カテゴリー
その他 パターに使われるパーツについて ブログ全投稿

パターの新車効果は
本当にあるのか?

パターを変えた直後って本当に入る気がしますよね。

実際に変えてすぐは入ると感じている人は多いと思いますし、実際にそうなる場合が多いです。

パターを変更して適応しなければならないことは、フェースの向きを合わせるやり方に対応することと、距離感に慣れることです。

パターを変えるきっかけはもちろん入らないことが原因で考えますね。

入らない理由は何か?思った方向に打てない、思った距離に行かない…そんな感じですよね。

それが良い感じに感じたから変える気になったということだと思います。

一番わかりやすい変化は打てなかったのが打てるようになったと勘違いすることです。いわゆる距離感の部分ですね。

これって冷静に考えれば今まで届かなかったけど、今までの感覚で打って届くということになりますので、ただ単にインサートの違いだったり、ヘッド重量だったり、慣性モーメントだったりが違うから起きていることです。

最初は自分は変えているつもりがないのに届いているので、入っているような気がします。これは新車効果と言える事象だと思います。

ですが、新車はすぐに中古になるので中古になればその効果も薄れてくるということが起きます。

最初は何も考えずにいつもの感覚で打てていた、でも慣れてくるとその感覚で合わせに行こうとするようになるのでまたショートするということに必ずなってきます。

新車効果はあります。でもその効果が薄れるのにそんなに長い期間は要しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。