カテゴリー
その他 パターに使われるパーツについて パターのスペックについて パターの調整/カスタマイズ ブログ全投稿

店頭でのパター選びで
確かめること 2
グリップの入り方

パターをすわらせて自分が置きたい手の位置で構えて違和感が無ければ、次にチェックすることはグリップの入り方のチェックです。

すわりの調整が必要ない、もしくは調整すれば大丈夫なことが確認できたらグリップが真っすぐに入っているかの確認をします。

これは先日お話ししたやり方で確認するのですが、ヘッドを置いてグリップを握らずにグリップの上の面が見える形にします。

通常グリップの上の面は平らになっているものがほとんどなので、この平らな部分とフェース面が直交しているかを確認します。

パターを地面と平行に目の高さまで持ってきて確認することもできます。

グリップがねじれて入っているとグリップを指し直すことが必要になります。通常新品のパターであればグリップは再利用が可能なことがほとんどですが、まれに抜けにくいグリップもありますので最初から真っ直ぐに入っていればそれをやる必要がありません。

ベンドシャフトでねじれて入っている場合はどちらにしてもシャフトを抜いてグリップも入れ直さなければならないので、ねじれていないかのチェックですね。

購入後私のようにいつも同じ種類のグリップに変えてしまうのであればこの辺りは全く問題ありませんが、やはり純正グリップで使いたいという方も多いのでチェックしておくと安心です。

先日同様ほとんどのパターが何らかの調整で本来の姿に戻したり、自分に合う形にすることが可能です。最初から調整するつもりで購入すれば明日お話しするチェックポイントを押さえれば大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。