カテゴリー
その他 パッティングストロークについて ブログ全投稿

パッティングの調子が
良いなあと感じる時

今日はパターが調子良いなあって思う時ってどんなときなのか考えてみました。

調子が良いと感じる時は入れたいと思うパットが入っているとか、入らなかった時でも次のパットは ”お先に” ができる距離に寄っている時だと思います。

要はストレスなくパットが打てているので、大体はパーオンしているし入ってくれたら嬉しいパットも入らないときは楽々パー。

こうなると本当にリズム良くゴルフができます。

パーにしたいのに残りが2mとか残ってしまうと、入らなかった時はパーが取れなかった残念感と、入らなかったことに対する残念感の両方がやってきます。

入らなかったことへの残念感は次のパットに影響を与える残念感です。何かストロークが悪かったんじゃないか?とか、読みが甘かったとか…色々考えてしまいます。

調子が良い日はこういうことがなく、バーディーが取れなくても(目標とするスコアが達成できなくても)楽々パーがとれているということになるんだと思います。

ということはパッティングでストレスを感じないためにはショットが安定していないと無理ってことになるのかもしれません。

毎回毎回ギリギリのパーだったり、ボギーパットもそんなストレスがかかるパットになってしまうと、どんどん苦しいゴルフになってしまいます。

もちろんパットが入ることが一番ストレスが少なくなれる状況で、更には読みが合っていたということでも満足できるのであれば、それは入らなくてもストレスが大きくかかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。