カテゴリー
パッティングストロークについて パッティング練習 ブログ全投稿

風の日のパッティングで気をつけるべきこと

風の日のパッティングって、傾斜や芝目だけでなく風の影響も考えなければならないので読むのが大変になります。

それに加えて自分の打ちたいタイミングで打てないことがあるので、リズムがいつもと変わってしまったりしがちです。

打とうとしたときに風が吹くと体に力が入ります。そうするとスムースなストロークができなくなります。

では風の時にどうしたらいいか?いつもと同じように構えて打てるのがもちろんいいのですが、体が揺れないためにスタンスを広めにしたりします。

その際どのくらい足を開いたかにもよりますが、少しグリップを短く持つと窮屈な感じがなくなります。

それと、断続的な風でなければ一瞬打つのを待つというのもありですね。置いているボールが揺れているような強風ではやはりボールの転がりも風の影響をうけます。

下りや速いグリーンで追い風になると更に速いと思って打たなければならない状況になります。

また軽いフックラインは左から強風があれば真っ直ぐに近い感じに、軽いスライスラインは右からの強風があれば真っ直ぐに近い感じになります。

曲がる方向に対して真横から吹いていれば曲がり幅も大きくなることを考えておかなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。