カテゴリー
パッティングストロークについて パッティング練習 ブログ全投稿

両脇にスティックを
挟んでやる練習は
注意が必要

最近パッティングカウンセリングにいらしてくださった方がよくやっていたという練習に脇にスティックを挟んでやる練習がありました。

これってよく見ますよね。こういうみなさんがよく持っていそうなもので練習ができるって言うととりあえずやってみるっていう流れになりますよね。

こういう練習はこの練習が有効な人とそうではない人がいます。今回やっていた方には合わない練習でした。

まず脇にスティックを挟んだ状態を想像するかやってみてください。胸の前にスティックが来るので腕はスティックのかなり前に出ることになります。

脇の部分が窮屈で背中も丸まってしまいます

これって脇から離れてしまっています。このすてぃんくがある状態であればスティックの上に腕を置く感じでできますので固定されて動きやすいと思いますが、この感じを無しでやろうと思ったらかなり無理がある構え方になってしまいます。

普通に構えた時はこんな感じになり、肘の位置が違うのがわかります

ただこのやり方でも良い人もいます。それは前傾の深い人です。前傾が深ければ窮屈な感覚無しでこの構え方ができます。

逆に前傾が浅いと窮屈に感じるだけで変な構え方になって、しまいにはボールが遠くなってしまって悪いことだらけになってしまいます。

プロにこういう練習をさせている動画でこんなのが出ていると、やってみたくなりますよね…。

でもこの練習はあまり誰にでもお勧めできない練習の一つですのでお気を付けください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。