パッティングストロークをシンプルに考えるには、インパクトで急激な加速や減速はしたくありません。

でもパンチが入ってオーバーしてしまったり、緩んでショートしたりにはいろいろな原因があります。

いろいろな人のストロークを見てきて思うのは、パンチが入る人のバックストロークの幅が小さく、緩む人の場合は大きくなっているような気がします。

バックストロークが小さいからインパクトで加速してパンチになります。またバックストロークが大きいからこのまま打つとオーバーしそうで緩んでしまうということです。

そんなミスがある方はどちらかを疑ってみてください。なんでパンチが入るかわからないという人はバックストロークの幅を少し大きくしてみると、良いリズムで打てるようになるかもしれません。

また緩む人は少しバックストロークの幅を小さくしてみてください。常に同じリズムで打てることがパッティングの安定につながります。

  • コメント: 4

関連記事

  1. ボール位置を確認する上での注意点

    2018.10.11

    ボール位置を確認する上での注意点

    自分がボールをどこに置いているかチェックするときに大事なことをお話します。ショットでのボール…

    ボール位置を確認する上での注意点
  2. 高麗グリーンで気をつけること

    2018.12.10

    高麗グリーンで気をつけること

    先日久しぶりに高麗グリーンでプレーしてきました。高麗グリーンはベントグリーンと違いパッティン…

    高麗グリーンで気をつけること
  3. できあがった実験用パター

    2019.04.8

    できあがった実験用パター

    実験用のパターができあがりました。使うパーツとしては、ヘッドが「Scotty Camero…

    できあがった実験用パター
  4. ボールのラインを合わせることのメリット

    2018.08.24

    ボールのラインを合わせることのメリット

    ボールのプリントに直線部分があったりすると、そこをターゲットに向けてボールを置いたり、自分で太いライ…

    ボールのラインを合わせることのメリット
  5. 重いヘッドの方が安定しやすい

    2019.04.18

    重いヘッドの方が安定しやすい

    ここ10年くらいでパターのヘッド重量は20g以上重くなっています。320g程度のヘッド重量…

    重いヘッドの方が安定しやすい
  6. ロフトチェックは大事

    2019.01.29

    ロフトチェックは大事

    パッティングストロークの分析前に必ずお持ちいただいたパターのスペックを計測するのですが、カタログ値…

    ロフトチェックは大事
  7. 良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    2019.03.19

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    ハンドファーストの仕方には良い方法と悪い方法があります。ハンドファーストというのはヘッドの…

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト
  8. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2018.08.1

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よくそんな事を言う人がいますが、この表現は危険です。正しくストロークすると真っ直ぐには引けま…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  9. 私に合うパターはどんな形ですか?

    2019.01.21

    私に合うパターはどんな形ですか?

    パッティングストロークの分析にいらして、自分にどんなパターが合うかを知りたいという方が結構いらっしゃ…

    私に合うパターはどんな形ですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP