このブログを見てらっしゃる方はほとんどの方がわかっていることだとは思いますが、念のため書いておきます。

曲がるラインは色々ありますが、入るラインは一つではありません。ですが、入りやすい角度は存在します。

曲がるラインは狙う方向と強さで入るか入らないかが決まります。ですがカップインするにはカップまで届かなければなりません。

カップにぎりぎり届く距離であれば曲がりは多く、カップを通り過ぎる距離が長くなるほど曲がりは少なくなってきます。

自分も初めてのコースで曲がり幅がわからない時に、キャディさんがいればもちろんどのくらい曲がるかを確認します。

最初は距離感は別にどのくらいの方向に打ち出すかを聞くのですが、キャディさんもその人の強さまで考慮したことは言ってくれないことがほとんどなので、まずはその感覚が自分のタッチ(距離感)に近いかどうかを確認します。

その後はそれを頭の中に入れて自分の中で曲がり幅を換算して打つようにしています。

慎重なキャディさんであれば「あとは強さです」なんていう人もいますが、これはごもっともです。

その日にキャディさんのいうことを素直に聞く日なのか?自分の読みとどのくらい違うのかの確認だけにするのか?を早めに決められると、一日上手くいくことが多いです。

決してキャディさんの読みが悪いわけではありませんので、そのあたりはご承知おきください(笑)。自分も強めに打てなくて曲がり過ぎて「もっと強く打ってください」って言われちゃうことがあります。

  • コメント: 1

関連記事

  1. フェースミーリングと打感の関係

    2018.08.2

    フェースミーリングと打感の関係

    よくゴルフクラブは打感がどうと言う話が出てきますね。その中でもパターに関しては好きな打感というのが存…

    フェースミーリングと打感の関係
  2. パターのスペック確認をしましょう

    2018.08.20

    パターのスペック確認をしましょう

    以前お話ししましたが、市販パターは同じモデルでも構えやすいもの、構えにくいものがあります。その構えに…

    パターのスペック確認をしましょう
  3. 自分にどんなパターが合っているか?

    2019.07.10

    自分にどんなパターが合っているか?

    このお題は何回かやっていますが、これにはなかなか明確な答えがありません。ラウンド中30回以…

    自分にどんなパターが合っているか?
  4. 良いストロークをしようと思いすぎると…

    2018.11.2

    良いストロークをしようと思いすぎると…

    パッティングで自分の思う理想のストロークをしようと思うと、いくつも気をつけなくてはならない場合があり…

    良いストロークをしようと思いすぎると…
  5. ボールの赤道より上はダメ

    2019.10.4

    ボールの赤道より上はダメ

    だれかが「ボールの赤道より上をリーディングエッジで打つ」なんて言う表現をするから、本当にそう打って…

    ボールの赤道より上はダメ
  6. 柔らかいグリップが合うタイプの人

    2019.05.27

    柔らかいグリップが合うタイプの人

    昨日は柔らかいグリップが合わない人の話をしたので、今日は逆に柔らかいグリップが合う人の話をします。…

    柔らかいグリップが合うタイプの人
  7. ライ角/ロフト角調整時の注意 その3

    2020.03.11

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その3

    今日は3回目、最後の話になります。今回の話はパターの種類や形状、シャフトの種類によってラ…

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その3
  8. パター練習グッズ「PUTTMON」で練習

    2019.12.3

    パター練習グッズ「PUTTMON」で練習

    レポートする場所があちこちになってしまいましたが、先日 ANSERFREAK の方でレポートした「…

    パター練習グッズ「PUTTMON」で練習
  9. 膝の位置が変わらない意識

    2019.07.30

    膝の位置が変わらない意識

    私もそうなのですがフォワードストロークの際に右膝が動いてしまうことがあります。右膝が動くと…

    膝の位置が変わらない意識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP