パター用のグリップは本当にたくさんの種類があります。

色々な素材、色々な色、そして色々な形状…選ぶのが大変です。そんな中で太めのグリップが合う人がどんな人かを少し考えてみました。

まず一般的によく言われるのが、大型マレットには太いグリップが合うという話があります。これについて考えてみると…


太いグリップの代名詞になりつつある “SuperStroke” は太いけど軽量

大型マレットの場合ほとんどのヘッドがヘッド重量が重めに設定されています。それに同じヘッド重量でも低重心だったり、ネックが無かったりすると同じヘッド重量のクランクネック付きのパターよりもバランスが出ます。

その重いヘッドバランスのパターを支えるのには太めのグリップの方がやり易いのは間違いありません。

その他に、フェースバランスやフェースバランスに近いパターはフェースの開閉がしにくいパターになりますので、ローテーションの動きが抑えられる太めのグリップは大型マレットに向いているということになります。

それとリズムが早くなったり、パンチが入ったりする人はそれを軽減する効果はあると思います。逆にいうとストロークのリズムがゆったりしていて、インパクトを作らない人には太めのグリップが合うということも言えると思います。

ただ二つ目のローテーションをしにくいことを目的にするのであれば、トウバランスのパターに太めのグリップを入れることは悪いことではありません。

「何かを実現するために」その性質を使うための変更は、それが一般的ではないやり方でも良いことだと思います。

  • コメント: 4

関連記事

  1. 誰が言ってるんだろう?

    2019.02.12

    誰が言ってるんだろう?

    パッティングストローク分析にいらっしゃる方で、結構同じようなストロークをされる方がいます。…

    誰が言ってるんだろう?
  2. パッティングでグリップを握る強さは?

    2018.06.15

    パッティングでグリップを握る強さは?

    よくグリップを握る強さについて聞かれることがあります。この質問に対しては即答で「しっかり握ってくださ…

    パッティングでグリップを握る強さは?
  3. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道
  4. アドレスの手の位置とパターのすわり

    2018.10.9

    アドレスの手の位置とパターのすわり

    パッティングにおけるヘッドを置く位置と、手の位置の関係は本当に人それぞれになります。例えばハ…

    アドレスの手の位置とパターのすわり
  5. 重いヘッドが本当にいいのか?

    2019.07.4

    重いヘッドが本当にいいのか?

    最近はヘッド重量が360gオーバーというパターが増えてきました。最初はマレットタイプだけだ…

    重いヘッドが本当にいいのか?
  6. パッティングストローク分析を受けてみませんか?

    2019.05.22

    パッティングストローク分析を受けてみませんか?

    いつもお勧めしているパッティングストローク分析ですが、5月いっぱいに限ってパッティングラボを見たと…

    パッティングストローク分析を受けてみませんか?
  7. Other Brand Putters

    2018.05.3

    Other Brand Putters

    ここではその他のブランドのカスタマイズしたパターの作品集を紹介します。カスタマイズオーダー時の参考に…

    Other Brand Putters
  8. ボールを置く位置が左過ぎないか?

    2018.10.12

    ボールを置く位置が左過ぎないか?

    みなさんボールを置く位置はある程度一定になっている方が多いです。ですが、そこに置いているからいつも同…

    ボールを置く位置が左過ぎないか?
  9. コースで打つ方が打感が良い

    2019.06.25

    コースで打つ方が打感が良い

    自宅のパッティングマットで打っている時と、グリーン上で打っている時の感覚が違うということが結構あり…

    コースで打つ方が打感が良い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP