みなさん自分がどんな状況の時にどんなミスをするか?把握できていますか?これを知っていると色々な対処方法が考えられます。

自分の場合はフックラインの時にアドレスを変えずに、テークバックの方向を変えて打ち出し方向を変えてしまっています。これはいつものストロークと違う動きなので、思った方向に打ち出せる確率が減ってきます。もちろんうまくいくこともあるのですが、なんだか違和感が残ります。

元々軽いオープンスタンスなので、右方向に向くのは苦手です。ショットも同様で、ドローイメージで打った時にはインサイドアウトが強くなりすぎて、プッシュアウトやプッシュスライスが出てしまいます。

こう言う弱点があるので、いつもと同じ軌道でストロークができるようにアドレスでしっかり打ちたい方向に向くことを意識しながらやっています。

皆さんもどうしても出てしまうミスがあると思います。それがどんな状況の時なのか?を把握することで対処方法を考えられますので、注意深く自分を観察してみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ボールが左目の下にあることが絶対か?

    2018.07.11

    ボールが左目の下にあることが絶対か?

    よく左目の下にボールを置くと良いと言われていますが、これに関しては特に根拠はありません。真っ…

    ボールが左目の下にあることが絶対か?
  2. 近過ぎるボールとの距離

    2019.03.11

    近過ぎるボールとの距離

    ストローク分析をする際に最初にフリーで打っていただいて色々観察させていただくのですが、ボールとの距…

    近過ぎるボールとの距離
  3. 遠過ぎるボールとの距離

    2019.03.13

    遠過ぎるボールとの距離

    先日近すぎるボールとの距離についてお話ししましたが、今日はその逆の遠すぎるボール位置についてです。…

    遠過ぎるボールとの距離
  4. STRAIGHT TRAX で練習

    2019.01.24

    STRAIGHT TRAX で練習

    先日購入してみたレッドベターの練習グッズの「STRAIGHT TRAX」で練習してみました。…

    STRAIGHT TRAX で練習
  5. 自分がやろうとしていることとやっていること

    2018.08.9

    自分がやろうとしていることとやっていること

    私のフィッティングやストローク分析ではよく言っているのですが、データを見てもらうことの意味は「自分が…

    自分がやろうとしていることとやっていること
  6. 超難しい練習グッズ

    2018.12.4

    超難しい練習グッズ

    先日やってみた練習グッズがどうにも難しくて練習になっているのかどうかわからないほどだったので紹介しま…

    超難しい練習グッズ
  7. フェースローテーションはするものではありません 1/2

    2018.07.17

    フェースローテーションはするものではありません 1/2

    パッティングストロークの分析をしに来ていたいた時に皆さんに聞くことがあります。最初にフリーで…

    フェースローテーションはするものではありません 1/2
  8. パターのスペック確認をしましょう

    2018.08.20

    パターのスペック確認をしましょう

    以前お話ししましたが、市販パターは同じモデルでも構えやすいもの、構えにくいものがあります。その構えに…

    パターのスペック確認をしましょう
  9. アドレスでのハンドファーストの度合い

    2019.03.1

    アドレスでのハンドファーストの度合い

    パッティングストロークの分析をしていて、表題のハンドファーストの度合いを聞かれることがよくあります…

    アドレスでのハンドファーストの度合い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP