パターのロフト調整をする際に考慮していることがあります。ロフトはボールをつかまえるために必要です。ボールがフェースに乗れば接触時間が増し運べる感覚が出てきます。

パッティングで良くないのはフェース面でボールが滑ることです。そのためにもロフト調整は慎重に行うことが必要です。

その際にそのパターのフェース面がどんな素材でできているか?でロフトを考えています。WHITE HOT や O-WORKS のような柔らかい素材であれば、ロフトは少なめでもつかまり感はかわりません。

ただボディと同じ素材でミーリングのみでフェース面の状態が作られた物であれば、接触時間が短くなりますので、ロフトを多めに設定しています。

多めにするとか少なめにするといっても0.5度の場合もありますし、インパクト時のロフトと縦のストローク軌道の数値からそれ以上に調整することもあります。

自分のパターがどんなスペックになっているのか?自分のストロークにマッチしたロフトになっているのか?を知りたい方は是非パッティングストローク分析を受けてみてください。パッティングストローク分析に関する詳しい情報は…

https://www.puttinglabo.com/?page_id=15

  • コメント: 2

関連記事

  1. 「無意識のパッティング」 その1

    2020.04.13

    「無意識のパッティング」 その1

    緊急事態宣言にともない、営業を自粛しているので時間がたくさんできました。その間に読んでみたい本や…

    「無意識のパッティング」 その1
  2. 転がりを良くするための条件

    2020.02.19

    転がりを良くするための条件

    転がりが良い球というのは最後までトロトロ転がってなかなか止まらずに転がりますよね。こうい…

    転がりを良くするための条件
  3. ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    2019.01.7

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    パッティングで良い当たりをした時の感触をこんな風に表現することがあります。適正なロフトで適正…

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1
  4. 良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    2019.03.19

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    ハンドファーストの仕方には良い方法と悪い方法があります。ハンドファーストというのはヘッドの…

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト
  5. STABILITY Shaft 実験2

    2019.06.14

    STABILITY Shaft 実験2

    今エースで使用している HILLCREST TRUECoG CUPRUM は良い感じで使えているの…

    STABILITY Shaft 実験2
  6. ヘッド軌道で好きなラインは決まる

    2019.07.24

    ヘッド軌道で好きなラインは決まる

    色々な人のストローク軌道を見ていると、好きな曲がる方向がわかります。全体のストローク軌道で…

    ヘッド軌道で好きなラインは決まる
  7. 重いヘッドがもてはやされていますが…

    2019.08.30

    重いヘッドがもてはやされていますが…

    最近はヘッド重量が重いパターが多いですよね。中には PING のように重いヘッドにもしても…

    重いヘッドがもてはやされていますが…
  8. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道
  9. 入らないことはミスではないことも

    2020.03.4

    入らないことはミスではないことも

    パッティングは他のショットと違うところがあります。それは穴に入れるという明確な目的があることです…

    入らないことはミスではないことも

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP