よくゴルフクラブは打感がどうと言う話が出てきますね。その中でもパターに関しては好きな打感というのが存在します。それは人それぞれで、正解はありません。

ただ打感や打音は距離感に関係していることが結構あります。柔らかい打感のものはボールを打てるけど、硬い打感で音が出ると打てなくなるなんて言うことは結構起こります。

その打感に影響を与えるのがフェース面(打面)です。今回は素材ではなくミーリングについてお話しします。

最近ずいぶん減ってきましたが、ステンレスのヘッド素材のヘッド加工(CNC加工)時に削り痕を残すことで、ボールとの接触面積を減らすことができました。

この事が打感を良くすると言うことが広まり、そのような状態のパターヘッドがかなり増えました。

金属加工の業者さんにとっては切削途中の段階のようなできあがりですが、やがてそれは一般的になり、機械加工のシンボル的な意味合いまで持つようになりました。

その削り痕の深さを深くして更に打感を柔らかくしようとしたメーカーもありますが、一定以上の深さは打ち出し方向に影響を与えるのではないか?と言う話もあってか、最近では深いミーリングはあまり見かけなくなりました。

最近は上の画像くらいのフェース面の平坦性を考えた薄いミーリングが主流になりつつあります。

フェース面の素材がボディの素材と同じだったり、フェース面の素材が金属の物はミーリングの仕方で打感が変わることを覚えておいてください。もちろんフェース面の素材が樹脂などになると更に変わってきます。

  • コメント: 6

関連記事

  1. 転がりの良いボールを打つには

    2019.04.10

    転がりの良いボールを打つには

    ボールの転がりの評価は、クラブの縦の軌道と当たるときのインパクトロフトです。その組み合わせ…

    転がりの良いボールを打つには
  2. 予期せぬ事が起きても…

    2019.11.13

    予期せぬ事が起きても…

    先日のラウンドで数年ぶりに36パット以上打ちました(21-17の38パット)。グリーンのス…

    予期せぬ事が起きても…
  3. ショルダーストロークができれば

    2020.08.26

    ショルダーストロークができれば

    パッティングストロークの軌道はこのショルダーストロークができていると自然にインサイドインの軌道にな…

    ショルダーストロークができれば
  4. 気になっていたパターグリップ

    2020.04.8

    気になっていたパターグリップ

    少し前から気になっていたパターグリップが入荷しました。そのグリップは LAMKIN の …

    気になっていたパターグリップ
  5. ストロークが変わるきっかけ

    2020.03.19

    ストロークが変わるきっかけ

    今までよかったのに急に今までのことができなくなることってたまにあります。身近に自分の良い…

    ストロークが変わるきっかけ
  6. ミーリングが深いパターが少なくなった

    2019.07.3

    ミーリングが深いパターが少なくなった

    最近ミーリングが深いパターを見かけなくなりました。これには理由があると考えています。どんな…

    ミーリングが深いパターが少なくなった
  7. 腰が痛くなるまで練習したい

    2020.05.26

    腰が痛くなるまで練習したい

    関東1都3県と北海道の緊急事態宣言が解除になり、少しゴルフをする気が出てきました。店舗の方は6/1…

    腰が痛くなるまで練習したい
  8. 初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018.05.22

    初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018年5月22日、新しいサイト「The Putting Laboratory(パッティングラボ)…

    初めまして、パッティングラボの遠藤です
  9. 自分を知ることでミスを防ぐ

    2020.01.9

    自分を知ることでミスを防ぐ

    ラウンド中に出るミスの多くは一定の法則があったりすることが多いです。それを知っていることで回避で…

    自分を知ることでミスを防ぐ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP