カテゴリー
パッティングストロークについて パッティング練習 ブログ全投稿

チャンスを決め切る
パット力とは何か?

テレビ中継を見ているとプロはバーディーチャンスのパットはほとんど外さないイメージがあります。

良いラインについているのかもしれませんがそれにしても確率が高いような気がします。

ではなぜ入るのか?考えられるのは以下のことです。

強めにラインを消して打っている

ただ単にショートパットの確率が我々より圧倒的に高い

ラインが確実に読めている

強めにラインを読んでいるというのは結構あると思います。自分も強めに打っていた時は確率高く入っていました。ですが、一度外れてしまうとなかなか同じような強さで打てなくなってきます。

これもたまたま入らなかっただけと考えればいいのだと思いますが、なかなかそう思おうと思っても思えない感じはありますよね。

そして二つ目は当然そうだと思います。練習量が違いますし、そのくらいの距離の確率は明らかに高いはずです。

ショートパット(1.5m以内)はラインを読みやすいのは間違いありません。微妙な傾斜がわかれば打っていく方向も Aim Point で決められるので、あとはタッチを合わせるだけです。

誰かが打ったラインからの情報、自分が感じる情報、それらをうまく自分の中で処理して自信を持って打つことが入る確率を上げる事なんだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。