今日は パッティングストローク分析を受けてくれた方のデータを紹介します(数年前のデータですが…)。

SAM PuttLab にはそのストロークの点数が出てきます。総合点はk「Tendency」「Timing」「Consistency」の3種類のパラメータから計算されます。

その中でも Consistency の点数はその50%が総合点に加味されます。それ以外は25%になります。

Consistency は何かと言うと「再現性」という意味になります。SAM PuttLab で出てくる色々な数値に再現性がどのくらいあるかを点数にしています。

それが理想的な動きではなくても、毎回同じように動いて入れば点数は高くなります。今回はその再現性がどんな分布になっているかを見てみました。


上の画像だとみにくいので拡大してみてみるにはこちらをクリック

結果はこんな感じなのですが、90点以上の高得点の人は全体の4%足らずで、80点以上になると36%になります。分布上一番人数が多いのは80-85点の人で、75点以上とれていればまずまずの結果と言えると思います。

ストローク分析を受けていただいた方にはその時の分析データをお渡ししています。自分のパッティングがどんな位置にいるのか見てみると面白いと思います。

  • コメント: 6

関連記事

  1. STABILITY Shaft 実験5

    2019.06.26

    STABILITY Shaft 実験5

    STABILITY Shaft 装着のパターと、通常のシャフトを装着したパターの比較を SAM P…

    STABILITY Shaft 実験5
  2. 右サイドを動かさない意識

    2018.08.23

    右サイドを動かさない意識

    パッティングに限らず右サイドを動かさない意識を常に持っています。特にパッティングでは右サイド…

    右サイドを動かさない意識
  3. 超難しい練習グッズ

    2018.12.4

    超難しい練習グッズ

    先日やってみた練習グッズがどうにも難しくて練習になっているのかどうかわからないほどだったので紹介しま…

    超難しい練習グッズ
  4. パターのバランスは参考値

    2020.01.6

    パターのバランスは参考値

    パターもクラブなのでもちろんスイングバランスというものがあります。ただバランスがいくつだ…

    パターのバランスは参考値
  5. ラウンド前の練習グリーンで

    2018.12.6

    ラウンド前の練習グリーンで

    先日のホームコースでのラウンドはパット数が15-13の28パット。こんなに良いパット数はなか…

    ラウンド前の練習グリーンで
  6. 利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    2018.09.3

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    フェースを真っ直ぐに向けるイメージは人によって作り方が異なります。自分の場合は間違いなく利き…

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?
  7. パッティングストロークのリズム

    2019.07.19

    パッティングストロークのリズム

    ショットでもパッティングでもリズムの話が出てきます。私もリズムという話をすることが結構あり…

    パッティングストロークのリズム
  8. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果2

    2019.05.16

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果2

    今日は細かいデータではなく、結果どっち打ち出せたかのデータを見てみました。このデータが一番…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果2
  9. サイトライン無しのパターは貴重

    2019.09.5

    サイトライン無しのパターは貴重

    最近はピン型のヘッドでサイトラインが無いモデルを作っているメーカーが少なくなりました。世の…

    サイトライン無しのパターは貴重

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP