今回はロフト角とライ角の決定です。ここは転がりに影響する一番重要なところです。

このスペックの決定にはパッティングストローク分析に使う SAM PuttLab を使います。まずはノーマルのヘッド(ライ角70度、ロフト3度)のヘッドで長さだけを合わせた状態でデータをとってみました。ここで重要なのは自分が置きたい手の位置でストロークすることです。たとえトウが上がったりヒールが浮いたりしても気にせず打ちます。自分の場合は少しトウが浮いた状態でした。

まずはインパクト時のデータを見てみると、トウが1.1度浮いていることがわかります。0.5度くらい浮いているのが気持ちがいいので、ライ角は69.5度にすることに決定。

次にロフト角は転がりのデータの部分で判断します。

このデータの結果から若干のハンドファーストで当たっていますが、少し地面からボールが上がり過ぎているのと、打点がフェースの上の方になってしまっているのを考慮し、3.0度にロフト調整することにしました。

これでロフト角/ライ角は決定。とは言っても実際に打ってみながら微調整もすることができますので、とりあえずのスペックになります。

次回はグリップを考えます。

Rocker Sole Remake は現在発売記念価格で限定販売中です。この機会に自分にぴったりのパターを手に入れてください!
duckbill golf Rocker Sole Remake に関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
https://www.puttinglabo.com/?product=rocker-sole-remake

  • コメント: 2

関連記事

  1. ボールにラインを十字に入れる

    2018.11.16

    ボールにラインを十字に入れる

    以前も話題にしたことがあるかもしれませんが、ボールにラインを入れる話です。今回は真っ直ぐのラ…

    ボールにラインを十字に入れる
  2. どっちに曲がるかわからない

    2018.11.15

    どっちに曲がるかわからない

    パッティングのラインを読むときに見る方向でラインが変わることって結構ありますよね。私の場合グ…

    どっちに曲がるかわからない
  3. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道
  4. フェース向きのコントロールの練習 1

    2018.08.6

    フェース向きのコントロールの練習 1

    ストロークの軌道は良いのにフェースがスクエアに戻ってこなくてまっすぐにボールが打ち出せない人がたまに…

    フェース向きのコントロールの練習 1
  5. フェースミーリングと打感の関係

    2018.08.2

    フェースミーリングと打感の関係

    よくゴルフクラブは打感がどうと言う話が出てきますね。その中でもパターに関しては好きな打感というのが存…

    フェースミーリングと打感の関係
  6. インサイドに引きすぎると…

    2019.02.4

    インサイドに引きすぎると…

    パターヘッドの軌道はインサイドインが良いという話を聞いたりして、わざわざその動きを自分でしようとし…

    インサイドに引きすぎると…
  7. パッティングストローク分析で

    2018.11.6

    パッティングストローク分析で

    最近パッティングストロークの分析をしていて、似たようなパターンの方が何人かいらっしゃったので、その時…

    パッティングストローク分析で
  8. フェースローテーションはするものではありません 1/2

    2018.07.17

    フェースローテーションはするものではありません 1/2

    パッティングストロークの分析をしに来ていたいた時に皆さんに聞くことがあります。最初にフリーで…

    フェースローテーションはするものではありません 1/2
  9. 期待しすぎないパッティング

    2018.11.20

    期待しすぎないパッティング

    私自身も含めてパッティングの結果を期待し過ぎている方が多いと思います。期待が大きければ大きい…

    期待しすぎないパッティング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP