今日は パッティングストローク分析を受けてくれた方のデータを紹介します(数年前のデータですが…)。

SAM PuttLab にはそのストロークの点数が出てきます。総合点はk「Tendency」「Timing」「Consistency」の3種類のパラメータから計算されます。

その中でも Consistency の点数はその50%が総合点に加味されます。それ以外は25%になります。

Consistency は何かと言うと「再現性」という意味になります。SAM PuttLab で出てくる色々な数値に再現性がどのくらいあるかを点数にしています。

それが理想的な動きではなくても、毎回同じように動いて入れば点数は高くなります。今回はその再現性がどんな分布になっているかを見てみました。


上の画像だとみにくいので拡大してみてみるにはこちらをクリック

結果はこんな感じなのですが、90点以上の高得点の人は全体の4%足らずで、80点以上になると36%になります。分布上一番人数が多いのは80-85点の人で、75点以上とれていればまずまずの結果と言えると思います。

ストローク分析を受けていただいた方にはその時の分析データをお渡ししています。自分のパッティングがどんな位置にいるのか見てみると面白いと思います。

  • コメント: 6

関連記事

  1. 柔らかいグリップが合うタイプの人

    2019.05.27

    柔らかいグリップが合うタイプの人

    昨日は柔らかいグリップが合わない人の話をしたので、今日は逆に柔らかいグリップが合う人の話をします。…

    柔らかいグリップが合うタイプの人
  2. エースパターってどんなパター?

    2019.04.25

    エースパターってどんなパター?

    エースパターを作っている人は少なくないと思います。パターは他のクラブと違って数本持っている方が結構…

    エースパターってどんなパター?
  3. STABILITY Shaft 実験6

    2019.06.27

    STABILITY Shaft 実験6

    昨日の比較データに引き続きこれも STABILITY Sahft の効果だろうと思える部分を紹介し…

    STABILITY Shaft 実験6
  4. グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    2018.08.3

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    グリーン上で気をつけていることは結構あります。ちょっと挙げてみると...ピッチマークの補修…

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修
  5. 引きたい方向に引きにくくしてないか?

    2019.03.12

    引きたい方向に引きにくくしてないか?

    テークバックをしていきたい方向にどうもうまくあがらないという人が結構いらっしゃいます。それ…

    引きたい方向に引きにくくしてないか?
  6. こんなになる前に交換!

    2019.09.17

    こんなになる前に交換!

    先日のラウンドでは新しいシャフトを入れたパターを持って帰るのを忘れてしまい、家にあるパターをとりあ…

    こんなになる前に交換!
  7. 小さいテークバックで良いことはありません

    2019.06.3

    小さいテークバックで良いことはありません

    パッティングストローク分析をするときに、フリーで打ってもらって色々な考えをお聞きします。そ…

    小さいテークバックで良いことはありません
  8. パット数を数えていますか?

    2018.12.7

    パット数を数えていますか?

    パット数といってもいろいろな数え方があります。グリーン上で打ったパット数だけを数える方法と、…

    パット数を数えていますか?
  9. 腹圧を上げてパッティングする

    2018.06.27

    腹圧を上げてパッティングする

    「腹圧を上げる」って言われてもパッティングに関係があるのか?と思う方が多いかもしれません。し…

    腹圧を上げてパッティングする

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP