みなさんどうやってグリップを選んでいますか?今回はグリップを選ぶ際の注意点についてお話ししたいと思います。

SuperStroke のように大ヒットしたグリップだと、一度は使ってみたくなりますね。もちろん私も使いました(笑)。

ただ最近は原点回帰して、PINGのラバーグリップばかり使っています。パターの評価をするときも、使う気があるものは必ずそれに付け替えて使ってみています。

自分のように何か基準があると色々比較のための情報を得やすいと思いますが、「ヘッド素材が変わった」「インサートが変わった」「長さが変わった」などが重なると全く感覚がわからなくなります。

特にこのグリップというのがパター自体を別物にする要素になってしまいます。その要因としては、「太さ」「握った感触」「重さ」などがあります。

グリップを選ぶ際に気をつけなくてはならないのがグリップ重量です。一般的に太いグリップは重くなっている場合がほとんどです。グリップが重くなることでバランスが出なくなります。このあたりを考えてグリップ交換をしなければなりません。

グリップメーカーのホームページを確認すると入れようとするグリップの重量が出ている場合がほとんどです。また純正グリップの重量もパターカタログに出ていることが多いです。純正グリップの重量と大きく変わらなない重量のグリップを選べば、大きくバランスが変わってしまうことはありません。

ただこれを利用してバランスをコントロールすることもできます。純正グリップより軽いグリップを選べばバランスは重くなり、逆に純正グリップよりも重いグリップを入れればバランスダウンができるということになります。

このグリップはこんなストロークをしたいと思う人に相性が良いというのは結構あると思います。それはまた別の機会にお話ししようと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    2018.07.31

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    最近パター用のカーボンシャフトが増えてきましたね。大手シャフトメーカーはもちろん、パターを作っている…

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?
  2. 調整してもまた調整…

    2018.10.1

    調整してもまた調整…

    今日の話は結構ある話です。身に覚えのある方もいると思います。こうなってしまう状況の調整はほぼライ角の…

    調整してもまた調整…
  3. 手首を使わないために

    2018.12.19

    手首を使わないために

    ストローク中に手首を使わないためにどうしたらいいか?そんなことを結構聞かれることがあります。…

    手首を使わないために
  4. ラウンド中に打ち方を変える

    2019.01.9

    ラウンド中に打ち方を変える

    パッティングが調子悪くて普段やらないことを急にやるのは難しいです。ですが普段から練習していてその打ち…

    ラウンド中に打ち方を変える
  5. ラウンド前のパター練習

    2018.11.14

    ラウンド前のパター練習

    みなさんラウンド前にショットの練習はしなくてもパットの練習はしている方が多いと思います。今日は私がど…

    ラウンド前のパター練習
  6. パッティングでのグリップの持ち方を考える

    2018.08.14

    パッティングでのグリップの持ち方を考える

    パッティングでのグリップの持ち方は人それぞれで正解はありません。ですが、自分のやろうとしていることや…

    パッティングでのグリップの持ち方を考える
  7. 2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け

    2018.07.5

    2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け…

    TRUECoG シリーズには3種類のヘッド素材があってそのそれぞれが全て同じ設計になっています。ヘッ…

    2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け
  8. アドレス時のフェース向き

    2018.11.12

    アドレス時のフェース向き

    パッティングストローク分析をしていただくと、一番最初に出てくるのがアドレス時のフェースの向きです。…

    アドレス時のフェース向き
  9. 変わったパターを使う時の注意

    2018.06.28

    変わったパターを使う時の注意

    世の中には色々なコンセプトのパターが存在します。Edel トルクバランスパター、ODYSSE…

    変わったパターを使う時の注意

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP