今回はロフト角とライ角の決定です。ここは転がりに影響する一番重要なところです。

このスペックの決定にはパッティングストローク分析に使う SAM PuttLab を使います。まずはノーマルのヘッド(ライ角70度、ロフト3度)のヘッドで長さだけを合わせた状態でデータをとってみました。ここで重要なのは自分が置きたい手の位置でストロークすることです。たとえトウが上がったりヒールが浮いたりしても気にせず打ちます。自分の場合は少しトウが浮いた状態でした。

まずはインパクト時のデータを見てみると、トウが1.1度浮いていることがわかります。0.5度くらい浮いているのが気持ちがいいので、ライ角は69.5度にすることに決定。

次にロフト角は転がりのデータの部分で判断します。

このデータの結果から若干のハンドファーストで当たっていますが、少し地面からボールが上がり過ぎているのと、打点がフェースの上の方になってしまっているのを考慮し、3.0度にロフト調整することにしました。

これでロフト角/ライ角は決定。とは言っても実際に打ってみながら微調整もすることができますので、とりあえずのスペックになります。

次回はグリップを考えます。

Rocker Sole Remake は現在発売記念価格で限定販売中です。この機会に自分にぴったりのパターを手に入れてください!
duckbill golf Rocker Sole Remake に関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
https://www.puttinglabo.com/?product=rocker-sole-remake

  • コメント: 6

関連記事

  1. 本当にパッティングが悪かったのか?

    2020.01.17

    本当にパッティングが悪かったのか?

    パッティングの結果は結構ラウンドでひきずることがあります。でもそれってもしかしたらパッテ…

    本当にパッティングが悪かったのか?
  2. パッティングはシンプルに

    2019.10.15

    パッティングはシンプルに

    以前はショートパットの自信がなく、いつもびくびくしながら打っていました。ですが、パッティン…

    パッティングはシンプルに
  3. ライ角/ロフト角調整時の注意 その1

    2020.03.9

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その1

    最近は月に20本以上のパターの調整をしています。他で断られたパターもお持ちいただければだいたいの…

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その1
  4. CAPTO 検証5 トウアップ/ヒールアップ

    2020.05.1

    CAPTO 検証5 トウアップ/ヒールアップ

    今日はトウアップ、ヒールアップ時のデータを比較してみました。このアドレス(インパクト)で…

    CAPTO 検証5 トウアップ/ヒールアップ
  5. パッティングでのふところ

    2018.08.17

    パッティングでのふところ

    アドレスの時にボールの距離があっていない人が結構いらっしゃいます。今回はこのボールとの距離についてお…

    パッティングでのふところ
  6. インパクト後の余計な動き

    2018.11.8

    インパクト後の余計な動き

    結構このインパクト後の余計な動きをされる方が多いです。この余計な動きが自分が行きたくない方向…

    インパクト後の余計な動き
  7. STABILITY Shaft 実験3

    2019.06.20

    STABILITY Shaft 実験3

    先日作った TRUECoG CUPRUM が少しヘッドがききすぎてしまった印象があったので、ヘッド…

    STABILITY Shaft 実験3
  8. シャフトを重くすると… その1

    2018.10.31

    シャフトを重くすると… その1

    パターのシャフトを重くしてみたいと思っている人は多いかと思います。みなさんが期待しているのは…

    シャフトを重くすると… その1
  9. 細いグリップが合う人

    2018.08.31

    細いグリップが合う人

    先日は太いパターグリップが合う人について話しました。今回は逆に細いグリップが合う人の話です。…

    細いグリップが合う人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP