よくゴルフクラブは打感がどうと言う話が出てきますね。その中でもパターに関しては好きな打感というのが存在します。それは人それぞれで、正解はありません。

ただ打感や打音は距離感に関係していることが結構あります。柔らかい打感のものはボールを打てるけど、硬い打感で音が出ると打てなくなるなんて言うことは結構起こります。

その打感に影響を与えるのがフェース面(打面)です。今回は素材ではなくミーリングについてお話しします。

最近ずいぶん減ってきましたが、ステンレスのヘッド素材のヘッド加工(CNC加工)時に削り痕を残すことで、ボールとの接触面積を減らすことができました。

この事が打感を良くすると言うことが広まり、そのような状態のパターヘッドがかなり増えました。

金属加工の業者さんにとっては切削途中の段階のようなできあがりですが、やがてそれは一般的になり、機械加工のシンボル的な意味合いまで持つようになりました。

その削り痕の深さを深くして更に打感を柔らかくしようとしたメーカーもありますが、一定以上の深さは打ち出し方向に影響を与えるのではないか?と言う話もあってか、最近では深いミーリングはあまり見かけなくなりました。

最近は上の画像くらいのフェース面の平坦性を考えた薄いミーリングが主流になりつつあります。

フェース面の素材がボディの素材と同じだったり、フェース面の素材が金属の物はミーリングの仕方で打感が変わることを覚えておいてください。もちろんフェース面の素材が樹脂などになると更に変わってきます。

  • コメント: 4

関連記事

  1. インパクトはアドレスの再現

    2018.12.17

    インパクトはアドレスの再現

    ショットではアドレスの位置に戻ってくるよりは若干ハンドファースト気味になるので、厳密にはインパクトが…

    インパクトはアドレスの再現
  2. ボールの赤道より上を打つ?

    2018.11.29

    ボールの赤道より上を打つ?

    最近ボールの転がりをよくするとかで、「赤道より上をフェースの下(リーディングエッジ)で打つ」なんて言…

    ボールの赤道より上を打つ?
  3. 初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018.05.22

    初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018年5月22日、新しいサイト「The Putting Laboratory(パッティングラボ)…

    初めまして、パッティングラボの遠藤です
  4. 今年も一年ありがとうございました

    2018.12.28

    今年も一年ありがとうございました

    2018年の更新は今日で最後となります。今日はご挨拶のみとなります。パターやパッティングに関…

    今年も一年ありがとうございました
  5. 自分の癖をつかむ

    2019.06.6

    自分の癖をつかむ

    パッティングストロークの分析をしていただいてよくわかるのは自分の癖です。癖はほとんどの場合…

    自分の癖をつかむ
  6. なぜショートパットを外すのか?

    2018.06.29

    なぜショートパットを外すのか?

    これは永遠のテーマな感じがします。しばらく外さないでいると徐々に自信も出てきて、良いストロー…

    なぜショートパットを外すのか?
  7. コースで打つ方が打感が良い

    2019.06.25

    コースで打つ方が打感が良い

    自宅のパッティングマットで打っている時と、グリーン上で打っている時の感覚が違うということが結構あり…

    コースで打つ方が打感が良い
  8. パッティングが上手そうに見える人

    2019.02.28

    パッティングが上手そうに見える人

    パッティングストローク分析をしていてこの人は上手そうだなと思うことが結構あります。フリーで…

    パッティングが上手そうに見える人
  9. ソールに鉛を貼ってフェースアングルを調整

    2019.02.6

    ソールに鉛を貼ってフェースアングルを調整

    ソールに鉛を貼るときには注意が必要という話しをしました。ということは、貼り方次第で色々な調…

    ソールに鉛を貼ってフェースアングルを調整

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP