自分用に SUS303 素材の Rocker Sole Remake を作ってみようと思います。これまで軟鉄ヘッドに銅メッキを施した物を使っていましたが、今度は一般的なステンレス素材です。

今エースで使っている TRUECoG CUPRUM と TRUECoG SUS303 を比較するとSUS303 の方が弾く感覚があります。

そのあたりも考慮しながら実際に自分で自分のスペックを決めるという難しいことをやってみようと思います。これから何回かにわたってスペック決定から完成までを順を追って紹介したいと思います。

Rocker Sole Remake の SUS303 バージョンにはいくつかのヘッドがあります。サイトラインの有り無しに加えて、サイトラインの場所や、サイトドットも選べます。

ですがここは今ではなかなか無い、サイトラインもサイトドットも無いヘッドを選択しました。自分の場合あまりラインとかを頼りにセットアップをしているわけではないのでこれを選択。

ジョーダン・スピースのようにサイトラインがトップブレードに入った物も迷ったのですが、ラインやドットは後からでも入れられるので、まずはこれにしました(後加工の場合最初から入っているものよりコストがかかります)。

バックフェースの文字ですが、ここは結構こだわって作ったので、打刻を入れる楽しみは半減しますが、こちらを選択。これでヘッドは決定。次は色々なパターを構成するスペックの決定です。

Rocker Sole Remake は現在発売記念価格で限定販売中です。この機会に自分にぴったりのパターを手に入れてください!
duckbill golf Rocker Sole Remake に関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
https://www.puttinglabo.com/?product=rocker-sole-remake

  • コメント: 14

関連記事

  1. 自分の基準になるストロークを作る

    2019.04.17

    自分の基準になるストロークを作る

    よくその日のグリーンのスピードをどう考えるんですか?と聞かれることがあります。そんな時にお…

    自分の基準になるストロークを作る
  2. ライ角/ロフト角調整時の注意 その1

    2020.03.9

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その1

    最近は月に20本以上のパターの調整をしています。他で断られたパターもお持ちいただければだいたいの…

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その1
  3. 考えなくてもできるから再現性が上がる

    2020.02.12

    考えなくてもできるから再現性が上がる

    どうしたら再現性が高い動きができるか?よく聞かれます。その時にお話しすることを今日は書こうと思い…

    考えなくてもできるから再現性が上がる
  4. 納得できるミスにするために

    2020.02.7

    納得できるミスにするために

    ミスを納得するって変な話ですが、「今のはこういう事が起きてミスが出たんだ」と納得して次のパットに…

    納得できるミスにするために
  5. テークバックで揺れる原因

    2019.10.8

    テークバックで揺れる原因

    先日ストローク分析された方でテークバックの軌道が安定しない方がいらっしゃいました。テークバ…

    テークバックで揺れる原因
  6. 旗竿を抜かずにプレーする

    2019.02.26

    旗竿を抜かずにプレーする

    旗をさしたままプレーするときにこんな風にしたら良さそうだという話しをちょっとします。まず、旗竿に当…

    旗竿を抜かずにプレーする
  7. スタンスの向きをチェック

    2019.05.8

    スタンスの向きをチェック

    昨日は足裏全体で立つという話をしました。正しく立てているという状況にはまだいくつか条件があります。…

    スタンスの向きをチェック
  8. ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

    2018.07.27

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

    ショルダーストロークを正しく理解できている人がどれだけいるでしょうか?もちろん自分もつい最近まで理解…

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1
  9. 右サイドを動かさない意識

    2018.08.23

    右サイドを動かさない意識

    パッティングに限らず右サイドを動かさない意識を常に持っています。特にパッティングでは右サイド…

    右サイドを動かさない意識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP