よくそんな事を言う人がいますが、この表現は危険です。

正しくストロークすると真っ直ぐには引けません。グリップエンドと体の距離が変わらずにショルダーで動けていたら必ずインサイドに引くことになります。

通常はこのくらいはインサイドに引くことにあると思います。

それを真っ直ぐに上げるということは手を使ってその方向に腕を伸ばさない限りできません。

アークが多めとか少な目は理解できますが、アークが無く真っ直ぐに動くことはあり得ません。フェースバランスだから真っ直ぐ動くなんて言うことは全くあり得ない話です。

SAM PuttLab でストローク分析をして真っ直ぐに限りなく近い動きをする方はまれにいますが、それは腕を五角形に使って肩から下だけを動かしている打ち方の人です。

ショルダーストロークができていてパターが腕と一体になって打てていれば真っ直ぐには動きませんのでお間違いなく!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 普通のパットとショートパットの打ち方

    2019.01.10

    普通のパットとショートパットの打ち方

    私の場合ですが、普通のパットの打ち方と、絶対に入れたいパットの打ち方は違う打ち方です。打つ時の意識だ…

    普通のパットとショートパットの打ち方
  2. パター用シャフト色々

    2018.07.19

    パター用シャフト色々

    今把握している比較的簡単に手に入るパター用のシャフトを特長を交えて紹介します。●島田…

    パター用シャフト色々
  3. HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」

    2018.06.11

    HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」

    これから何回かにわたって自分がデザインしたエースパターの HILLCREST TRUECoG につい…

    HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」
  4. ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    2018.07.4

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    今日はフェースの向きに注目してみました。フェースの向きにはアドレス時の向きとインパクト時の向きがあり…

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編
  5. どっちに曲がるかわからない

    2018.11.15

    どっちに曲がるかわからない

    パッティングのラインを読むときに見る方向でラインが変わることって結構ありますよね。私の場合グ…

    どっちに曲がるかわからない
  6. ほとんどの人が動いている右膝

    2018.11.28

    ほとんどの人が動いている右膝

    パッティングストロークの分析をしていると、ほとんどの方が下半身(膝)が動いてしまっています。…

    ほとんどの人が動いている右膝
  7. なぜショートパットを外すのか?

    2018.06.29

    なぜショートパットを外すのか?

    これは永遠のテーマな感じがします。しばらく外さないでいると徐々に自信も出てきて、良いストロー…

    なぜショートパットを外すのか?
  8. フェースローテーションはするものではありません 1/2

    2018.07.17

    フェースローテーションはするものではありません 1/2

    パッティングストロークの分析をしに来ていたいた時に皆さんに聞くことがあります。最初にフリーで…

    フェースローテーションはするものではありません 1/2
  9. グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    2018.08.3

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    グリーン上で気をつけていることは結構あります。ちょっと挙げてみると...ピッチマークの補修…

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP