パッティングストローク分析をしていてアウトサイドインになっている人は結構いらっしゃいます。それとは逆にアウトサイドインにならないように意識をし過ぎて強いインサイドアウトになってしまっている方もいらっしゃいます。

どちらも安定していれば場合によっては直す必要はないのですが、直す必要がないと言ってもやはり綺麗に打ちたいと思う方がほとんどです。

ですが、トライはしてみるけどなかなか直らずあきらめるパターンも多いのも事実です。

SAM PuttLab でのストローク分析ではこのストローク起動が数値で表されます。この数値をどうにか変えようと色々な方法で試してもらいますが、すぐに修正は可能です。

それは色々な小道具を使うのですが、相当それで癖をつけないとそれがなくなった時にうまくできることはありません。運動能力が高いとか器用な人はすぐにできる場合もありますが、その場合やり過ぎになることが多々あります。

小道具無しでどのくらい意識したら思っている動きができるのか?これがつかめると修正は早いです。

  • コメント: 2

関連記事

  1. パターのシャフトを重くする効果

    2018.07.12

    パターのシャフトを重くする効果

    パター用のシャフトに色々種類があるのはご存知でしょうか?ウッドやアイアンはシャフト交換という…

    パターのシャフトを重くする効果
  2. ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    2018.10.16

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    私の場合ストローク軌道が悪い状態になるとインに引きすぎてしまいます。インに引いて主に起こるのはプッシ…

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法
  3. 自分の基準になるストロークを作る

    2019.04.17

    自分の基準になるストロークを作る

    よくその日のグリーンのスピードをどう考えるんですか?と聞かれることがあります。そんな時にお…

    自分の基準になるストロークを作る
  4. 柔らかいグリップに注意すべき人

    2019.05.23

    柔らかいグリップに注意すべき人

    最近では ODYSSEY が純正グリップに Super Stroke を採用したり、Scotty …

    柔らかいグリップに注意すべき人
  5. 期待しすぎないパッティング

    2018.11.20

    期待しすぎないパッティング

    私自身も含めてパッティングの結果を期待し過ぎている方が多いと思います。期待が大きければ大きい…

    期待しすぎないパッティング
  6. どっちに曲がるかわからない

    2018.11.15

    どっちに曲がるかわからない

    パッティングのラインを読むときに見る方向でラインが変わることって結構ありますよね。私の場合グ…

    どっちに曲がるかわからない
  7. 遠過ぎるボールとの距離

    2019.03.13

    遠過ぎるボールとの距離

    先日近すぎるボールとの距離についてお話ししましたが、今日はその逆の遠すぎるボール位置についてです。…

    遠過ぎるボールとの距離
  8. 下半身を動かさない意識

    2019.04.19

    下半身を動かさない意識

    パッティングストローク分析をしていると、下半身(特に後ろ足の膝)が動く人がかなりいます。膝…

    下半身を動かさない意識
  9. 市販パターを使う上での知っておくべきこと

    2018.06.18

    市販パターを使う上での知っておくべきこと

    なんだかパターが構えにくいと言っていらっしゃる方が結構います。その違和感はこんな感じです。1…

    市販パターを使う上での知っておくべきこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP