パッティングストロークの分析を受けていただくと、インパクト時のハンドファーストの度合いや上下のストローク軌道に合わせてロフトの調整をする方が多いです(効率よく転がるロフトをお勧めするので)。

ロフトの調整は簡単に説明をするとパターがすわる位置が変わるということになります。

ポンと置いた状態でまっすぐに構えられる位置がパターがすわった場所です。ですが、すわりが悪いパターの場合、パターがすわった位置よりも左に手を置かないと気持ちが悪かったり、逆に右に置かないと気持ち悪かったりします。

パターのヘッド自体は大きくスペックが変わってしまっているものはありませんので、シャフトの接着の方向などで変わってしまっているのが原因です。

真っ直ぐ置いているはずなのになぜか手が左に来ないと真っ直ぐに向けられないという場合は、ロフトが出すぎてしまっています。

逆に真っ直ぐに置いているはずなのに手がヘッドよりも右に来てしまうという場合は、ロフトが少なすぎてしまっています。

この状態はロフト角の調整で違和感のない位置に手が来るように調整することが可能です。なんだか構えにくいという方はロフト角の調整をお勧めします。

  • コメント: 2

関連記事

  1. パッティングでグリップを握る強さは?

    2018.06.15

    パッティングでグリップを握る強さは?

    よくグリップを握る強さについて聞かれることがあります。この質問に対しては即答で「しっかり握ってくださ…

    パッティングでグリップを握る強さは?
  2. 左目の下にボール

    2018.12.21

    左目の下にボール

    パッティングストロークの分析にいらしてくださった方からどんなことを気をつけてストロークしていますか?…

    左目の下にボール
  3. 肩のラインがどこを向いているか?

    2019.05.9

    肩のラインがどこを向いているか?

    昨日のスタンスの向きに続いて、肩のラインがどこを向いているかも、テークバックのしやすさにかなり影響…

    肩のラインがどこを向いているか?
  4. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道
  5. パッティングストローク分析で

    2018.11.6

    パッティングストローク分析で

    最近パッティングストロークの分析をしていて、似たようなパターンの方が何人かいらっしゃったので、その時…

    パッティングストローク分析で
  6. BORON BLACK に BLACK の色入れ

    2018.08.28

    BORON BLACK に BLACK の色入れ

    先日パターヘッドのカスタムの依頼を受けました。パターは2本。どちらもツヤ無しのボロンブラック…

    BORON BLACK に BLACK の色入れ
  7. 良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    2019.03.19

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    ハンドファーストの仕方には良い方法と悪い方法があります。ハンドファーストというのはヘッドの…

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト
  8. グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    2018.08.3

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    グリーン上で気をつけていることは結構あります。ちょっと挙げてみると...ピッチマークの補修…

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修
  9. フェースを真っ直ぐ出そうと思うと

    2019.02.13

    フェースを真っ直ぐ出そうと思うと

    パッティングストローク分析をしていてよく聞くストロークのイメージが打った後のフェースの向きのイメー…

    フェースを真っ直ぐ出そうと思うと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP