カテゴリー
パターのスペックについて パターの調整/カスタマイズ パッティングストロークについて ブログ全投稿

パターの長さを決める
要素とは?

パターの長さを未だに身長で決めているゴルフショップもあるようですが、身長で長さは決められません。

日本人だから33インチって言うのもおかしな話ですし、34インチが普通だからなんていうのもおかしいですね。

パターの長さは人によって構え方が異なりますのでその構え方に合った長さにしなければなりません。

ただ長さを決めるにあたってやらなければいけないことがあります。それはどんな構え方をするかをしっかり固定できることです。

結構ショートパットになるとボールに近づいてしまう人がいますが、これも厳密に言ったらやめた方が良いことです。

いつも同じ構えができることが前提です。

まずは自分がどのくらい前傾をしたいのか?を考えます。これはパターに構えさせられてしまう方がいるので、長さが変われば変わってしまうこともありますが、その長さのパターで構えさせられたときにどう感じるかが重要です。

次に肘の形をどうしたいかです。ピンと延ばさないで少し曲がった状態が良いのか?しっかり曲げて身体にくっつくくらいがやり易いのかを確認します。

この “前傾の度合い” と “やりやすい肘の形” の二つの要素が決まればその形で色々な長さを持ってみて、適正な位置にボールを置いた時に何インチが良いかが決まります。

ここで長さが決まると今度はライ角やロフトも決めていけるようになります。

そうそう大事なことを言うのを忘れました。アドレス時にしっかりと土踏まずで立てていることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。