少し前までは自分のパターの長さは33インチと決めていたのですが、最近のパターは33.75インチにしていました。ですが最近その長さにも本当にこれでいいのだろうか?という疑問が出てきています。

そして今回はパッティングミラーを使いながら色々な長さを構えてみました。自分が置きたい手の位置、気持ち良い前傾の角度を感じながらやってみました。

そうすると自然にボールが左目の下に来る位置は33.25インチでした。やはり33.75インチは長すぎましたね。33.25インチになるとボールの位置が良くなるのとともに、自分の場合は肩甲骨が開いてパッティングする際に必要な可動域が広がります。

それによって動きもスムーズになりバックストロークで揺れたりすることもほとんどなくなります。今まで長かったときは肩甲骨の開きが足りなかったので、動きが悪かったんでしょうね。

そしてシャフトに関してはいろいろな重さの物を試したのですが、安定する感じがしたのはやはり重めのシャフト。ただ今まで通りのシャフト(TrueTemper STP-38というステップなしのシャフト)でバランスポイントに鉛を張るといい感じになることも確認できました。

というわけでシャフトは今まで通りのシャフトにして、シャフト内部にタングステンのパウダーを入れてみようと思っています。

これで長さとシャフトが決まりました。次はロフト角とライ角です。

Rocker Sole Remake は現在発売記念価格で限定販売中です。この機会に自分にぴったりのパターを手に入れてください!
duckbill golf Rocker Sole Remake に関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
https://www.puttinglabo.com/?product=rocker-sole-remake

  • コメント: 0

関連記事

  1. 自宅での効果的な練習 その2

    2019.01.18

    自宅での効果的な練習 その2

    自宅でできる効果的なパッティング練習の2回目です。今回は打ち出し方向を合わせる練習です。これ…

    自宅での効果的な練習 その2
  2. アドレスでのハンドファーストの度合い

    2019.03.1

    アドレスでのハンドファーストの度合い

    パッティングストロークの分析をしていて、表題のハンドファーストの度合いを聞かれることがよくあります…

    アドレスでのハンドファーストの度合い
  3. フェース素材の違いによるロフト調整

    2018.09.25

    フェース素材の違いによるロフト調整

    パターのロフト調整をする際に考慮していることがあります。ロフトはボールをつかまえるために必要です。ボ…

    フェース素材の違いによるロフト調整
  4. パッティングでのふところ

    2018.08.17

    パッティングでのふところ

    アドレスの時にボールの距離があっていない人が結構いらっしゃいます。今回はこのボールとの距離についてお…

    パッティングでのふところ
  5. ショートパットで考えること

    2019.01.22

    ショートパットで考えること

    ショートパットはこれまでのロングパット、ミドルパットと違って入れたいという意識が強くなりますし、考え…

    ショートパットで考えること
  6. パッティングで大事なのは打ち出し方向

    2018.06.5

    パッティングで大事なのは打ち出し方向

    パッティングストローク分析をしていて重要なのは綺麗に打つことではなく、打ちたい方向に真っ直ぐに打ち出…

    パッティングで大事なのは打ち出し方向
  7. 自分に合った長さを見つけるには? 1/2

    2018.06.7

    自分に合った長さを見つけるには? 1/2

    市販されているパターの長さは女性用は32インチ。男性用は33インチ、34インチに加えて35インチもラ…

    自分に合った長さを見つけるには? 1/2
  8. 太いグリップが合う人

    2018.08.30

    太いグリップが合う人

    パター用のグリップは本当にたくさんの種類があります。色々な素材、色々な色、そして色々な形状.…

    太いグリップが合う人
  9. ウェイトの交換で重心は動くのか?

    2019.02.5

    ウェイトの交換で重心は動くのか?

    Scotty Cameron のパターに使えるウェイトを以前購入してあったのでちょっと面白い実験を…

    ウェイトの交換で重心は動くのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP