今回の Rocker Sole Remake はバックフェースの彫刻がある SUS303 素材のモデルにしたので、表面処理はなくてもそのまま使えます。

ステンレスヘッドなのでほとんどのメッキは施すことができます。できるメッキとしては、クロムメッキ、薄い金色になるソフトブラックメッキ、黒いメッキのボロンメッキ、銅メッキなどが可能です。

実際の色を見ていただくと…


これが銅メッキのブラスト仕上げ


これがボロンブラック仕上げ


こちらがソフトブラック

メッキ加工は最初にすることもできますが、使った後にすることもできます。今回自分の物はまずステンレス無垢のまま行ってみようと思います。


これはステンレス無垢の状態で、色入れは濃いグレーを入れています。この組み合わせがシンプルで結構好きです。

打刻はやはり銅メッキのパターのように “TOSHI” か “H.E.” をヒールに入れて、トウ側には “RSR18S” とでも入れましょうか…。ちょっと悩みます(笑)。

Rocker Sole Remake は現在発売記念価格で限定販売中です。この機会に自分にぴったりのパターを手に入れてください!duckbill golf Rocker Sole Remake に関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
https://www.puttinglabo.com/?product=rocker-sole-remake

  • コメント: 1

関連記事

  1. オープン/クローズになってみる

    2019.02.27

    オープン/クローズになってみる

    テークバックの方向がうまくイメージできない人がたまにいらっしゃいます。そんな時に試していた…

    オープン/クローズになってみる
  2. フェースの素材とボール

    2019.02.25

    フェースの素材とボール

    ボールの種類によってドライバーのつかまりが変わったりしますが、パターのフェース面の素材と、ボールに…

    フェースの素材とボール
  3. 体重のかかり方、ボールからの距離の確認

    2018.11.5

    体重のかかり方、ボールからの距離の確認

    自宅にパッティングミラーがあればいいのですが、なかなかそれを持っている人は少ないと思います。…

    体重のかかり方、ボールからの距離の確認
  4. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道
  5. 良いストロークをしようと思いすぎると…

    2018.11.2

    良いストロークをしようと思いすぎると…

    パッティングで自分の思う理想のストロークをしようと思うと、いくつも気をつけなくてはならない場合があり…

    良いストロークをしようと思いすぎると…
  6. Too much(やりすぎ) はダメ

    2018.10.4

    Too much(やりすぎ) はダメ

    Too much(やりすぎ) はゴルフには禁物です。ゴルフでのやりすぎにはいろいろなものがあ…

    Too much(やりすぎ) はダメ
  7. 曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    2018.07.23

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    このブログを見てらっしゃる方はほとんどの方がわかっていることだとは思いますが、念のため書いておきます…

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる
  8. ラウンド前のパター練習

    2018.11.14

    ラウンド前のパター練習

    みなさんラウンド前にショットの練習はしなくてもパットの練習はしている方が多いと思います。今日は私がど…

    ラウンド前のパター練習
  9. シャフトを重くすると… その2

    2018.11.1

    シャフトを重くすると… その2

    重いシャフトは軽いシャフトよりも硬くなる場合がほとんどです。硬くなるとヘッドの硬さの感じ方も変わって…

    シャフトを重くすると… その2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP