今回はロフト角とライ角の決定です。ここは転がりに影響する一番重要なところです。

このスペックの決定にはパッティングストローク分析に使う SAM PuttLab を使います。まずはノーマルのヘッド(ライ角70度、ロフト3度)のヘッドで長さだけを合わせた状態でデータをとってみました。ここで重要なのは自分が置きたい手の位置でストロークすることです。たとえトウが上がったりヒールが浮いたりしても気にせず打ちます。自分の場合は少しトウが浮いた状態でした。

まずはインパクト時のデータを見てみると、トウが1.1度浮いていることがわかります。0.5度くらい浮いているのが気持ちがいいので、ライ角は69.5度にすることに決定。

次にロフト角は転がりのデータの部分で判断します。

このデータの結果から若干のハンドファーストで当たっていますが、少し地面からボールが上がり過ぎているのと、打点がフェースの上の方になってしまっているのを考慮し、3.0度にロフト調整することにしました。

これでロフト角/ライ角は決定。とは言っても実際に打ってみながら微調整もすることができますので、とりあえずのスペックになります。

次回はグリップを考えます。

Rocker Sole Remake は現在発売記念価格で限定販売中です。この機会に自分にぴったりのパターを手に入れてください!
duckbill golf Rocker Sole Remake に関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
https://www.puttinglabo.com/?product=rocker-sole-remake

  • コメント: 6

関連記事

  1. スタンスを決めるときに意識すること

    2018.10.19

    スタンスを決めるときに意識すること

    何気なくとっているスタンスですが、ショットの時同様体重のかかり方が結構重要です。パッティング…

    スタンスを決めるときに意識すること
  2. ショットの傾向がパッティングに…

    2019.12.5

    ショットの傾向がパッティングに…

    ショットで出ているミスと同じ作用機序でパッティングが出ているというのはよくある話です。パッ…

    ショットの傾向がパッティングに…
  3. グリップとバランスの関係

    2019.12.16

    グリップとバランスの関係

    パターのグリップを変えるときにグリップ重量に関して気をつけている方は結構多いと思います。数…

    グリップとバランスの関係
  4. フォローの動きの意識

    2019.07.16

    フォローの動きの意識

    昨日はテークバックで左脇が縮む意識すると良いという話をしました。今日はフォロースルーでの動…

    フォローの動きの意識
  5. パターのシャフトを重くする効果

    2018.07.12

    パターのシャフトを重くする効果

    パター用のシャフトに色々種類があるのはご存知でしょうか?ウッドやアイアンはシャフト交換という…

    パターのシャフトを重くする効果
  6. CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド

    2019.09.25

    CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft を入れてラウンドしてきま…

    CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド
  7. 私に合うパターはどんな形ですか?

    2019.01.21

    私に合うパターはどんな形ですか?

    パッティングストロークの分析にいらして、自分にどんなパターが合うかを知りたいという方が結構いらっしゃ…

    私に合うパターはどんな形ですか?
  8. 理想の打ち方がその人に合うとは限らない

    2019.09.2

    理想の打ち方がその人に合うとは限らない

    「理想の打ち方」について最近よく考えています。ですが答えは一つではないことにいつも気づかさ…

    理想の打ち方がその人に合うとは限らない
  9. ボールのラインを合わせることのメリット

    2018.08.24

    ボールのラインを合わせることのメリット

    ボールのプリントに直線部分があったりすると、そこをターゲットに向けてボールを置いたり、自分で太いライ…

    ボールのラインを合わせることのメリット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP