パター用のグリップは本当にたくさんの種類があります。

色々な素材、色々な色、そして色々な形状…選ぶのが大変です。そんな中で太めのグリップが合う人がどんな人かを少し考えてみました。

まず一般的によく言われるのが、大型マレットには太いグリップが合うという話があります。これについて考えてみると…


太いグリップの代名詞になりつつある “SuperStroke” は太いけど軽量

大型マレットの場合ほとんどのヘッドがヘッド重量が重めに設定されています。それに同じヘッド重量でも低重心だったり、ネックが無かったりすると同じヘッド重量のクランクネック付きのパターよりもバランスが出ます。

その重いヘッドバランスのパターを支えるのには太めのグリップの方がやり易いのは間違いありません。

その他に、フェースバランスやフェースバランスに近いパターはフェースの開閉がしにくいパターになりますので、ローテーションの動きが抑えられる太めのグリップは大型マレットに向いているということになります。

それとリズムが早くなったり、パンチが入ったりする人はそれを軽減する効果はあると思います。逆にいうとストロークのリズムがゆったりしていて、インパクトを作らない人には太めのグリップが合うということも言えると思います。

ただ二つ目のローテーションをしにくいことを目的にするのであれば、トウバランスのパターに太めのグリップを入れることは悪いことではありません。

「何かを実現するために」その性質を使うための変更は、それが一般的ではないやり方でも良いことだと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. フェース面のイメージは手の平?

    2019.02.14

    フェース面のイメージは手の平?

    私のフェース面のイメージは右の手の平です。右手のグリップを決める時に手の平がフェース面になるように…

    フェース面のイメージは手の平?
  2. パンチは本当にダメなのか?

    2018.11.7

    パンチは本当にダメなのか?

    結構「パンチが入っちゃうんだよね」という人がいらっしゃいます。パンチが入ってダメなのは、ある…

    パンチは本当にダメなのか?
  3. ボールの赤道より上を打つ?

    2018.11.29

    ボールの赤道より上を打つ?

    最近ボールの転がりをよくするとかで、「赤道より上をフェースの下(リーディングエッジ)で打つ」なんて言…

    ボールの赤道より上を打つ?
  4. 体重のかかり方、ボールからの距離の確認

    2018.11.5

    体重のかかり方、ボールからの距離の確認

    自宅にパッティングミラーがあればいいのですが、なかなかそれを持っている人は少ないと思います。…

    体重のかかり方、ボールからの距離の確認
  5. パターのシャフトを重くする効果

    2018.07.12

    パターのシャフトを重くする効果

    パター用のシャフトに色々種類があるのはご存知でしょうか?ウッドやアイアンはシャフト交換という…

    パターのシャフトを重くする効果
  6. 身体を動かさないとできないショルダーストローク

    2018.10.23

    身体を動かさないとできないショルダーストローク

    ショルダーストロークのイメージを伝えるのは結構大変なので、いつもは練習グッズを使って体感してもらって…

    身体を動かさないとできないショルダーストローク
  7. Too much(やりすぎ) はダメ

    2018.10.4

    Too much(やりすぎ) はダメ

    Too much(やりすぎ) はゴルフには禁物です。ゴルフでのやりすぎにはいろいろなものがあ…

    Too much(やりすぎ) はダメ
  8. 自宅でのパター練習で気をつけること

    2018.09.4

    自宅でのパター練習で気をつけること

    自宅でパター練習をしているという方は結構いらっしゃいますが、どんな練習をしているか聞いてみると、意外…

    自宅でのパター練習で気をつけること
  9. パターが変わったときに気を付けること

    2018.10.5

    パターが変わったときに気を付けること

    先日久しぶりにエースパターではないパターを使ってみたのですが、距離感が合わず苦労しました。ヘ…

    パターが変わったときに気を付けること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP