カテゴリー
パッティングストロークについて パッティング練習 ブログ全投稿

アッパー軌道に打ちたいからボールを左はダメ

アッパー軌道に打つからボールの転がりが良くなると思っている方はずいぶん増えてきました。

ただ良い転がりはアッパーに打つだけでは実現できません。アッパーに打つ際にハンドファーストになっていることも必要になってきます。

ハンドファーストにするということはロフトが立つということになります。

アッパーに打つだけだとロフトは逆に寝る方向に行く場合があります。

それに加えてアッパーに打ちやすいからボールを左においているという方も多く見受けられます。

こうなると本当はやって欲しいハンドファーストをしようとするとフェースが左に向きやすくなります。右肩が前に出てしまうから起きることですね。

なので引っかけないために左脇を話して真っ直ぐにフェース面を保とうとしている方もよくみかけます。

ハンドファーストにしながらアッパー軌道にすることでボールが跳ねることなく転がりますので、その時に転がりが良くなることを覚えておいてください。

ですので左にボールを置きすぎるとインパクトロフトが大きくなり、ボールが跳ねてしまいますので、気をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。