角がアップライトで引っかかるとか、フラットで右に行くということはありません。

ただアップライトやフラットで実際に右に行ったり左に行ったりということは起こっています。ですが、この原因はほとんどの場合がフェースの向きによるものです。

それは上から見たときのフェース面の見え方が原因になっている場合がありますので、そういう場合はやはり適切なライ角に調整することが必要になります。

ミスパットの原因が何なのか?正しく理解することで本当に調整が必要なのか?を考える必要があります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ボールにラインを十字に入れる

    2018.11.16

    ボールにラインを十字に入れる

    以前も話題にしたことがあるかもしれませんが、ボールにラインを入れる話です。今回は真っ直ぐのラ…

    ボールにラインを十字に入れる
  2. カップを見ながら打ってみる

    2019.01.11

    カップを見ながら打ってみる

    距離感が合わないという話をよく聞きますが、距離感を練習で養うのはなかなか難しいです。そんな人…

    カップを見ながら打ってみる
  3. フェースの下に当てるだけではない

    2019.02.22

    フェースの下に当てるだけではない

    転がりの良いパッティングをするためには、いろいろな条件があります。フェースの下で当てることはある…

    フェースの下に当てるだけではない
  4. Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

    2018.06.14

    Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

    この話も直接 Scotty Cameron 氏からお聞きした話です。Tiger Woods …

    Tiger Woods のパターがサイトドットの理由
  5. 下半身を動かさない意識

    2018.10.17

    下半身を動かさない意識

    パッティングストロークをするときに、下半身を絶対に動かさない意識で打とうと思うと、自然にショルダース…

    下半身を動かさない意識
  6. ロングパットで考えること

    2019.01.15

    ロングパットで考えること

    みなさんロングパットでどんなことを考えていますか?私はとにかく2パットで確実に行けるパットを…

    ロングパットで考えること
  7. 距離感が合わない原因

    2018.11.9

    距離感が合わない原因

    パッティングストロークには大きく分けて2種類のタイプがあると思っています。一つはストローク中…

    距離感が合わない原因
  8. フェース向きのコントロールの練習 3

    2018.08.10

    フェース向きのコントロールの練習 3

    ちょっと間が空いてしまいましたが、フェース向きのコントロールの練習の難しいバージョンを紹介します。…

    フェース向きのコントロールの練習 3
  9. パターのスペック確認をしましょう

    2018.08.20

    パターのスペック確認をしましょう

    以前お話ししましたが、市販パターは同じモデルでも構えやすいもの、構えにくいものがあります。その構えに…

    パターのスペック確認をしましょう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP