先日パターヘッドのカスタムの依頼を受けました。

パターは2本。どちらもツヤ無しのボロンブラックメッキ。それも打感にこだわりボロンブラックメッキの下に銅メッキを入れています。そのおかげもあってヘッド重量も4g前後増えました。

そして色入れは全てツヤありの黒で渋い色合いの仕上げ。その中でもサイトラインははっきりくっきりの白。

この画像は今では貴重な MIZUNO-BETTINARDI のハニカムフェースのパター。ハニカムフェースもきれいにメッキできます。


たまにこのパターンでの依頼があるのですが、やはり良い組み合わせですね。そしてこちらは PING ANSER 5 です。

依頼いただいたSさんには喜んでいただけました。この後どんなシャフトを入れてどんなグリップを入れるか楽しみです。あんまりかっこよく仕上がったので画像で紹介しました。

Putting Laboratory ではパターのカスタムを受け付けています。どんなカスタムもまずはご相談ください。パターのカスタマイズに関してはこちらでもご覧いただけます。
https://www.puttinglabo.com/?product=customize-2

  • コメント: 2

関連記事

  1. 同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…

    2019.08.21

    同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…

    グリーン上での同伴プレーヤーのパットは同じラインや、反対側のラインで自分がそのあとに打つ場合、貴重…

    同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…
  2. 重いヘッドの方が安定しやすい

    2019.04.18

    重いヘッドの方が安定しやすい

    ここ10年くらいでパターのヘッド重量は20g以上重くなっています。320g程度のヘッド重量…

    重いヘッドの方が安定しやすい
  3. クローグリップは球が転がる

    2019.07.1

    クローグリップは球が転がる

    自分だけなのかもしれませんが、どうしても打てなくなってショートしがちになった時はクローグリップに切…

    クローグリップは球が転がる
  4. 意外とヘッドアップしてた

    2019.06.7

    意外とヘッドアップしてた

    最近スマホのカメラの機能が良くなっていますね。ビデオの機能もスローモーションができたりして…

    意外とヘッドアップしてた
  5. 左足(前足)の開き具合をどうするか?

    2018.08.16

    左足(前足)の開き具合をどうするか?

    これまでたくさんの人のアドレスを見てきました。今回のお話の足の置き方は人それぞれかなり違います。これ…

    左足(前足)の開き具合をどうするか?
  6. フェースの下に当てるだけではない

    2019.02.22

    フェースの下に当てるだけではない

    転がりの良いパッティングをするためには、いろいろな条件があります。フェースの下で当てることはある…

    フェースの下に当てるだけではない
  7. 狙う方向のイメージを変えるだけでも

    2018.11.30

    狙う方向のイメージを変えるだけでも

    パッティングストロークの分析をしていて出てくるデータに打ち出し方向(角度)があります。以前も…

    狙う方向のイメージを変えるだけでも
  8. インサイドからはアッパー

    2019.06.11

    インサイドからはアッパー

    昨日はアウトサイドインの軌道がダウンブローになりやすいという話をしましたが、今日はその逆の話です。…

    インサイドからはアッパー
  9. 肘は伸ばすのか曲げるのか?

    2018.12.18

    肘は伸ばすのか曲げるのか?

    パッティングのアドレスで肘を伸ばした方がいいのか、曲げた方がいいのかをよく聞かれます。私の答…

    肘は伸ばすのか曲げるのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP