カテゴリー
その他 パッティングストロークについて ブログ全投稿

自分より先に打つ人のショートパットを見ない

1m前後の短いパットは誰しも絶対に入れたいものですよね。

2m以上あれば外れてもしょうがないと思えますが、1m前後、特にそれ以下の距離は入らないとすごく気分が沈みます。

ですので人にその感覚を左右されたくないと思っています。なので人が打つショートパットは極力見ないようにしています。

自分と同じラインで曲がり幅を決めかねている時はもちろん見るのですが、反対から打つ人や横から打っている人のパットは見ていません。

外れた光景が脳裏にあるとそのイメージが実際に打つときに浮かぶことがあるからです。

自分が決めて打ったラインで外れた時と、人の打ったラインに左右されて打って外れた時では外れたという事象は同じですが、後者はあきらめがつかないことがあります。

ですので私は同伴プレーヤーのこれは入るだろうという距離のパットはなるべく見ないようにしています。

もちろん人のパットを見ていて参考になって入ることもありますので何とも言えませんが、参考にするのはロングパットやミドルパットまでにして、ショートパットは見ないようにするも方法の一つです。

そうそう、同じラインからロングパットを打った人がすごくオーバーすると今度打つ自分はショートしてしまうというのも人に左右されている例です。

見るのは曲がり幅や、その人が良い当たりをしてそうなったのか、悪い当たりだったのかも見極める能力も必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。