よくゴルフクラブは打感がどうと言う話が出てきますね。その中でもパターに関しては好きな打感というのが存在します。それは人それぞれで、正解はありません。

ただ打感や打音は距離感に関係していることが結構あります。柔らかい打感のものはボールを打てるけど、硬い打感で音が出ると打てなくなるなんて言うことは結構起こります。

その打感に影響を与えるのがフェース面(打面)です。今回は素材ではなくミーリングについてお話しします。

最近ずいぶん減ってきましたが、ステンレスのヘッド素材のヘッド加工(CNC加工)時に削り痕を残すことで、ボールとの接触面積を減らすことができました。

この事が打感を良くすると言うことが広まり、そのような状態のパターヘッドがかなり増えました。

金属加工の業者さんにとっては切削途中の段階のようなできあがりですが、やがてそれは一般的になり、機械加工のシンボル的な意味合いまで持つようになりました。

その削り痕の深さを深くして更に打感を柔らかくしようとしたメーカーもありますが、一定以上の深さは打ち出し方向に影響を与えるのではないか?と言う話もあってか、最近では深いミーリングはあまり見かけなくなりました。

最近は上の画像くらいのフェース面の平坦性を考えた薄いミーリングが主流になりつつあります。

フェース面の素材がボディの素材と同じだったり、フェース面の素材が金属の物はミーリングの仕方で打感が変わることを覚えておいてください。もちろんフェース面の素材が樹脂などになると更に変わってきます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パターが変わったときに気を付けること

    2018.10.5

    パターが変わったときに気を付けること

    先日久しぶりにエースパターではないパターを使ってみたのですが、距離感が合わず苦労しました。ヘ…

    パターが変わったときに気を付けること
  2. 近くのスパットか?打っていく方向か?

    2018.08.29

    近くのスパットか?打っていく方向か?

    人によってターゲット方向のイメージの仕方は異なります。表題のように近くのスパットに対してフェ…

    近くのスパットか?打っていく方向か?
  3. パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要

    2018.07.25

    パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要

    色々な人のパッティングストロークを見ていて「これはダメだな...」と思うことが一つだけあります。多少…

    パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要
  4. アドレスの手の位置とパターのすわり

    2018.10.9

    アドレスの手の位置とパターのすわり

    パッティングにおけるヘッドを置く位置と、手の位置の関係は本当に人それぞれになります。例えばハ…

    アドレスの手の位置とパターのすわり
  5. パターのライ角を合わせることの重要性

    2018.06.26

    パターのライ角を合わせることの重要性

    パッティングストロークの分析をしていてライ角が合っていない人の数は全体の2/5くらいいるような気がし…

    パターのライ角を合わせることの重要性
  6. ボールを置く位置が左過ぎないか?

    2018.10.12

    ボールを置く位置が左過ぎないか?

    みなさんボールを置く位置はある程度一定になっている方が多いです。ですが、そこに置いているからいつも同…

    ボールを置く位置が左過ぎないか?
  7. フェース向きのコントロールの練習 2

    2018.08.7

    フェース向きのコントロールの練習 2

    今日はスクエアインパクトを練習する簡単な方法を紹介します。使うのはこれです。名刺が入…

    フェース向きのコントロールの練習 2
  8. パッティングで大事なのは打ち出し方向

    2018.06.5

    パッティングで大事なのは打ち出し方向

    パッティングストローク分析をしていて重要なのは綺麗に打つことではなく、打ちたい方向に真っ直ぐに打ち出…

    パッティングで大事なのは打ち出し方向
  9. 2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け

    2018.07.5

    2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け…

    TRUECoG シリーズには3種類のヘッド素材があってそのそれぞれが全て同じ設計になっています。ヘッ…

    2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP