パターのロフト調整をする際に考慮していることがあります。ロフトはボールをつかまえるために必要です。ボールがフェースに乗れば接触時間が増し運べる感覚が出てきます。

パッティングで良くないのはフェース面でボールが滑ることです。そのためにもロフト調整は慎重に行うことが必要です。

その際にそのパターのフェース面がどんな素材でできているか?でロフトを考えています。WHITE HOT や O-WORKS のような柔らかい素材であれば、ロフトは少なめでもつかまり感はかわりません。

ただボディと同じ素材でミーリングのみでフェース面の状態が作られた物であれば、接触時間が短くなりますので、ロフトを多めに設定しています。

多めにするとか少なめにするといっても0.5度の場合もありますし、インパクト時のロフトと縦のストローク軌道の数値からそれ以上に調整することもあります。

自分のパターがどんなスペックになっているのか?自分のストロークにマッチしたロフトになっているのか?を知りたい方は是非パッティングストローク分析を受けてみてください。パッティングストローク分析に関する詳しい情報は…

https://www.puttinglabo.com/?page_id=15

  • コメント: 2

関連記事

  1. パッティングは引きずらないこと

    2019.04.2

    パッティングは引きずらないこと

    パターがうまくいかない人の多くは一度のミスを次のパットに引きずってしまっています。普段通り…

    パッティングは引きずらないこと
  2. 肩甲骨を開くか?閉じるか?

    2019.06.28

    肩甲骨を開くか?閉じるか?

    パッティングのアドレスで肩甲骨の話をすることがよくあります。アドレスの時に肩甲骨を開いて肩…

    肩甲骨を開くか?閉じるか?
  3. パターのスペック確認をしましょう

    2018.08.20

    パターのスペック確認をしましょう

    以前お話ししましたが、市販パターは同じモデルでも構えやすいもの、構えにくいものがあります。その構えに…

    パターのスペック確認をしましょう
  4. 易しいパターって何だろう?

    2020.03.30

    易しいパターって何だろう?

    易しいパターの定義はなかなか難しく、その人の弱点をカバーしてくれるものが易しいパターということにな…

    易しいパターって何だろう?
  5. 柔らかいグリップが合うタイプの人

    2019.05.27

    柔らかいグリップが合うタイプの人

    昨日は柔らかいグリップが合わない人の話をしたので、今日は逆に柔らかいグリップが合う人の話をします。…

    柔らかいグリップが合うタイプの人
  6. 高麗グリーンで気をつけること

    2018.12.10

    高麗グリーンで気をつけること

    先日久しぶりに高麗グリーンでプレーしてきました。高麗グリーンはベントグリーンと違いパッティン…

    高麗グリーンで気をつけること
  7. パターカバーはどうしていますか?

    2019.12.26

    パターカバーはどうしていますか?

    パターに傷がついてがっかりすることって結構ありますよね。それがセルフプレーでは起きないのに…

    パターカバーはどうしていますか?
  8. パッティングはシンプルに

    2019.10.15

    パッティングはシンプルに

    以前はショートパットの自信がなく、いつもびくびくしながら打っていました。ですが、パッティン…

    パッティングはシンプルに
  9. ボールにラインを十字に入れる

    2018.11.16

    ボールにラインを十字に入れる

    以前も話題にしたことがあるかもしれませんが、ボールにラインを入れる話です。今回は真っ直ぐのラ…

    ボールにラインを十字に入れる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP