パッティングストローク分析をしていると、ヘッドの縦方向の動きがわかります。ダウンブローに当たっているのか?アッパーブローに当たっているのか?

以下のような分析結果が出てきます。

この図では図の真ん中にあるインパクトの位置を通過する角度がそれぞれ左の数字になっていて、その平均値が3.2度のアッパー軌道になっています。

このデータとともに出てくるのが下のデータです。

インパクト時にシャフトの傾きがどうなっているのか?(ハンドファーストなのかヘッドファーストなのか)や、その結果パターのロフトがどうなって当たっているのか?も出てきます。そしてヘッドの当たった場所によってもボールの上がり方が変わってくるのでわかりやすいです。上の場合回転はニュートラルという評価になっています。良い評価になるとトップという表示になります。

パッティングで良い転がりを得るには、若干ロフトが立ち気味でアッパーブローに振って、少しフェースの下目に当たることが必要です。そうするためのイメージ作りのために、こんな練習をお勧めします。

上の画像のようにボールの両側に単4の電池を置きます。この時に注意するのはアドレスでパターヘッドはきちんとソールできることです。

パターヘッドを浮かしてやると確かにフェースの下目で打ち易いですが、ストローク(特にテークバック)が安定しにくくなりますので、しっかりソールした状態からスタートしてください。

ソールできる場所に電池を置いて、その電池に当たらないようにストロークしてみてください。

これはフェースの上に当たり過ぎた失敗例。

こちらはフェースの下目で当てられた成功例。

最初は少し違和感があるかもしれませんが、ボールの転がりが変わったのが実感できると思います。

  • コメント: 5

関連記事

  1. アドレスで脇をしめる感じ

    2019.07.9

    アドレスで脇をしめる感じ

    アドレスした時の脇の感じはどんなイメージでやっているでしょう?皆さんに言うのは脇はしまって…

    アドレスで脇をしめる感じ
  2. パッティングは引きずらないこと

    2019.04.2

    パッティングは引きずらないこと

    パターがうまくいかない人の多くは一度のミスを次のパットに引きずってしまっています。普段通り…

    パッティングは引きずらないこと
  3. パター用シャフト色々

    2018.07.19

    パター用シャフト色々

    今把握している比較的簡単に手に入るパター用のシャフトを特長を交えて紹介します。●島田…

    パター用シャフト色々
  4. SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    2018.12.26

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    今回は一番簡単な打点についてチェックしてみました。SAM PuttLab(SPL) …

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」
  5. 右足体重?左足体重?

    2019.08.5

    右足体重?左足体重?

    パッティングのアドレスの時に左に体重がかかり過ぎている方がたまにいらっしゃいます。飛球方向…

    右足体重?左足体重?
  6. テークバックの始動

    2019.03.8

    テークバックの始動

    テークバックのきっかけはどうしているのか聞かれることがよくあります。パッティングストロークは…

    テークバックの始動
  7. フェースミーリングと打感の関係

    2018.08.2

    フェースミーリングと打感の関係

    よくゴルフクラブは打感がどうと言う話が出てきますね。その中でもパターに関しては好きな打感というのが存…

    フェースミーリングと打感の関係
  8. アウトサイドからはダウンブロー

    2019.06.10

    アウトサイドからはダウンブロー

    ちょっとストローク軌道の話をします。ストロークやスイングの軌道には縦方向と横方向の軌道があります。…

    アウトサイドからはダウンブロー
  9. 打つ時にあれこれ考えてると…

    2019.08.19

    打つ時にあれこれ考えてると…

    良いストロークをしようと強く思っている人ほど、ぎこちないストロークになってしまうことがあります。…

    打つ時にあれこれ考えてると…

コメント

    • hiro
    • 2018年 6月 25日

    これは良いですね!手軽でお金かからない(笑)早速やってみます。でも、ソールして打つのは違和感ありそうです…

      • toshi
      • 2018年 6月 25日

      ソールするとヘッドがつっかかってうまくストロークのきっかけがつかめない方が結構いらっしゃいますよね。手軽にできるので是非やってみてください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP