パッティングでボールがつかまらないで右に行ってしまうとか、逆に引っかけてしまうということが結構あるのですが、それをライ角と絡めて考えてしまう人が少なくありません。

アイアンは地面にソール面が接するのでその抵抗でフェース面の向きが変わってしまうことがあります。

ですがパターは地面に接することはないので、ライ角がアップライトで引っかかるとか、フラットで右に行くということはありません。

ただアップライトやフラットで実際に右に行ったり左に行ったりということは起こっています。ですが、この原因はほとんどの場合がフェースの向きによるものです。

それは上から見たときのフェース面の見え方が原因になっている場合がありますので、そういう場合はやはり適切なライ角に調整することが必要になります。

ミスパットの原因が何なのか?正しく理解することで本当に調整が必要なのか?を考える必要があります。

  • コメント: 6

関連記事

  1. 右足体重?左足体重?

    2019.08.5

    右足体重?左足体重?

    パッティングのアドレスの時に左に体重がかかり過ぎている方がたまにいらっしゃいます。飛球方向…

    右足体重?左足体重?
  2. テークバックが小さいのはダメです

    2019.11.21

    テークバックが小さいのはダメです

    最近立て続けにテークバックを小さくしているという方がいらっしゃいました。以前も言いましたが…

    テークバックが小さいのはダメです
  3. ボールにライン 応用編

    2020.04.2

    ボールにライン 応用編

    ストローク分析にいらした方で、ボールに線を入れているという方にはお話ししている内容です。…

    ボールにライン 応用編
  4. 右サイドを動かさない意識

    2018.08.23

    右サイドを動かさない意識

    パッティングに限らず右サイドを動かさない意識を常に持っています。特にパッティングでは右サイド…

    右サイドを動かさない意識
  5. ショルダーストロークの確認方法

    2019.06.12

    ショルダーストロークの確認方法

    ショルダーストロークができているかどうかの確認は色々なやり方がありますが、今回は比較的簡単にできる…

    ショルダーストロークの確認方法
  6. アドレスの手の位置とパターのすわり

    2018.10.9

    アドレスの手の位置とパターのすわり

    パッティングにおけるヘッドを置く位置と、手の位置の関係は本当に人それぞれになります。例えばハ…

    アドレスの手の位置とパターのすわり
  7. カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 1/2

    2018.06.19

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 1/2

    3m先のカップに入れるためには打ち出し方向が1度以内の誤差にならなければならないという話を聞いたこと…

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 1/2
  8. パッティングでグリップを握る強さは?

    2018.06.15

    パッティングでグリップを握る強さは?

    よくグリップを握る強さについて聞かれることがあります。この質問に対しては即答で「しっかり握ってくださ…

    パッティングでグリップを握る強さは?
  9. 転がりの良いボールを打つには

    2019.04.10

    転がりの良いボールを打つには

    ボールの転がりの評価は、クラブの縦の軌道と当たるときのインパクトロフトです。その組み合わせ…

    転がりの良いボールを打つには

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP