みなさんどうやってグリップを選んでいますか?今回はグリップを選ぶ際の注意点についてお話ししたいと思います。

SuperStroke のように大ヒットしたグリップだと、一度は使ってみたくなりますね。もちろん私も使いました(笑)。

ただ最近は原点回帰して、PINGのラバーグリップばかり使っています。パターの評価をするときも、使う気があるものは必ずそれに付け替えて使ってみています。

自分のように何か基準があると色々比較のための情報を得やすいと思いますが、「ヘッド素材が変わった」「インサートが変わった」「長さが変わった」などが重なると全く感覚がわからなくなります。

特にこのグリップというのがパター自体を別物にする要素になってしまいます。その要因としては、「太さ」「握った感触」「重さ」などがあります。

グリップを選ぶ際に気をつけなくてはならないのがグリップ重量です。一般的に太いグリップは重くなっている場合がほとんどです。グリップが重くなることでバランスが出なくなります。このあたりを考えてグリップ交換をしなければなりません。

グリップメーカーのホームページを確認すると入れようとするグリップの重量が出ている場合がほとんどです。また純正グリップの重量もパターカタログに出ていることが多いです。純正グリップの重量と大きく変わらなない重量のグリップを選べば、大きくバランスが変わってしまうことはありません。

ただこれを利用してバランスをコントロールすることもできます。純正グリップより軽いグリップを選べばバランスは重くなり、逆に純正グリップよりも重いグリップを入れればバランスダウンができるということになります。

このグリップはこんなストロークをしたいと思う人に相性が良いというのは結構あると思います。それはまた別の機会にお話ししようと思います。

  • コメント: 5

関連記事

  1. フェースの上の方で打たない意識

    2019.07.2

    フェースの上の方で打たない意識

    パッティングストローク分析に来ていただき、フェース面のどのあたりで打っているかを見ていただくと色々…

    フェースの上の方で打たない意識
  2. ストローク中に右膝を動かさない

    2019.04.1

    ストローク中に右膝を動かさない

    パターの調子が悪くなってくると、この右膝の動きを注意しています。パッティングストローク分析…

    ストローク中に右膝を動かさない
  3. フェースの素材とボール

    2019.02.25

    フェースの素材とボール

    ボールの種類によってドライバーのつかまりが変わったりしますが、パターのフェース面の素材と、ボールに…

    フェースの素材とボール
  4. アドレスでのハンドファーストの度合い

    2019.03.1

    アドレスでのハンドファーストの度合い

    パッティングストロークの分析をしていて、表題のハンドファーストの度合いを聞かれることがよくあります…

    アドレスでのハンドファーストの度合い
  5. 良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    2019.03.19

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    ハンドファーストの仕方には良い方法と悪い方法があります。ハンドファーストというのはヘッドの…

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト
  6. ストロークを分析するメリット

    2020.01.10

    ストロークを分析するメリット

    パッティングストロークには理想の動きはあると思っています。やはり手の意識を無にして体で動ければ、…

    ストロークを分析するメリット
  7. ボールをフェースに乗せて運ぶ その2

    2019.01.8

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その2

    理想は少しハンドファーストでアッパー軌道で当たるのが動き的には良い動きになります。そして左右…

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その2
  8. 安定している動きを優先する

    2019.03.5

    安定している動きを優先する

    パッティングストロークの分析では、色々なパラーメーターにおける再現性を点数にして表示されます。…

    安定している動きを優先する
  9. パターのスペック確認をしましょう

    2018.08.20

    パターのスペック確認をしましょう

    以前お話ししましたが、市販パターは同じモデルでも構えやすいもの、構えにくいものがあります。その構えに…

    パターのスペック確認をしましょう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP