このブログを見てらっしゃる方はほとんどの方がわかっていることだとは思いますが、念のため書いておきます。

曲がるラインは色々ありますが、入るラインは一つではありません。ですが、入りやすい角度は存在します。

曲がるラインは狙う方向と強さで入るか入らないかが決まります。ですがカップインするにはカップまで届かなければなりません。

カップにぎりぎり届く距離であれば曲がりは多く、カップを通り過ぎる距離が長くなるほど曲がりは少なくなってきます。

自分も初めてのコースで曲がり幅がわからない時に、キャディさんがいればもちろんどのくらい曲がるかを確認します。

最初は距離感は別にどのくらいの方向に打ち出すかを聞くのですが、キャディさんもその人の強さまで考慮したことは言ってくれないことがほとんどなので、まずはその感覚が自分のタッチ(距離感)に近いかどうかを確認します。

その後はそれを頭の中に入れて自分の中で曲がり幅を換算して打つようにしています。

慎重なキャディさんであれば「あとは強さです」なんていう人もいますが、これはごもっともです。

その日にキャディさんのいうことを素直に聞く日なのか?自分の読みとどのくらい違うのかの確認だけにするのか?を早めに決められると、一日上手くいくことが多いです。

決してキャディさんの読みが悪いわけではありませんので、そのあたりはご承知おきください(笑)。自分も強めに打てなくて曲がり過ぎて「もっと強く打ってください」って言われちゃうことがあります。

  • コメント: 1

関連記事

  1. 理想のストロークのイメージが強すぎてもいけない

    2018.12.13

    理想のストロークのイメージが強すぎてもいけない

    ストローク分析を受ける方のほとんどは、自分がどうしたいと思っているかが結構明確です。ですがま…

    理想のストロークのイメージが強すぎてもいけない
  2. なぜショートパットを外すのか?

    2018.06.29

    なぜショートパットを外すのか?

    これは永遠のテーマな感じがします。しばらく外さないでいると徐々に自信も出てきて、良いストロー…

    なぜショートパットを外すのか?
  3. 理想の打ち方がその人に合うとは限らない

    2019.09.2

    理想の打ち方がその人に合うとは限らない

    「理想の打ち方」について最近よく考えています。ですが答えは一つではないことにいつも気づかさ…

    理想の打ち方がその人に合うとは限らない
  4. パッティングが上手そうに見える人

    2019.02.28

    パッティングが上手そうに見える人

    パッティングストローク分析をしていてこの人は上手そうだなと思うことが結構あります。フリーで…

    パッティングが上手そうに見える人
  5. 重いパターヘッドのメリット

    2019.06.4

    重いパターヘッドのメリット

    最近のパターは350gオーバーの物がほとんどで、340gというとずいぶん軽く感じる重さになりました…

    重いパターヘッドのメリット
  6. クローグリップは球が転がる

    2019.07.1

    クローグリップは球が転がる

    自分だけなのかもしれませんが、どうしても打てなくなってショートしがちになった時はクローグリップに切…

    クローグリップは球が転がる
  7. 肩のラインがどこを向いているか?

    2019.05.9

    肩のラインがどこを向いているか?

    昨日のスタンスの向きに続いて、肩のラインがどこを向いているかも、テークバックのしやすさにかなり影響…

    肩のラインがどこを向いているか?
  8. フェース素材の違いによるロフト調整

    2018.09.25

    フェース素材の違いによるロフト調整

    パターのロフト調整をする際に考慮していることがあります。ロフトはボールをつかまえるために必要です。ボ…

    フェース素材の違いによるロフト調整
  9. ロングパットで考えること

    2019.01.15

    ロングパットで考えること

    みなさんロングパットでどんなことを考えていますか?私はとにかく2パットで確実に行けるパットを…

    ロングパットで考えること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP