人によってターゲット方向のイメージの仕方は異なります。

表題のように近くのスパットに対してフェースの向きを合わせてその方向に打ち出して行く人人もいますし、カップ縁からどのくらいのところに打ち出すかで近くの目標を作らずに打つ人もいます。

どちらが正解かはありません。ミドルパットと絶対に入れたいショートパットでやり方を変える人もいます。

それぞれのやり方にメリットとデメリットはありますが、決められない人は両方やってみると、やり易さの違いを感じると思います。

ただ先ほども言ったように、状況によって使い分けるのは良いと思います。自分も少し曲がるラインの微妙なパットの時には、なるべくシンプルにストロークするためにラインを使うこともあります。

実際にストロークする前に色々できることはやっておくのがいいですよね。それが自分にとってストロークをするのに安心なルーティーンになればさらにいいと思います。

  • コメント: 6

関連記事

  1. テークバックが小さいのはダメです

    2019.11.21

    テークバックが小さいのはダメです

    最近立て続けにテークバックを小さくしているという方がいらっしゃいました。以前も言いましたが…

    テークバックが小さいのはダメです
  2. フェース向きのコントロールの練習 1

    2018.08.6

    フェース向きのコントロールの練習 1

    ストロークの軌道は良いのにフェースがスクエアに戻ってこなくてまっすぐにボールが打ち出せない人がたまに…

    フェース向きのコントロールの練習 1
  3. ヘッドはどう動かす?

    2020.03.26

    ヘッドはどう動かす?

    パッティングストロークにはなるべく色々なところの動きを抑えて体で動くやり方と、ヘッドの動きを完全…

    ヘッドはどう動かす?
  4. 練習を重ねるということ

    2019.12.6

    練習を重ねるということ

    練習をあまりしない方が良いという言い方をしたくはないのですが、明らかに練習をし過ぎで悪い方向に行っ…

    練習を重ねるということ
  5. アドレス時にヘッドを浮かせる

    2020.03.6

    アドレス時にヘッドを浮かせる

    アドレスの時にヘッドを地面から浮かせている人が結構います。その理由はこんな感じです。テー…

    アドレス時にヘッドを浮かせる
  6. ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    2018.07.2

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    今日は今回の実験の方法を説明します。狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップ…

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編
  7. CAPTO 検証5 トウアップ/ヒールアップ

    2020.05.1

    CAPTO 検証5 トウアップ/ヒールアップ

    今日はトウアップ、ヒールアップ時のデータを比較してみました。このアドレス(インパクト)で…

    CAPTO 検証5 トウアップ/ヒールアップ
  8. 自分に合った長さを見つけるには? 1/2

    2018.06.7

    自分に合った長さを見つけるには? 1/2

    市販されているパターの長さは女性用は32インチ。男性用は33インチ、34インチに加えて35インチもラ…

    自分に合った長さを見つけるには? 1/2
  9. 手首を使わないために

    2018.12.19

    手首を使わないために

    ストローク中に手首を使わないためにどうしたらいいか?そんなことを結構聞かれることがあります。…

    手首を使わないために

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP