よくそんな事を言う人がいますが、この表現は危険です。

正しくストロークすると真っ直ぐには引けません。グリップエンドと体の距離が変わらずにショルダーで動けていたら必ずインサイドに引くことになります。

通常はこのくらいはインサイドに引くことにあると思います。

それを真っ直ぐに上げるということは手を使ってその方向に腕を伸ばさない限りできません。

アークが多めとか少な目は理解できますが、アークが無く真っ直ぐに動くことはあり得ません。フェースバランスだから真っ直ぐ動くなんて言うことは全くあり得ない話です。

SAM PuttLab でストローク分析をして真っ直ぐに限りなく近い動きをする方はまれにいますが、それは腕を五角形に使って肩から下だけを動かしている打ち方の人です。

ショルダーストロークができていてパターが腕と一体になって打てていれば真っ直ぐには動きませんのでお間違いなく!

  • コメント: 4

関連記事

  1. どっちに曲がるかわからない

    2018.11.15

    どっちに曲がるかわからない

    パッティングのラインを読むときに見る方向でラインが変わることって結構ありますよね。私の場合グ…

    どっちに曲がるかわからない
  2. スタンスの向きをチェック

    2019.05.8

    スタンスの向きをチェック

    昨日は足裏全体で立つという話をしました。正しく立てているという状況にはまだいくつか条件があります。…

    スタンスの向きをチェック
  3. BORON BLACK に BLACK の色入れ

    2018.08.28

    BORON BLACK に BLACK の色入れ

    先日パターヘッドのカスタムの依頼を受けました。パターは2本。どちらもツヤ無しのボロンブラック…

    BORON BLACK に BLACK の色入れ
  4. ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

    2018.07.27

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

    ショルダーストロークを正しく理解できている人がどれだけいるでしょうか?もちろん自分もつい最近まで理解…

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1
  5. 理想のストロークのイメージが強すぎてもいけない

    2018.12.13

    理想のストロークのイメージが強すぎてもいけない

    ストローク分析を受ける方のほとんどは、自分がどうしたいと思っているかが結構明確です。ですがま…

    理想のストロークのイメージが強すぎてもいけない
  6. グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    2018.08.3

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    グリーン上で気をつけていることは結構あります。ちょっと挙げてみると...ピッチマークの補修…

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修
  7. ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    2018.07.2

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    今日は今回の実験の方法を説明します。狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップ…

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編
  8. ソールに鉛を貼ってフェースアングルを調整

    2019.02.6

    ソールに鉛を貼ってフェースアングルを調整

    ソールに鉛を貼るときには注意が必要という話しをしました。ということは、貼り方次第で色々な調…

    ソールに鉛を貼ってフェースアングルを調整
  9. 太いグリップが合う人

    2018.08.30

    太いグリップが合う人

    パター用のグリップは本当にたくさんの種類があります。色々な素材、色々な色、そして色々な形状.…

    太いグリップが合う人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP