パッティングストロークの分析を受けていただくと、インパクト時のハンドファーストの度合いや上下のストローク軌道に合わせてロフトの調整をする方が多いです(効率よく転がるロフトをお勧めするので)。

ロフトの調整は簡単に説明をするとパターがすわる位置が変わるということになります。

ポンと置いた状態でまっすぐに構えられる位置がパターがすわった場所です。ですが、すわりが悪いパターの場合、パターがすわった位置よりも左に手を置かないと気持ちが悪かったり、逆に右に置かないと気持ち悪かったりします。

パターのヘッド自体は大きくスペックが変わってしまっているものはありませんので、シャフトの接着の方向などで変わってしまっているのが原因です。

真っ直ぐ置いているはずなのになぜか手が左に来ないと真っ直ぐに向けられないという場合は、ロフトが出すぎてしまっています。

逆に真っ直ぐに置いているはずなのに手がヘッドよりも右に来てしまうという場合は、ロフトが少なすぎてしまっています。

この状態はロフト角の調整で違和感のない位置に手が来るように調整することが可能です。なんだか構えにくいという方はロフト角の調整をお勧めします。

  • コメント: 1

関連記事

  1. 同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…

    2019.08.21

    同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…

    グリーン上での同伴プレーヤーのパットは同じラインや、反対側のラインで自分がそのあとに打つ場合、貴重…

    同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…
  2. Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

    2018.06.14

    Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

    この話も直接 Scotty Cameron 氏からお聞きした話です。Tiger Woods …

    Tiger Woods のパターがサイトドットの理由
  3. ロングパットで考えること

    2019.01.15

    ロングパットで考えること

    みなさんロングパットでどんなことを考えていますか?私はとにかく2パットで確実に行けるパットを…

    ロングパットで考えること
  4. SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ

    2019.08.2

    SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ

    先日より TRUECoG SUS303 に STABILITY シャフトを入れて使っています。…

    SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ
  5. 曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    2018.07.23

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    このブログを見てらっしゃる方はほとんどの方がわかっていることだとは思いますが、念のため書いておきます…

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる
  6. UST Mamiya Frequency Filtered Putter

    2019.09.20

    UST Mamiya Frequency Filtered Putte…

    最近 STABILITY Shaft がずいぶん売れているようですが、似たような構造のシャフトが以…

    UST Mamiya Frequency Filtered Putter
  7. ボールの位置を少し変えるだけで

    2019.10.18

    ボールの位置を少し変えるだけで

    先日のストローク分析での話。フェースは右向きなので、ストローク軌道はアウトサイドインになっ…

    ボールの位置を少し変えるだけで
  8. オープン/クローズになってみる

    2019.02.27

    オープン/クローズになってみる

    テークバックの方向がうまくイメージできない人がたまにいらっしゃいます。そんな時に試していた…

    オープン/クローズになってみる
  9. 利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    2018.09.3

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    フェースを真っ直ぐに向けるイメージは人によって作り方が異なります。自分の場合は間違いなく利き…

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP