よくそんな事を言う人がいますが、この表現は危険です。

正しくストロークすると真っ直ぐには引けません。グリップエンドと体の距離が変わらずにショルダーで動けていたら必ずインサイドに引くことになります。

通常はこのくらいはインサイドに引くことにあると思います。

それを真っ直ぐに上げるということは手を使ってその方向に腕を伸ばさない限りできません。

アークが多めとか少な目は理解できますが、アークが無く真っ直ぐに動くことはあり得ません。フェースバランスだから真っ直ぐ動くなんて言うことは全くあり得ない話です。

SAM PuttLab でストローク分析をして真っ直ぐに限りなく近い動きをする方はまれにいますが、それは腕を五角形に使って肩から下だけを動かしている打ち方の人です。

ショルダーストロークができていてパターが腕と一体になって打てていれば真っ直ぐには動きませんのでお間違いなく!

  • コメント: 2

関連記事

  1. 松山プロの練習グッズを効果的に使う

    2018.09.19

    松山プロの練習グッズを効果的に使う

    松山プロが使っているということで話題になった練習グッズがあります。これの何が良いのか?どんな使い方を…

    松山プロの練習グッズを効果的に使う
  2. ヘッドを動かす?

    2021.02.9

    ヘッドを動かす?

    テークバックの時にヘッドが揺れるという人が結構いらっしゃいます。この「ヘッドが揺れる」を軽…

    ヘッドを動かす?
  3. 伸び盛りのジュニアへのアドバイス

    2020.11.12

    伸び盛りのジュニアへのアドバイス

    これまで数十人のジュニアのストローク分析をしてきましたが、ジュニアへのアドバイスは難しいしすごく慎…

    伸び盛りのジュニアへのアドバイス
  4. 膝を曲げた方が良い理由

    2020.12.14

    膝を曲げた方が良い理由

    よくアドレスで膝は曲げた方が良いですか?という質問があります。これは色々な状況があるので必…

    膝を曲げた方が良い理由
  5. 今年もお付き合いありがとうございました

    2020.12.29

    今年もお付き合いありがとうございました

    Putting Labo. Blog は本日をもちまして2020年の更新を終了いたします。…

    今年もお付き合いありがとうございました
  6. アームロックパターにカスタム

    2020.12.1

    アームロックパターにカスタム

    ここのところ何本かのパターのアームロックパター化の依頼を受けたのでちょっと紹介します。デシ…

    アームロックパターにカスタム
  7. 難しいパターは何が難しい?

    2020.03.31

    難しいパターは何が難しい?

    先日から難しいとか簡単とかいう話が続いていますが、今日が最後になります。みなさんが難しい…

    難しいパターは何が難しい?
  8. STABILITY Shaft 実験6

    2019.06.27

    STABILITY Shaft 実験6

    昨日の比較データに引き続きこれも STABILITY Sahft の効果だろうと思える部分を紹介し…

    STABILITY Shaft 実験6
  9. 手首を使わないために

    2018.12.19

    手首を使わないために

    ストローク中に手首を使わないためにどうしたらいいか?そんなことを結構聞かれることがあります。…

    手首を使わないために

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP